西武E851形電気機関車

西武E851形電気機関車

西武E851形電気機関車(せいぶE851がたでんききかんしゃ)は、西武鉄道に在籍していた電気機関車

概要

1969年(昭和44年)の西武秩父線開通に際して、秩父方面から正丸峠を越えてセメント輸送列車が運行されることになったが、その当時西武鉄道が保有していた機関車は小型かつ旧式でこれらの重量列車を牽引するには能力不足であったため、セメント列車牽引が行える大型機関車を製作する事となり、民鉄最大級の機関車として三菱重工業(車体)及び三菱電機(電気機器)においてE851~854の4両が製造された。その後、3両増備する予定であったが需要が著しく伸びなかったため、最終的に4両で製造は終了した。なお、車体は国鉄EF65形、台車は国鉄EF81形を参考に製造したことから、この形式を与えられたとされる。

主電動機は国鉄MT52形と同等のMB-428-AVR(425kw)を6台搭載し、定格出力は2550kw、運転整備重量は96t。貨物専用であることから同じ主電動機を搭載する国鉄EF65形より歯車比が大きく4.44となっており、性能は国鉄EF60形並であるが、重連総括制御可能となっている点がEF60形と異なっている。台車は国鉄EF81形と同等のDT-138(両端)とDT-139(中間)を履いている。

横瀬にある三菱鉱業セメント(後の三菱マテリアル)が所有する工場において武甲山からの石灰石を原料に生産されたセメントを輸送するため、東横瀬駅池袋駅および国分寺駅間の貨物列車牽引に使用され、1976年(昭和51年)に所沢駅~国鉄武蔵野線新秋津駅の貨物連絡線が完成したあとは東横瀬駅~新秋津駅間へとルートが変更になり、貨物輸送量も順調に推移していき一時は上り列車の一部で重連運転(東横瀬~芦ヶ久保間)も行われた。しかし、道路整備に伴う貨物の減少や機関車自体の老朽化により1996年(平成8年)3月の貨物列車廃止に伴い運用を終了した。

同年5月のさよなら運転の際には、東日本旅客鉄道(JR東日本)の12系客車を借用し、最初で最後の客車牽引を行って花道を飾り、その後全車が廃車されている。E851、E852、E853は解体されたが、E854は解体を免れ現在も横瀬で保存されている。

主要諸元

  • 全長:16500mm
  • 全幅:2941.4mm
  • 全高:4110mm
  • 重量:95.36t
  • 電気方式:直流1500V(架空電車線方式
  • 軸配置:B-B-B
  • 台車形式:DT-138(両端)、DT-139(中間)
  • 主電動機:MB-428-AVR形(MT52)×6基
  • 歯車比:16:71=1:4.44
  • 1時間定格出力:2550kW
  • 1時間定格引張力:23220kg
  • 1時間定格速度:38.8km/h
  • 最高運転速度:115km/h
  • 動力伝達方式: 1段歯車減速、吊り掛け式
  • 制御方式:重連、2段組合せ、弱め界磁制御
  • 制御装置: 電動カム軸接触器式バーニヤ併用、電磁空気単位スイッチ式、軸重移動補償
  • ブレーキ方式: EL14AS直通兼自動空気ブレーキ、手動ブレーキ

保存機

  • E854 - 横瀬車両基地にて静態保存されている。通常は非公開だが、毎年10月のイベント時に公開される。

関連商品

KATOからはE851・E852、マイクロエースからは全ての車両が登場し、E851、E853を新製時の塗装、E852とE854は晩年期塗装。