XB-42 (航空機)

XB-42

機体後部。二重反転プロペラが確認できる

機体後部。二重反転プロペラが確認できる

レシプロ動力のみので飛行中のXB-42

XB-42とは、アメリカ合衆国第二次世界大戦中にダグラス・エアクラフト(以下ダグラス)の手で開発が進められていた試作爆撃機である。愛称はミックスマスター(Mixmaster)であった。空気抵抗を最小限にする為に主翼を改良しプロペラを推進式にするなど、従来にない様々なギミックを盛り込んでいたが、戦後新たなパワーソースとしてジェットエンジンが登場したため、制式採用されることはなく試作のみで終わった。なおXB-42を純ジェット化したXB-43も開発が進められたが、こちらも制式採用されなかった。

B-42計画の概略

B-42計画とは、レシプロ機としては高速を出せる機体を生み出すためのものであった。当時の航空機のパワーソース(推進力)はレシプロ動力(ピストンエンジン)が殆どであったが、すでに新技術であるジェットエンジンが実用化されつつあった。実際にドイツではジェットエンジン塔載の爆撃機の開発がすすめられてはいたが、当時のジェットエンジンは重量と比較して推進力が弱く、かつ燃料消費量も莫大であり航続距離も極端に短かった。そのため、ダグラスはレシプロ機の次期爆撃機を試作しようとしていたが、この計画コンセプト自体は独自開発していたものであり、実用化される見込みは当初全くなかった。しかし当時開発中の重爆撃機B-29が万が一開発に失敗した際の保険(後継機という位置付け)として軍から開発が承認され予算を獲得した。

開発された機体は、当時のレシプロ動力飛行機としては優れた高速性能を発揮したが、ジェットエンジンとの混合動力機となったり、さらには純ジェット機「XB-43」に改造されたが、一連の開発計画が日の目をみることはなかった。

開発の背景

XB-42は、ダグラスが高速爆撃機として開発がすすめられたが、ユーザーであるアメリカ陸軍航空軍(現在のアメリカ空軍)から求められて開発されたわけではなく、当初は自社資金による開発が進められていた。このこうに当初はユーザーに頼まれてもいない開発計画であるが、軍部に1943年5月に開発計画が提示された。この計画に対し2機の試作機と1機の機体構造試験機を製作する契約を軍部から締結することに成功した。

当初は中型の攻撃機との位置付けであったため、制式名はXA-42であったが、その後*B-29重爆撃機の後継機とされたためXB-42に変更された。第二次世界大戦中であり、ダグラスでは爆撃機や輸送機の大量量産に追われていたが、事前に開発が進められていたこともあり1944年5月6日に初飛行に成功した。このB-42計画で導入されたギミックは、いずれも現在の航空機からすれば異質なものであり、また主流になったものは無かったが、技術的努力が垣間見られるものであった。

機体

機体にコンセプトは可能な限り空気抵抗を無くすことを目的としていた。そのため当時の多くの航空機にあった機首のプロペラを設置する牽引式ではなく、機体後部にプロペラを設置する推進式(プッシャー式)を採用していた。牽引式がプロペラが機体前部に設置されるため機体を"引っ張る"形になるため、空気抵抗になるため、そのデメリットを解消するためであった。なお、このデメリットを解決する手段として主翼にエンジンを設置することも出来たが、ダグラスではこの方式はエンジンナセルという「空気抵抗」が生じるとして採用しなかったが、後にジェットエンジンが吊り下げられる事になった。

機体は、さらに空気抵抗を軽減する為に、防禦用火器である機関銃を左右主翼後縁に内蔵しており、使用時のみ遠隔操作で銃身が扉から姿を出す構造になっていた。

エンジンおよびプロペラ

アリソン V-1710
ジェットエンジンが吊り下げられたXB-42A

推進力を生み出すエンジンとして、アリソン社のV-1710-V型12気筒液冷エンジンを塔載していた。このエンジンは当時のアメリカの戦闘機などに装着されていたものであったが、爆撃機に液冷式のエンジンを搭載した例はボーイング社のY1B-9試作爆撃機(1931年進空)以来のことであり、当時のアメリカの輸送機や爆撃機で主流となっていた空冷エンジンを使わない機体であった。なお、XB-42が液冷式を採用したのは機体内部にエンジンを押し込めた為、空気冷却が出来なかったからにほかならない。

