楽々園遊園地

楽々園遊園地
施設情報
キャッチコピー 電車で楽々行ける遊園地
管理運営 広島瓦斯電軌株式会社 →
広島電鉄株式会社 →
有限会社楽々園 →
広島電鉄株式会社 →
広電観光株式会社 →
株式会社広電楽々園
面積 約1万坪
開園 1936年昭和11年)9月8日
閉園 1971年昭和46年)8月31日
所在地 広島県佐伯郡五日市町
位置 北緯34度21分43.4秒 東経132度21分8.4秒 / 北緯34.362056度 東経132.352333度 / 34.362056; 132.352333座標: 北緯34度21分43.4秒 東経132度21分8.4秒 / 北緯34.362056度 東経132.352333度 / 34.362056; 132.352333
テンプレートを表示
株式会社広電楽々園
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
広島県広島市中区東千田町二丁目9番29号[1]
設立 1960年(昭和35年)4月1日[2]
事業内容 飲食店事業
代表者 高石稔[1][補足 1]
資本金 2,000万円[1]
従業員数 16人[1]
特記事項:以上の情報は合併直前の『広島商工年鑑'92』の情報に基づく
テンプレートを表示
以前楽々園遊園地があった場所。現在はショッピングセンター「ファミリータウン広電楽々園」になっている

楽々園遊園地(らくらくえんゆうえんち)は、かつて広島県佐伯郡五日市町(現在の広島市佐伯区)にあった遊園地。広島瓦斯電軌(現在の広島ガス広島電鉄の前身)により開発された[4]

歴史

開園まで

名称は「電車で楽々行ける遊園地」というキャッチフレーズに由来し[5]、開園当初、中国地方の宝塚を目指していた[4]

江戸時代当時、楽々園のあたりは海老塩浜と呼ばれていた[6][補足 2]

箕面有馬電気軌道(現・阪急電鉄)による宝塚新温泉などの開発の成功により[9]、当時日本国内で全体的に行われていた鉄道会社による沿線娯楽施設の一つであった[9]1919年大正8年)時点の計画書で、場所は未定ながら住宅・運動場・潮湯場・海水浴場の整備を事業計画内で謳っていた[9]。しかし、当時の宮島線の沿線人口だけでは、十分な効果は期待できなかった[10]

1927年昭和2年)頃より五日市町海老塩浜地区の農耕地に住宅地の造成を開始[11]1935年(昭和10年)に、現在の楽々園一丁目・二丁目・三丁目・四丁目あたりの埋め立てを開始[12]。約5万坪(約165,289 m²)を埋め立て[13]、住宅地中央部の[14]約1万坪(約33,058 m²)を遊園地用地に[13]、残りを住宅地にした[13]。埋め立てに使われた砂は、南側の海底の砂をサンドポンプで浚渫して使用[12]。表面は同じ町内の城根山の土で覆った[12]

1936年(昭和11年)より住宅地の販売を開始[11]。宅地購入者への特典として、4年間宮島線および市内線で使える優待券を進呈[12]。その優待券で、楽々園遊園地に入園出来るようにした[12]

1936年(昭和11年)7月30日より海水浴場の営業を開始[13]。同年8月より温泉施設の営業を開始[13]。同年9月8日に楽々園遊園地が開園した[15]。開園当初は広島瓦斯電軌の直営事業だった[16]

開園から第二次世界大戦終戦まで

開園当初の園内には、遊戯場・売店・プール・休憩所を整備[17]。夏場には南側の砂浜で海水浴場を営業した[17]1938年(昭和13年)に撮影された動画には、ミニSL・ゴーカート・プール・猿山などが撮されている[14]

開園後は、海水浴場やラジオ体操のイベントか開催され、広島地区の新名所になった[18][13]。開園効果は宮島線の乗客数にも影響を与え、1935年(昭和10年)の306万人から1936年(昭和11年)は329万人に増加した[19]。その後も、海水浴シーズンを中心に来場者を集めた[20]

また、遊園地周辺にも影響を与え、遊園地前に旧・五日市町でも数少ない商店街が形成[補足 3]。また、1897年(明治30年)頃より海老園周辺には海水浴場が整備されていたが[22]、砂浜の減少や海水汚染なども重なり、楽々園遊園地に客を取られ衰退していった[4]

