法隆寺金堂薬師如来像光背銘

法隆寺金堂薬師如来像光背銘(拓本
金堂薬師如来像

法隆寺金堂薬師如来像光背銘(ほうりゅうじ こんどう やくしにょらいぞう こうはいめい)とは、法隆寺金堂の「東の間」に安置されている本尊薬師如来像国宝[1])の光背裏面に刻された銘文である。

題号の「薬師如来像」を薬師如来薬師仏薬師像薬師などとも称し、銘文の内容が造像の由来であることから「光背銘」を造像銘造像記とも称す。また「金堂」を省略し、法隆寺薬師造像銘などと称す文献も少なくない[2][3][4]

概要

金堂安置の薬師如来像は、像高63.0cmの金銅製の坐像[5]で、その光背の裏面に刻された90文字が本銘文である。法隆寺には貴重なの遺物が豊富に存在するが、本銘文は初期年紀を有する金石文として法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘とともに特に著名である。その銘文には法隆寺の創建と薬師如来像の造像の縁起が記され、またそれらの完成が推古天皇15年(607年)と見えることから、法隆寺の創建縁起の基本的な資料となっている。ただし、薬師如来像の造像・刻字の年代福山敏男の研究[6]以来、否定されている[2][3][4][7]

また本銘文の文体は、釈迦三尊像光背銘文の四六駢儷文とはかなり異なり、漢文の日本語化が進んでいる(#文体を参照)。従来、推古朝(在位・593年 - 628年)の当初からこのような日本語文が存在していたとされてきたが、現在では否定されている。ただし、他の遺文から推古朝には日本語文が発生していたことは確実である[8][9]

内容

本銘文は縦29.7cm余、横13.2cm余の範囲に、90字が5行[10]で陰刻されている[2][11]

釈文

法隆寺金堂薬師如来像光背銘

池邊大宮治天下天皇[12]。大御身。勞賜時。歳
丙午[13]。召於大王天皇[14]與太子[15]而誓願賜我大
御病太平欲坐故。将造寺[16]薬師像作仕奉詔。然
當時。崩賜造不堪。小治田大宮治天下大王
[17]及東宮聖王[18]。大命受賜而歳次丁卯[19]仕奉

— 『法隆寺金堂薬師如来像光背銘』[2]
要旨
文面は、「用明天皇が病気の時(用明天皇元年(586年))、平癒を念じて寺と薬師像を作ることを誓われたが、果たされずに崩じた。のち推古天皇聖徳太子が遺詔を奉じ、推古天皇15年(607年)に建立した。」という趣旨の内容である[2][3][11]

文体

本銘文はすべて漢字で記されているが、日本語化がはじまっているため漢文ではない。このような仮名がまだ生まれていない段階の日本語文を亀井孝は「漢字文」と呼んでいる。『古事記』がそれにあたる著名なものであるが、それよりも古い本銘文にも日本語化の苦心の跡が見える。例えば、「大御(おほみ)身」、「勞(たまふ)」、「仕(まつる)」のような日本語の敬語表記を交えている。また、「造寺」(動詞目的語)は漢文式であるが、「薬師像作」(目的語+動詞)は日本語式になっている。全体として漢文と日本語の文法が混然としているが、それは漢文に未熟な文章ということではなく、漢文の文法から脱して日本語化しようとする意図の反映と考えられる[20]

書体・書風

本銘文の書体は痩せた楷書体で、古意もあって風韻が高く、刀法もあざやかで筆触のような味がある。筆者・刻者は不明である[4][21][22]

その書風隋唐書風[23]であるが、飛鳥時代の書風は百済で流行していた六朝書風に始まる。やがて遣隋使遣唐使の派遣により直接中国大陸の書が流入し、隋唐書風へと変化していくが、直ちにその書風が日本で流行したのではなく、概ね100年ほど遅れて流行するのが普通である。その飛鳥時代の書風の変化の好例として引用されるものに、『法華義疏』(六朝書風)と『金剛場陀羅尼経』(初唐欧陽詢風)があるが、『法華義疏』が615年頃の筆跡であるのに対し、『金剛場陀羅尼経』は朱鳥元年(686年)の年紀を有する筆跡である。ゆえに本銘文も7世紀後半の筆跡の刻字と推定されている[21][24][25][26][27]

