能楽師

能楽師(のうがくし)は職業的に能楽を演じる人を指す。能役者。能楽を専門に活動する人は職分といわれる。 狂言師が対になる概念とされることが多いが、能楽師は本来、シテ方、ワキ方、囃子方、狂言方の総称である。 ちなみに、シテ方は舞台の中央で能を舞う主役のことであり、ワキ方、囃子方(楽器演奏者)、狂言方はまとめて三役という。


現在の能楽師は、必ず各流派に所属している。流派には観世金春宝生金剛喜多というシテ方の五大流派がある。さらに、同様に江戸初期頃、この五流派から分離独立するかたちで誕生した三役の流派がある。


職業として能楽を行う者としての玄人の資格は各流儀によってまちまちであるが、現代においては各方各流儀とも玄人として承認した者は社団法人能楽協会に登録するという申合せがあるために、実質的には能楽協会登録者を以て能楽師ということができる。 そして、能楽協会に内包されるかたちで社団法人能楽会がある。能楽会に所属する能楽師は全て国指定の重要無形文化財に指定されているため、能楽会に所属する能楽師は名人といえる。


それ以外にも素人への謡曲教授などを行い、名誉師範(シテ方観世流)や嘱託教授(シテ方宝生流)など流儀から一定の資格を得ている人々もいるが、あくまで素人としての称号であって、能楽界においては玄人(能楽師)として認識されない。