鳥取しゃんしゃん祭

鳥取しゃんしゃん祭
Tottori Shanshan Festival
若桜街道・若桜橋上
若桜街道・若桜橋上
イベントの種類 地域イベント
正式名称 鳥取しゃんしゃん祭
旧イベント名 鳥取祭
開催時期 8月中旬
初回開催 1965年(昭和40年)[1][2]
会場 鳥取県鳥取市[3]
主催 鳥取しゃんしゃん祭振興会[3][4]
共催 新日本海新聞社(市民納涼花火大会)
後援 鳥取市、鳥取市観光コンベンション協会、新日本海新聞社、山陰中央新報社日本海テレビBSS山陰放送日本海ケーブルネットワークNHK鳥取放送局[4]
企画制作 鳥取しゃんしゃん祭振興会
出展数 出場連数96(2012年)[5]
来場者数 372,000人(2012年)[6]
最寄駅 JR鳥取駅[3]
駐車場 有料駐車場あり
公式サイト

鳥取しゃんしゃん祭(とっとりしゃんしゃんまつり)は、毎年8月中旬に鳥取市で開催されるイベントである。2014年に「世界最大の傘踊り」としてギネス世界記録に認定された[7]

イベントのメインとなる一斉傘踊りは、約100連・約4,000人が一斉に市街地を踊り[8]、「一斉踊り」が行われる8月14日[9]を中心に、20万人以上の人出がある[10][11]

歴史

1961年(昭和36年)の聖神社大森神社例祭にあわせて、経済活性化を目指して「鳥取祭」というイベントが始まった。しかし「鳥取祭」の中心はパレードになっていて、祭りに加わることができる市民が限られているため活気がなかった[12]

1964年(昭和39年)は鳥取市役所の新庁舎が完成し、これに合わせて新しい「きなんせ節」の踊りが策定された。これは伝統的な雨乞い踊りだった「因幡の傘踊り」をもとに、多くの人が容易に参加できるように振り付けを簡単にしたもので、翌1965年(昭和40年)の祭りから採用されることになった[12]

イベント名も公募され、「しゃんしゃん祭」となった。これは鳥取市中心部の鳥取温泉の湯が「しゃんしゃんと湧く」、また傘に取り付けられた30個の鈴が「しゃんしゃんと鳴る」に由来するネーミングである[12]

その後、「鳥取しゃんしゃん傘踊り」、「平成鳥取音頭」、「しゃんしゃんしゃんぐりら」が踊り歌として加わった[12]

沿革

  • 1961年 - 鳥取祭が聖神社大森神社例祭と併せて開催される。
  • 1964年 - 鳥取市庁舎新築に合わせて「きなんせ節」を振付する新作傘踊りを発表。イベントの名称を「しゃんしゃん祭」に決定する。
  • 1965年(第1回) - 初めて、しゃんしゃん祭が開催される。
  • 1969年(第5回) - 「鳥取しゃんしゃん傘踊り」が初めて披露される。
  • 2006年(第42回) - 「すずっこ踊り」が初めて披露される。
  • 2010年(第46回) - しゃんしゃんウィークを設定する。
  • 2014年(第50回) - ギネスブックにより世界最大の傘踊りとして認定[7]

ギネス認定

Shanshan2013-2.jpg
拡大

2014(平成26)年は祭りが始まってから第50回となる節目の年であり、これを期して「世界記録」に挑むことになった。傘踊りの世界記録は、全員が同時に傘を使って5分間以上踊ることによって認定されており、従来はルーマニアでの1461人が世界記録だった[10]

記録挑戦は2014年8月14日に行われた。10名の証人が記録挑戦者を数え、県知事平井伸治や支庁の深澤義彦も含めて「1729名」となった。「5分以上」を達成するために「きなんせ節」を2回続けて踊り、これを36名の監視員した。その結果、踊りが揃っていないといった理由で41名が失格となったものの、1688名による踊りが成立したと認められ、「世界最大のアンブレラダンス」と認定された[10]

この年は一斉踊りの総参加者は4200名、来場者は推定21万人を記録した[10]

しゃんしゃん祭

しゃんしゃんウィーク

2010年(第46回)から「しゃんしゃんウィーク」と称する期間を設定し各種イベントを行うようになったが、これ以降「鳥取しゃんしゃん祭」は「市民納涼花火大会」も祭りの一部として含まれるようになった。

年によって内容は変わるが、核となるイベントして「すずっこ踊り」「一斉傘踊り」「市民納涼花火大会」が行われている。

踊りを踊る団体は、「連」と呼ばれている。踊りの愛好者が集まって結成した連、企業が企業名を売り込む目的で結成した企業連、学校で結成した学校連、友人同士などで結成した連等、鳥取市内には数多くの連が存在する。また鳥取市外には鳥取市にゆかりのある者等が主体となって結成した連もある。

