檜洞丸

檜洞丸

このテンプレートは廃止されました。
Template:infobox 山」を使用してください。
Mt.Hinokiboramaru from Hanadate.JPG
花立付近から望む檜洞丸 (2007年4月撮影)
標高 1,601 m
所在地 神奈川県相模原市足柄上郡山北町
位置 北緯35度28分44秒
東経139度06分09秒
山系 丹沢山地
種類 山塊
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

檜洞丸(ひのきぼらまる)は丹沢主稜にある標高1,601mの神奈川県相模原市足柄上郡山北町の境界上に位置し、丹沢大山国定公園に指定されている。別名青ヶ岳(あおがたけ)。

東には臼ヶ岳、それより先には蛭ヶ岳、北西には犬越路大室山が位置する。5月中旬から6月上旬にかけてはシロヤシオトウゴクミツバツツジの見頃となり、多くの登山客が訪れる。

現在でも山全体に木が多く眺望の悪い山であるが、数十年前までは木々が鬱蒼と茂り、昼なお暗い様な山であったらしい。

なお、神奈川県高体連山岳競技大会全国大会予選、同じく関東大会予選が毎年この山域で行われ、檜洞丸、大室山、加入道山を基本とする登山道を歩いてゆく。

登山道は、主稜縦走を別として、西丹沢自然教室から登るツツジ新道が一般的であるが、西丹沢県民の森から石棚尾根、あるいはユーシンから大石尾根を登る道もある。

丹沢山地蛭ヶ岳(1,673m)、不動ノ峰(1,614m)、鬼ヶ岩ノ頭(1,608m)に次いで第四の標高を誇る山である。

檜洞丸の山頂

登山施設

周辺の山

丹沢主稜

石棚山稜

同角山稜

関連画像