徳川家康三方ヶ原戦役画像

徳川家康三方ヶ原戦役画像(徳川美術館所蔵)

徳川家康三方ヶ原戦役画像』(とくがわいえやすみかたがはらせんえきがぞう、以下『三方ヶ原戦役画像』[注釈 1])は、徳川家康肖像画の一つ。像主が顔をしかめて憔悴したように見える、特異な表情をとることから『顰像』(しかみぞう、『しかみ像』とも[2])の別名が付けられている[3][4]。長らく尾張藩主徳川家(以下、尾張家)に伝来したが、財団法人尾張徳川黎明会(現・公益財団法人徳川黎明会)が1935年昭和10年)に徳川美術館を開館して以降は、同館が所蔵する。

『三方ヶ原戦役画像』は、1573年1月25日元亀3年12月22日)の三方ヶ原の戦いの直後、武田信玄に大敗した家康が己の惨めな姿を敢えて絵師に描かせたものとされ、敗戦を肝に銘じて慢心を自戒するべく、家康が以後これを生涯座右に置いたという逸話を伴い[4]、各メディアを通じて人口に膾炙してきた[1]。しかし、2015年平成27年)8月18日に発表された原史彦(徳川美術館学芸員)の調査により[1]、同像は江戸時代後期の1780年安永9年)に、紀州藩主徳川家(以下、紀州家)から徳川治行(尾張藩第9代藩主・徳川宗睦の養嗣子)に嫁いだ聖聡院[注釈 2]が嫁入り道具の一つとして尾張家へ持参したものであることと[5]、前述の逸話は1936年(昭和11年)に当時の徳川美術館長・徳川義親侯爵(尾張家第19代当主)およびその周辺から出された無根拠な創作的口伝がその発端で、1972年(昭和47年)までに「敗戦を肝に銘ずるため」「慢心の自戒として生涯座右を離さなかった」などの情報が加わり現在知られる内容となったこととが明らかにされた[6]後述)。

なお、原の調査に先行する研究も含めて、同像は元来、神格化された家康の礼拝像であるとする見解が示されている[7][8][9]

概要

外観・付属品

『三方ヶ原戦役画像』は絹本着色の掛軸装で、本紙は縦1尺2寸4分5厘(37.8センチメートル)・横7寸1分8厘(21.8センチメートル)、表装は縦3尺5寸1分(106.5センチメートル)・横1尺5分5厘(32.0センチメートル)の寸法である[10]。表装は上下を茶地絓、中廻を紺地唐草文金襴、風袋と一文字を白茶地宝尽文金襴、軸を黒塗撥型とする[10]落款はない[10][注釈 3]。製作年代は逸話通りならば1573年となるが、所蔵する徳川美術館では描法などから17世紀頃の作としている[1]

同像を収める箱として、葵紋が描かれた溜塗印籠蓋造の外箱(元外箱)と、「神君御影」と金泥書された黒塗印籠蓋造の内箱(元内箱)とが付属するが[10]1993年(平成5年)に裏打ち紙の貼り直しや欠失部分の補填などの修理が行われてからは、新調された桐箱が用いられている[10]

像主の描写

像主は正面を向き椅子に座り、左手を頬に当て、左足を折り右足に乗せる半跏思惟の姿勢で[7][10]烏帽子を被り茶地の鎧直垂を着し、両手に弓懸を、左腕に籠手を、両足に臑当を付けて裸足草鞋を履き、腰に黒塗金覆輪太刀を佩き鮫革柄の朱塗合口を差した格好で描かれる[10]。とりわけ像主の顔貌は特異で、下唇を上前歯で噛んで口を「へ」の字に曲げた様子や[7]、眼窩や頬骨が強調されて目が窪み頬がこけたように見えることから、特殊な状況下での姿を描いたかのような観がある[10]