第二次世界大戦中もしばらくは営業を継続[20]1942年(昭和17年)の広島ガス広島電鉄の分離の時に、広島電鉄が引き継ぐことになった[23]1943年春頃に海軍および陸軍に関する展覧会を開催[20]。場内には小型並状旋回飛行塔を設置[20]。同年度上期の来場者数は26万人を数えた[20]。しかし、戦況の悪化により園内の田園化も検討されるようになり[20]1944年12月に休園[24]。施設は陸軍船舶部に貸し出された[24]

第二次世界大戦終戦から閉園まで

1945年(昭和20年)8月6日広島市への原子爆弾投下に伴い、本社要員を楽々園遊園地にも避難[25]。1945年(昭和20年)8月6日から1946年(昭和21年)8月30日まで広島電鉄の本社が置かれた[26]

1947年(昭和22年)7月1日から[26]1951年(昭和26年)3月26日まで有限会社楽々園が委託運営[27]。その後、一時期は本社の直営になった後[27]1957年(昭和32年)10月1日から広電観光に賃貸され[28]、経営を移管[16]1960年(昭和35年)4月より広電観光から分離独立した[2]、広電楽々園が運営した[29]

その間、旧・五日市町は周辺町村と合併し、1955年(昭和30年)4月1日に新・五日市町に移行した[30]

戦時中および戦後まもなくは衰退していたが[17]、昭和30年代(1955年から1965年)には、新規施設として観覧車やジェットコースター、ゴーカート、ウオーターシュート、プラネタリウムなどが整備[5][31][17]。夏にはプールが開園し、また園内には温泉浴場が整備されていた[5][31]1966年(昭和41年)には、遊園地閉園後もしばらく営業を続ける「楽々園パーラー」(1969年(昭和44年)より「レストラン楽々園」)も営業開始した[2]。来場者数も増加し、年間60万人を突破した年もあった[17]

その後、埋め立ての進行により1964年(昭和39年)海水浴場は閉鎖[32]。同年より開始した「臨海土地造成」で、現在の楽々園五丁目・六丁目・海老園三丁目の一部が造成された[33][34]

しかし、夏場および休日以外の来場者は少なく経営に支障を与え[17]1970年(昭和45年)の秋頃から冬頃にかけて開店休業状態に陥り休園[17]1971年(昭和46年)8月31日に閉鎖された[35]

跡地のその後

遊園地営業終了後の1971年(昭和46年)12月に、新しい住居表示が導入され[36]、地名も「楽々園」になった。

跡地には、現在の広電ストア[補足 4]により、総工費3億5000万円を掛け[39]1972年(昭和47年)3月23日に、ショッピングセンター「ひろでん楽々園ショッピングタウン」が開店した[40]。食料品・衣料品売場は直営で[39]、28店舗の専門店が入店した[39]

また遊園地を運営していた広電楽々園も事業を継続し、継続営業した「レストラン楽々園」[補足 5]のほか、1972年(昭和47年)4月29日に飲食店「和食レストラン楽良久」[2][補足 6]、1972年(昭和47年)5月10日にはボウリング場「広電楽々園ボウル」が開場[2][補足 7]1973年(昭和48年)にはRCC興発により「楽々園パットパットゴルフ」が開園[2][補足 8]などを、1991年(平成3年)12月31日の広電ストア合併まで営業していた[2]。「楽々園パットパットゴルフ」は人気施設になり[43]、「和食レストラン楽良久」および「楽々園パットパットゴルフ」については広電ストア移行後もしばらくは営業を継続した[41]

現在はファミリータウン広電楽々園として、敷地内にはマダムジョイ楽々園店・ナイスディ(開店当初は広電ストアの衣料品などの売場、現在は専門店街)・ホームセンター ダイキ楽々園店・ヤマダ電機 テックランド佐伯店が整備されている[44]

最寄り駅

1935年(昭和10年)12月1日に塩浜駅として開設していた駅名[45]を、開園当日に楽々園駅に改めた[45]1965年(昭和40年)7月20日から1971年(昭和46年)8月31日まで、楽々園遊園地駅だった時期もある[45]

脚注

[ヘルプ]

