西園寺実兼

西園寺 実兼(さいおんじ さねかね、建長元年(1249年) - 元亨2年9月10日1322年10月21日))は、鎌倉時代後期の公卿。父は西園寺公相、母は中原師朝の娘。妻は源道成の娘・顕子、花山院師継の娘など。子に公衡公顕兼季永福門院昭訓門院後京極院

文永6年(1269年)、祖父西園寺実氏の家督を継ぎ関東申次に就く。大覚寺統持明院統による皇位継承問題などで鎌倉幕府と折衝にあたる。正応4年(1291年)、子の西園寺公衡に関東申次を譲ったが、公衡の死去により再度就く。当初は持明院統に近い立場に立って伏見天皇即位に尽力したために大覚寺統と激しく対立したが、京極為兼との確執から次第に大覚寺統寄りに転換していった。元亨2年(1322年)に死去。また、続拾遺和歌集玉葉和歌集続千載和歌集などの勅撰集に入集するなど有名な歌人でもあり、また琵琶の名手でもあった。なお後深草院二条の「とはずがたり」に登場する恋人「雪の曙」は実兼であるとされる。