研究史

大織冠像、室町時代16世紀)の作品。藤原鎌足(中央)が半跏の姿で座る。ロサンゼルス・カウンティ美術館所蔵。

藤本正行説

『三方ヶ原戦役画像』に対して最初に批判的検討を行った藤本正行[10]、像主の烏帽子・直垂・左手のみの籠手姿は元亀・天正頃には絶対に見られない「超古典的な武装」[注釈 4]であること、細い籠手を直垂の袖の上から指しているのは袖の生地がかさばるため現実には不可能なこと、家康ほどの武将ならば冬に行われた合戦で革足袋を履いたはずなのに、像主が素足に草鞋というのは不自然であることといった[7]、武具や服飾などの風俗史的観点から諸問題を列挙し、伝承通り家康が敗戦直後に描かせたならば入念に風俗を考証し、その日の悲惨な姿の再現に努めただろうが、風俗描写は戦国時代当時のそれとあまりに隔たり、三方ヶ原での実際の家康の武装とかけ離れているとせざるを得ないと批判した上で[7]、同像は家康没後に彼を追慕する者が描かせたもので、仏像に多い半跏思惟の姿勢であることから礼拝のために製作されたとも考えられると結論付ける[7]

松島仁説

風俗史的観点から批判を試みた藤本とは別に、江戸幕府に仕えていた江戸狩野派絵師の活動から幕府による家康の神格化を研究・考察する松島仁[注釈 5]は、大織冠像(藤原鎌足像)や如意輪観音像(中世において聖徳太子の化身とされた)が半跏の姿をとることを指摘した上で[15]、『三方ヶ原戦役画像』は如意輪観音像や鎌足画像の系譜に家康を位置づけ、かつ東照大権現の軍神的性格をも加えた礼拝像と考えられると解釈しており[8]、像主の特異な顔貌についても「忿怒の表情を浮かべ」たものという見解を示している[8]

原史彦による調査

原史彦は、『三河物語』や『落穂集』、『武徳大成記』、『官本三河記』といった諸文献が、三方ヶ原の戦いのくだりで家康が一部家臣の反対を押し切り武田軍との対戦を決めたと記述していることについては、慢心による決断とみる解釈は成り立ち得るが、敗戦後にそれを後悔・反省したり合戦直後に自己の姿を絵師に描かせたりしたとする話はいずれも見られず、むしろ籠城より出撃を選んだことを武門の栄誉として肯定的に記す論調があることや[16]、家康の神格化が進んだ江戸時代後期に編纂された『披沙揀金』[注釈 6]にも、家康が己を戒めるために惨めな姿を留め置いたという賞賛・喧伝されてしかるべき内容の話が現れないことを指摘し[18]、同逸話は尾張家に限定されて伝わっていたか、それとも当時存在していなかったかであり、記録されていたとしても広く知られていたとは考えられないとした上で[19]、尾張家および徳川美術館の記録を手掛かりとして同像の伝来や逸話の出所を探求する。しかしその結果、1936年に徳川義親あるいは当時の同館職員が厳密な史料調査を経ずに、印象先行に基づく主観的判断で『三方ヶ原戦役画像』を定めたことよりも前に逸話の初出を遡れないことが判明したのである[20]

画像は紀州家より伝来

『三方ヶ原戦役画像』は尾張家に伝来した宝物類のうち、「御清御長持」(おきよめおんながもち)に入れられ伝えられてきた[2][21]。「御清御長持」は家康の遺品や関連する品々を納めた3棹の長持で、尾張家においては最も重要な道具の一つとされ、藩政時代には名古屋城二之丸の北辺にあった土蔵にて保管されていた[21]。原は『三方ヶ原戦役画像』と徳川美術館の記録類を照合したところ、幕末から明治初期に記されたとみられる蔵帳の『御清御長持入記』の記録上では、同像が第一の長持に納められて『東照宮尊影』と呼ばれていたこと、しかも、徳川宗睦の養嗣子・治行の正室である聖聡院[注釈 2]が婚礼時に尾張家へ持参した道具の一つで、彼女が没した翌年の1805年(文化2年)9月に「御清御長持」へ入れられたことを突き止めた[5]。つまり、『三方ヶ原戦役画像』は古くより尾張家にあったわけではなく、同家においては紀州家より持ち込まれた18世紀終わりまで認識されることがなかったということになる[5]

