知多鉄道デハ910形電車

名鉄モ900形電車(めいてつモ900がたでんしゃ)とは、かつて名古屋鉄道瀬戸線で運用された電車で、知多鉄道(現、河和線)のデハ910形として新造された車両である。

沿革

1931年(昭和6年)に知多鉄道が日本車両で910~914・916~918の8両を製造したデハ910形で、全長17m級・両運転台・側面片開き2扉・車内は転換クロスシートの半鋼製ボギー車である。当初は2個パンタグラフを装備しており、車体は親会社の愛電標準のマルーン1色。知多鉄道の親会社である愛知電気鉄道常滑線との直通運転に用いられた。1943年(昭和18年)に知多鉄道が名古屋鉄道に合併した際にモ910形に改称、910は915に改番され、その時車体はダークグリーンに塗り替えられ、車内はロングシート化された。

架線電圧1500V区間用の電動車として使用されたが1951年(昭和26年)に914が太田川車庫火災により廃車となり、918が914 (2代)に改番された。焼失した914は、同時に火災にあった3300形と共に3800系と同一の半鋼製車体を新製し、電装機器等を利用して3750形(後に3250形に改番)になるが、後に足回りを3730系に譲り付随車化、暫く築港線で使用の後廃車された。1958年(昭和33年)に片運転台化され、1964年(昭和39年)には電気機器を3730系に譲り、ク2330形となる。

1965年(昭和40年)、モ600形(初代。名鉄モ600形電車 (初代)参照)の機器を使用して電装化し、架線電圧600V区間用電動車モ900形に改称し、瀬戸線に投入された。

翌1966年(昭和41年)3月16日、瀬戸線に特急(特急料金は不要)を運行することになり、モ900形-ク2300形の組み合わせによる3編成が特急車両に改装された(下記)。後にモ900形-ク2320形の組み合わせで4編成が同様に改装されている。特急運行は1977年(昭和52年)2月まで行われた。

特急車両への改装

モ900形・ク2300形・ク2320形(2321~2324のみ)は瀬戸線での特急車両として、以下のような改装を受けている。

  • 座席のセミクロスシート化(クロスシート部分は転換式。モ907・ク2321~2323を除く)。
  • 塗装をスカーレットに変更。さらに白帯塗装を施す。
  • 7000系パノラマカーと同じ、「逆さ富士」型行先・種別表示器を取り付け。
  • ミュージックホーンを取り付け。

廃車・譲渡

1978年(昭和53年)の瀬戸線の架線電圧1500V昇圧により、901・902・907が福井鉄道・903~906が北陸鉄道へ譲渡された。福井鉄道譲渡車はパンタグラフを撤去して、140形の一部(141-2・142-2・143-2)となり、2006年(平成18年)まで運行された。北陸鉄道譲渡車は両運転台化されてモハ3740形(3741~3744)となり、1990年(平成2年)まで使用された。

関連項目