連の先頭には、連名を書いたプラカード、幟旗、提灯等を持つ者がいる。

1連は、20人以上50人以内と定められている。このため、構成者が51人以上の団体は2つ以上の連に分けて参加し、「○○連A」「○○連B」といったように同一名称を冠した連名で参加しているが、この場合は踊りの配置も必ず連続している。

使用曲

近年は「白兎小唄」「吉岡小唄」は使われていない。

また、「きなんせ節」「鳥取しゃんしゃん傘踊り」を「基本踊り」として、全連が同じ振付で踊るほか、各連が考案した振付による「創作踊り(自由踊り)」として、「平成鳥取音頭」と「しゃん☆しゃん☆しゃんぐりら」の2曲が取り入れられている。「創作踊り(自由踊り)」を考案できない、または考案しない連は、基本踊りの振付で踊ることが可能なため、祭りに参加するためには基本踊りの2曲の振付を習熟するだけでよい。

踊り傘

踊り傘
  • 大人用:直径80cm、長さ120cm
  • 子供用(大):直径70cm、長さ90cm
  • 子供用(小):直径50cm、長さ80cm[13]

因幡の傘踊り

近世の雨乞いの踊り

明治の傘踊り

脚注

出典

  1. ^ しゃんしゃん祭の由来 - 鳥取しゃんしゃん祭振興会(公式サイト、2013年7月4日閲覧)
  2. ^ とっとり市報 No.920 p.3 「特集 第41回 鳥取しゃんしゃん祭」 - 鳥取市企画推進部広報室(2005年8月1日号、2013年7月4日閲覧)
  3. ^ a b c 第48回鳥取しゃんしゃん祭(鳥取・岩美の観光) - じゃらんnet(協同組合インフォメーションテクノロジー関西、リクルートライフスタイル、2013年7月4日閲覧)
  4. ^ a b 第49回鳥取しゃんしゃん祭のポスターが完成しました! (PDF) - 鳥取市(2013年4月19日付、2014年1月30日閲覧) ※ポスターの記述より。
  5. ^ 鳥取しゃんしゃん祭で一斉傘踊り - - 47NEWS(ソースは山陰中央新報、2012年8月14日付、2013年7月4日閲覧)
  6. ^ 平成24年9月市議会定例会提案説明 (PDF) (3.にぎわいと活力のあるまちづくり・むらづくり) - 鳥取市(2012年9月7日付、2013年7月4日閲覧)
  7. ^ a b テレ朝news 社会ニュース 2014年8月14日付 伝統の傘踊りでギネス世界新記録を達成 鳥取市 2016年6月10日閲覧。
  8. ^ 14日、恒例の一斉傘踊り 鳥取しゃんしゃん祭 - 47NEWS(ソースは日本海新聞、2012年8月14日付、2013年7月4日閲覧)
  9. ^ 鳥取市役所 鳥取しゃんしゃん祭振興会 事務局 2015年3月25日付 鳥取しゃんしゃん祭が「世界記録(最大の傘踊り)」に認定されました。 2016年6月10日閲覧。
  10. ^ a b c d ブランド総合研究所(BRI) 2014年8月15日付 鳥取しゃんしゃん祭りが「世界最大の傘踊り」にギネス世界記録認定 2016年6月10日閲覧。
  11. ^ 第48回鳥取しゃんしゃん祭は、8月11日~15日に開催されました! - 鳥取市[リンク切れ]
  12. ^ a b c d (鳥取市役所)鳥取しゃんしゃん祭振興会 事務局 鳥取しゃんしゃん祭の由来について 2016年6月10日閲覧。
  13. ^ 竹扇堂カタログ
[ヘルプ]

参考文献

  • 『郷土の文化財 10 岡山・広島・鳥取・島根・山口』,神野力・著(代表),宝文館,1960
  • 『鳥取県郷土の文化財』,鳥取県教育委員会事務局社会教育課,1961
  • 『鳥取県文化財調査報告書 第6集』,鳥取県教育委員会社会教育課,1966
  • 『鳥取県文化財調査報告書 第8集 ―郷土の民俗芸能―』,鳥取県教育委員会社会教育課,1969
  • 『ふるさとの文化遺産 郷土資料事典31 鳥取県』,ゼンリン,人文社,1998
  • 『日本の文化地理 第13巻 兵庫・岡山・鳥取』講談社,1970
  • 『鳥取県大百科事典』,新日本海新聞社鳥取県大百科事典編纂委員会・編,新日本海新聞社,1984

外部リンク