『長篠戦役陣中小具足着用之像』

「御清御長持」は明治維新期の1872年(明治5年)に名古屋東照宮へ一時移されたが、廃藩置県などに伴う財産処分を経た尾張家の道具として引き続き扱われることとなり、1880年7月に『御清御長持入記』に代わる財産目録として新規に『御器物目録』が作成されたが[5]、同目録において前述の『東照宮尊影』(即ち『三方ヶ原戦役画像』)には『長篠戦役陣中小具足着用之像』と副題が付けられていたことが分かった[11][注釈 7]。当時、同像を含めて『東照宮尊影』が5点存在したことから識別のためであったと考えられるが、現存する長篠・長久手合戦図屏風に着想してなぞらえた程度の、史料的根拠を伴わない命名であったと推測される[22][注釈 8]。その後作成された目録においても、品名は微妙に変化するものの同像を「長篠の戦いの時の肖像」であるとする説明は踏襲され、1910年(明治43年)4月に開かれた名古屋開府三百年祭にて、尾張家大曽根別邸(現・徳川園)を会場として什宝陳列がなされた際にも、同像は「徳川家康長篠戦役陣中小具足着用床机ニ倚ル密画彩色ノ像」の名称で出陳されている[23]。加えて、同陳列を紹介した『国華』第240号の「雑録」上では「……家康公の肖像が三幅程ある、其の中に長篠敗戦の像を敬公が特に当時苦窮の状を忘れざる為に画かしめたものは普通の肖像と異って甚だ面白い。……」[23][24][注釈 9]と触れられており、尾張藩初代藩主の徳川義直(敬公)が父・家康の「苦窮」を忘れぬために描かせたという情報が新たに付け加えられている[23]。その後、徳川美術館の開館に先立つ準備として1930年(昭和5年)までに実施された同館所蔵品の評価を記録した『第一部 美術館所属什宝評価調 三冊ノ内』でも、同像は元外箱貼紙に書かれたのと同様『家康公長篠戦役小具足着用ノ像』とされて1500円の評価額が付けられており、聖聡院持参の『東照宮尊影』に対する認識は1935年の徳川美術館開館まで変化しなかった[25]

『三方ヶ原戦役画像』へ

前述の通り、聖聡院が尾張家に持ち込んだ『東照宮尊影』は、明治から昭和初期までは長篠の戦いの時の肖像であるとされてきたが、徳川美術館が開館した翌年の1936年1月7日から26日までの間、前年開催された2回の展覧会に続いて第三回展覧会を催した際、同像は会場にて半期展示され、各新聞の紙面において初めて三方ヶ原の戦いと関連付けられた紹介をなされた[12]。1936年1月6日付の『新愛知』では「家康公が三方ケ原で戦死を免れた難苦の状を狩野探幽が画いたもの」[12][26]、同日付の『大阪毎日新聞』では「三方ケ原の敗戦で失意のどん底にある家康公を描いたもので、尾州藩祖義直公が父の艱苦を忘れぬため狩野探幽に画かせたもの」[27][28]と書かれており[注釈 3]、同年1月14日付の『新愛知』に掲載された座談会の記事にて、会に出席した徳川義親館長より「三方ヶ原の戦いの時の肖像」であると語られたことが記されている[29][30][注釈 10]。しかし、徳川美術館には同像を三方ヶ原の戦いに結び付ける史料情報は伝存しておらず、長篠から三方ヶ原への解釈変更は、徳川義親または同館職員による勇み足な発言、もしくは明治末期に付加された「敗戦」の肖像という情報との整合性を持たせるために三方ヶ原が持ち出された、はたまた開館間もない同館が話題性を提供するために史料検討より印象を先行させたことが推測され、結局『三方ヶ原戦役画像』の逸話は史料的根拠を持たない、極めて新しい創作的口伝に過ぎないといえる[6]。当時の世相として、史料的裏付けはないものの、厳密な論文でない限りの範囲においては創作が許容される風潮があったと考えられる[31]。その後、同像は1972年に発行された『徳川美術館名品図録』にて作品名称が『徳川家康三方ヶ原戦役画像』として定まり[32]、「浜松城に逃げ帰った家康が、この敗戦を肝に銘ずるためその姿を描かせ、慢心の自戒として生涯座右を離さなかったと伝えられる」と解説され[33]、この時点までに、同像は義直ではなく家康本人が描かせたことになり、生涯座右を離さなかったとする情報も加えられ、現在広く知られる逸話が完成したとみられる[32][注釈 11]