補足

  1. ^ 1990年まで広島電鉄の専務だった[3]
  2. ^ 万治年間(1658年から1661年)に干潟を干拓して塩田を造成[6]。しかし、1897年(明治30年)頃になると、輸入塩などの増加により、小規模塩田だった海老塩浜での塩精製業は厳しくなり[7]、塩の専売制導入と塩田業の整理施策により1911年(明治44年)に当地での塩田業は廃業した[8]
  3. ^ 1955年(昭和30年)の新・五日市町成立時店でも、旧・五日市町の道筋と楽々園遊園地前程度しか商店街がなかった[21]
  4. ^ ショッピングセンター出典当時の社名は「広電興産」[37]。現社名には1982年(昭和57年)に変更[37]。広電タクシーを1997年(平成9年)に改名した[38]、現・広電興産[38]とは別会社。
  5. ^ 1975年(昭和50年)8月31日廃止[2]
  6. ^ 1991年(平成3年)の広電ストア合併で移管[2]1995年(平成7年)に弁当センターへ業務委託[41]
  7. ^ ボウリングブームの終焉により1974年(昭和49年)3月31日閉場[42]
  8. ^ 1982年8月直営化[2]。1991年(平成3年)の広電ストア合併で移管[2]1998年(平成10年)3月廃止[41]

出典

  1. ^ a b c d 『広島商工年鑑'92』 1550ページ
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『広島電鉄開業100年・創立70年史』396ページ
  3. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』357ページ
  4. ^ a b c 『五日市町誌 中巻』 253ページ
  5. ^ a b c 広島市広報紙 市民と市政 バックナンバー 平成22年 8月1日号 区報 佐伯区
  6. ^ a b 『五日市町誌 中巻』 203ページ
  7. ^ 『五日市町誌 中巻』 207ページ
  8. ^ 『五日市町誌 中巻』 208ページ
  9. ^ a b c 『広島電鉄開業100年・創立70年史』70ページ
  10. ^ 『広島電鉄開業80創立50年史』本編42ページ
  11. ^ a b 『広島電鉄開業100年・創立70年史』71ページ
  12. ^ a b c d e 『五日市町誌 中巻』 280ページ
  13. ^ a b c d e f 『五日市町誌 中巻』 481ページ
  14. ^ a b ひろしま戦前の風景 - 中国放送
  15. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』429ページ
  16. ^ a b 『広島電鉄開業100年・創立70年史』160ページ
  17. ^ a b c d e f g 『五日市町誌 中巻』 254ページ
  18. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』72ページ
  19. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』73ページ
  20. ^ a b c d e f 『広島電鉄開業100年・創立70年史』95ページ
  21. ^ 『五日市町誌 中巻』 248ページ
  22. ^ 『五日市町誌 中巻』 251ページ
  23. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』91ページ
  24. ^ a b 『広島電鉄開業100年・創立70年史』96ページ
  25. ^ 『広島電鉄開業80創立50年史』本編77ページ
  26. ^ a b 『広島電鉄開業100年・創立70年史』431ページ
  27. ^ a b 『広島電鉄開業100年・創立70年史』432ページ
  28. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』433ページ
  29. ^ 『広島電鉄開業80創立50年史』本編134ページ
  30. ^ 『五日市町誌 中巻』 58ページ
  31. ^ a b 広島市広報紙 市民と市政 7月1日号 ページタイトル
  32. ^ 宮島街道いまむかし - 宮島街道
  33. ^ 『五日市町誌 中巻』 282ページ
  34. ^ 『五日市町誌 中巻』 285ページ
  35. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』436ページ
  36. ^ 『五日市町誌 中巻』 66ページ
  37. ^ a b 『広島電鉄開業100年・創立70年史』439ページ
  38. ^ a b 『広島電鉄開業100年・創立70年史』395ページ
  39. ^ a b c 『きょうオープン 広島県下初の"郊外型"ショッピングセンター 広島市外五日市町』 - 中国新聞 1973年4月23日 6ページ
  40. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』437ページ
  41. ^ a b c 『広島電鉄開業100年・創立70年史』392ページ
  42. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』208ページ
  43. ^ 『五日市町誌 中巻』 259ページ
  44. ^ 楽々園店|店舗のご案内|マダムジョイ Madamjoy
  45. ^ a b c 『広電が走る街今昔』156ページ

参考文献

  • 『広島電鉄開業80創立50年史』(広島電鉄株式会社社史編纂委員会編) 1992年11月
  • 『広島電鉄開業100年・創立70年史』(広島電鉄株式会社社史編纂委員会編) 2012年11月
  • 『五日市町誌 中巻』(五日市町誌編集委員会) 1979年
  • 『広電が走る街今昔』(JTBパブリッシング・長船友則) ISBN 4533059864

外部リンク