六朝書風
六朝書風とは、中国・六朝時代の書風のことであるが、書道史でいう六朝時代とは、から南北朝時代までを指す。六朝時代の書風は、北朝(北魏など)と南朝(晋など)でかなり異なり、北朝は石碑墓誌に書かれたものが多く、力強い峻険な楷書が中心、南朝では建碑が禁止されていたため法帖が多く、行書草書が中心である(中国の書道史#北碑南帖を参照)[25][28]
隋唐書風
隋唐書風とは、の墓誌や初唐の石碑に見られる書風のこと。洗練さと謹直な筆勢が特徴である[29]

造像・刻字の年代

本銘文中の607年を否定する根拠として以下のことがあげられている[2][7][9][11][20][24][30]

  • 現存の薬師如来像は白鳳文化の様式のものである。
その顔立ちが釈迦三尊像の細面に比べるとかなりふくよかである。飛鳥仏の特徴は「痩」、白鳳仏の特徴は「肥」である。
  • 当時、薬師信仰がそれほど盛んではなかった。
  • 銘文中の「天皇」や「東宮」などの語は飛鳥時代にはまだ慣用されていない。
日本における「天皇」号は、持統朝(在位・690年 - 697年)が天武朝に対して使用したの最初である。それは、上元元年(674年)に唐の高宗が使用した天皇の称号が伝わったものである[31]
  • 銘文は造像の後に刻字されたことが判明している。
薬師如来像は金銅製であるが、その金鍍金が刻字の内に及んでいないことから、鋳造と刻字は同時ではなく、鍍金後の刻字であることが判別された[32]

ゆえにその年代は7世紀後半、つまり法隆寺の再建時に新たに造像されたとの推定がある(刻字はその後)。大山誠一は、本銘文の成立時期を、上限が持統朝[33]、下限は天平19年(747年)[34]としている[35]

脚注

  1. ^ 銅造薬師如来坐像(金堂安置)”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2012年7月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 矢島恭介 p.142
  3. ^ a b c 藤原鶴来 p.171
  4. ^ a b c 二玄社(書道辞典) p.237
  5. ^ 金銅(こんどう)像とは、で造られた像の表面に鍍金(金めっき)を施したもの。薬師如来像は当初、金堂釈迦三尊像と同じように脇侍の両菩薩立像も揃っていたが、明治になって海外に流出した(上原和 p.118、長岡龍作 p.13、日本史用語 p.27)。
  6. ^ 福山敏男「法隆寺の金石文に関する二、三の問題」1935年(大山誠一 p.20)。
  7. ^ a b 大山誠一 p.10
  8. ^ 沖森卓也 p.82
  9. ^ a b 上原和 pp..118-120
  10. ^ 1行目から順に、16字・19字・18字・19字・18字ある。
  11. ^ a b c 飯島(書道辞典) p.743
  12. ^ 池邊大宮治天下天皇とは用明天皇のこと(藤原鶴来 p.172、矢島恭介 p.142)。
  13. ^ 丙午年は用明天皇元年(586年)(矢島恭介 p.142)。
  14. ^ 大王天皇とは推古天皇のこと(藤原鶴来 p.172)。
  15. ^ 太子とは聖徳太子のこと(矢島恭介 p.142)。
  16. ^ 法隆寺のこと。
  17. ^ 小治田大宮治天下大王天皇とは推古天皇のこと(矢島恭介 p.142)。
  18. ^ 東宮聖王とは聖徳太子のこと(藤原鶴来 p.172)。
  19. ^ 丁卯年は推古天皇15年(607年)(矢島恭介 p.142)。
  20. ^ a b 大島正二 pp..92-94
  21. ^ a b 鈴木翠軒 p..91-93
  22. ^ 吉澤義則 p.5
  23. ^ 文字が角張っており、「天」や「大」が左に傾く特徴がある。これは初唐の頃の書風である(上原和 pp..119-120)。
  24. ^ a b 魚住和晃 p.31
  25. ^ a b 名児耶明 pp..15-16
  26. ^ 角井博 pp..12-13
  27. ^ 鈴木晴彦 p.18
  28. ^ 藤原鶴来 pp..48-50
  29. ^ 鈴木晴彦 p.19
  30. ^ 沖森卓也 p.39
  31. ^ 渡辺茂「古代君主の称号に関する二・三の試論」1967年(大山誠一 p.20)。
  32. ^ 奈良文化財研究所『飛鳥・白鳳の在銘金銅仏』1979年(沖森卓也 p.39)。
  33. ^ 持統朝が天皇号を採用したことによる(大山誠一 p.11)。
  34. ^ 天平19年(747年)の『法隆寺伽藍縁起并流記資財帳』に薬師如来像の記録があることによる(大山誠一 p.7、p.11)。
  35. ^ 大山誠一 p.11

出典・参考文献

関連項目