元来は礼拝像

『三方ヶ原戦役画像』の元来の性格については、藤本正行松島仁の各論が、研究の観点は異なるもののいずれも礼拝像であるという点に落ち着いており、原史彦もそれらに沿う形で論を整理・展開している[32]。同像の元内箱に「神君御影」と金泥書されていることと、「御清御長持」に入れられ保管されてきたことからして、江戸時代当時の尾張家では聖聡院が持参して以降、また遡って彼女が同家に嫁ぐ以前、紀州家にても同像が家康の肖像と認識されていたことが推測される[32]。江戸時代に製作された家康の肖像は、どのような姿にせよ彼の神格化が意図にあることは明らかであり、陣中の武装姿を描いたものであっても特定の合戦に結び付くものではなく、武神として崇敬するための礼拝像として描かれたと見なし得る[20]。その場合、藤本が指摘する「超古典的な武装」で描かれても、武神としての礼拝像であれば風俗考証に誤りがあっても問題とならず、むしろ理想像を描くことで神性をより高めることができると解せられる[35]

逸話の広まり

『三方ヶ原戦役画像』の逸話が無根拠ながらも広まった主因は、慢心を戒めて惨めな姿をわざと形に残し、己の行いを真剣に反省して次は成功を収めるという、その賞賛すべき教訓性や人生譚が現代日本人の共感や支持を集めたことにあり[1][36][注釈 12]、徳川美術館による説明の他、テレビドラマや漫画、学術書、経済誌などにも取り上げられて紹介された結果、80年近くにわたり人口に膾炙するに至った[2][36]。これについて千田嘉博は、家康が「様々な困難に耐えて耐えて最後に天下人になったという後世のイメージが投影されたものだと思われ」ると評している[2][注釈 13]。今後は、徳川美術館が同像についての公式見解を変更することが課題となるが[36][注釈 14]、原は広く定着した逸話を修正するのは困難であるとの見解を示している[36]