レシプロエンジン2基が作動させるのはひとつのプロペラであった。またエンジンは他のレシプロ爆撃機が機首ないし主翼に塔載したのに対し、胴体前部内部に収納されていた。そのためプロペラを稼動させるために延長軸で胴体後部のプロペラに動力を伝えていた。またプロペラは二重反転式を採用していた。この方式はプロペラ後流の偏向を正逆回転の組み合わせで相殺できるため、垂直尾翼の小型化が可能となり、空気抵抗の減少やプロペラ効率の向上などが得られるというメリットがある反面、複雑な機構となり高度の技術が必要となる。実際に同時期に開発されていたYB-35全翼爆撃機でも、この二重反転式が採用されたが、わずかな飛行回数でエンジンに金属疲労を生じており、通常のプロペラに換装された事例がある。しかしながらXB-42のそれはレシプロエンジンでは例外的に成功していた。愛称の「ミックスマスター」は強力な推進力が生み出す渦を連想[2]して付けられたものであった。

操縦席は通常のものでは空気抵抗を生み出すとして独特のものを採用した。2人の操縦乗員のために別々の水滴型キャノピー(風防)を機首上左右に並べて設置していた。そのため外見上は2つの目が付いているように見え、操縦乗員もほぼ360度の視界が確保されるとしていた。しかしながら、この方式は乗員間の意志の疎通の障害(いちいち機内電話で会話しなければならない)となり、緊急事態発生時に迅速な対応が出来ないおそれがあった。この水滴型キャノピーは同じダグラスのC-74輸送機にも当初採用されていたが、ユーザーに不評だった為、後に通常のものと交換された。

なお、大口径のプロペラが後ろにあるため、万が一乗員が緊急脱出する際には回転するプロペラに巻き込まれる危険性があったため、脱出直前にプロペラの結合部を爆破して先に脱落させて完全性を確保することとしていた。

このXB-42は1944年12月にロングビーチからワシントンDCまでのアメリカ大陸横断飛行で平均時速704Km/h(433.6mph)の速度記録を作り、高速性能を示した。

その後のXB-42

XB-42をジェット化したXB-43

結局、第二次世界大戦後にはレシプロ爆撃機が活躍する場が失われ、XB-42が制式採用されることはなかった。XB-42のうち1機は事故で喪失した。残された1機は改良型XB-42Aに改造された。この機体では、主翼にウェスチングハウス社の 19B-2ターボジェットエンジン2基を吊り下げた為、レシプロ・ジェット混合機「XB-42A」となった。この改造で最高時速は785km/hにまでアップした。だが1947年に22回目の試験飛行の着陸時に損傷し、修理されずそのまま退役した。

ダグラスではXB-42を純ジェット化したXB-43ジェットマスターを製造しアメリカで最初に飛行したジェット爆撃機となった。たが、胴体にジェットエンジンを埋め込むコンセプトはのちのジェット機の主流にはならず、こちらも制式採用されなかった。

戦後最初の戦略爆撃機は、XB-42Aと同様なジェット・レシプロ機のB-36戦略爆撃機であったが、朝鮮戦争があったにもかかわらず鈍足のため実戦投入されず、1958年に退役した。そのためアメリカでは爆撃機は全てジェット機となった。

なお、残されたXB-42Aであるが、1949年に登録抹消されて、国立航空宇宙博物館で保存されることになり、分解後運搬されたが、主翼部分は輸送中に紛失してしまったという[3]

また、ダグラスはまたXB-42を民間型に転用した最大48席仕様の旅客機「DC-8スカイ・バス」(後のジェット旅客機のDC-8とは関連はない)として航空会社に商談を持ちかけたが、関心を集められず不調に終わり実現することは無かった。

スペック

XB-42(初期製作時)
項目 数値
全長 16,4 m
全幅 21,5 m
翼面積 51,6 m²
高さ 5,7 m
塔載エンジン及び推力 アリソン V-1710-V型12気筒液冷エンジン2発、1.300 kW (1.800馬力)X2
航続距離 2.900 km (最大塔載時), 8.700 km (フェリー時)
最大上昇限界高度 8.960 m
空虚重量 9.475 kg
全備重量 15.060 kg
最大離陸重量 16,194 kg
最大速度 660 km/h
巡航速度 504 Km/h
乗員 3
武装 12,7 mm 機関銃(ブローニングM2重機関銃)6門、 爆弾3.600 kg

参考文献

関連項目

注釈及び引用

[ヘルプ]
  1. ^ Knaack, Marcelle Size. Post-World War II bombers, 1945-1973. Washington, DC: Office of Air Force History, 1988. ISBN 0-16-002260-6.
  2. ^ 西村、参考文献116頁
  3. ^ Knaack, Marcelle Size. Post-World War II bombers, 1945-1973. Washington, DC: Office of Air Force History, 1988. ISBN 0-16-002260-6. Winchester 2005, p. 27

外部リンク

(以上、国立航空宇宙博物館より、英語表記)