なお、原による調査が発表される前の2007年(平成19年)には、岡崎市徳川恒孝徳川宗家第18代当主)より寄贈された、『三方ヶ原戦役画像』中の家康を表した石像を同市内の岡崎公園に設置しており[44]、2015年2月には、浜松市が徳川家康公顕彰四百年記念事業の一環として約250万円をかけて『三方ヶ原戦役画像』の等身大立体像を製作し、浜松市博物館にて公開している[45][46][注釈 15]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 後述の通り、同像を三方ヶ原の戦いに関連付けられる史料的根拠は存在しないが[1]、本記事では便宜上『三方ヶ原戦役画像』と呼ぶこととする。
  2. ^ a b 聖聡院の名は従姫(よりひめ)で[2]徳川宗将の五女。夫の治行が宗睦に先立ち死去したために藩主正室にはならず、1804年文化元年)に48歳で尾張にて死去する[5]
  3. ^ a b 1880年明治13年)7月に作成された『御器物目録』上では「画工不詳」と記されたそばに「狩野」と朱書が入っており[11]、1936年には狩野探幽の作であるとして各新聞に紹介されている[12]
  4. ^ 藤本は、戦場で実際に甲冑を着用した者が絶えた江戸時代中期より、身分の高さの表現として古風・立派で現実離れした絵空事の武装を描写した肖像が盛んに製作されたことを指摘している[13]
  5. ^ 松島は、江戸狩野派による、家康の生涯を描いた『東照宮縁起絵巻』が、『聖徳太子絵伝』や『多武峰縁起絵巻』など過去の絵巻物から引用した図様を用いることで、それらから王法仏法相依論をはじめとする政治的思想や王権にまつわる物語軸を吸収・包摂し、東照大権現(徳川家康)による近世徳川日本の創建神話へ組み替えていくことを意図したと推論している[14]
  6. ^ 『披沙揀金』(ひさかんきん)は、林述斎1836年天保7年)から1837年(天保8年)に編纂した家康の言行録である[16][17]
  7. ^ 元外箱上面にも「家康公長篠戦役小具足着用之像」と書かれた貼紙が残っている[11]
  8. ^ 1813年(文化10年)に尾張藩の重臣・鈴木丹後守より献上され、「御清御長持」へ加えられた家康の肖像が、現在「徳川家康長久手陣中画像」(徳川美術館所蔵)と称されているのも、この時期に同様の理由で命名されたものと考えられる[11]
  9. ^ 長篠の戦いは織田・徳川連合軍が武田軍に大勝して終わっており、家康にとっては敗戦ではないが、記事の書かれた当時はまだ歴史認識が普及していなかったことを窺わせる[23]
  10. ^ 座談会席上の徳川は、同像について次のように語っている[29]
    「家康公が戦つたうちで一番痛い目に遇つたのは三方ケ原の合戦でありました。元亀三年三月甲斐の武田信玄との戦ひでありましたが、この時家康公は戦ひに破れて散々な目に遇つて今にも戦死しさうになつたことがあります。その時の敗戦の記念だといふので、まるで痩衰へて、とてもひどい顔をしている御画像が遺つております。それは敗戦記念として子孫への戒めのために残したものだと思ひますが、よほど面白いものであります。……」[30]
  11. ^ 同像は、1962年(昭和37年)に発行された図録『徳川美術館』では『徳川家康三方ヶ原戦役小具足着用像』の名称で紹介されており、画像の由緒についても別巻の解説では「尾州家(尾張家)先祖伝来」と触れられるのみで、前述の情報は記載されていない[34]
  12. ^ 具体的には、同逸話における家康と自身とを重ね合わせる者が多いサラリーマン層からの人気が高いとされ[37]2010年(平成22年)より同像をあしらった衣料品や食品などを扱う協同組合・浜松卸商センターの代表は「しかみ像に、逆境から立ち上がるエネルギーを感じ取る人が多いのではないか」とコメントしている[37]
  13. ^ 昭和30年代には、山岡荘八の長編小説『徳川家康』にて描かれた家康の合理主義や経国の理念といった処世哲学が、同時期の経営学ブームに触れていた経営者やサラリーマンを中心に幅広い読者から注目・支持され、同書が戦後最大のベストセラーとなって「家康ブーム」を引き起こしており[38]、同時に家康に対してもそれまで根強かった「狸親父」から「建設者」へとイメージの転換が進み、高く評価されるようになっていった[39]
  14. ^ 『三方ヶ原戦役画像』以外にも、同館の所蔵品には史料的根拠を確認できない伝承が定着したものがいくつかある[40]。例えば「千鳥」という銘のある青磁香炉[41]豊臣秀吉の所用(伏見城の秀吉の寝所に侵入した石川五右衛門が、香炉の摘みの千鳥に鳴かれて捕縛・処刑されたという伝来を持つ)とする見解は考証に堪えず[40]、家康所用と伝わる熊毛植黒糸威具足[42]についても、同具足を着用した家康を見た秀吉が形容して言ったとする「関東の牛」[43]もその記録的裏付けはなく[31]、前述の当時許容された風潮により生み出された、具足の外観の印象に基づく標語であると推測される[36]
  15. ^ 原の調査発表後、同館は同像の扱いについて「(徳川)美術館の対応を踏まえて考えたい」と話している[45]

出典

  1. ^ a b c d e 原 2016, p. 2.
  2. ^ a b c d e 岡本 2015.
  3. ^ 原 2016, p. 1.
  4. ^ a b 徳川家康三方ヶ原戦役画像 - 文化遺産オンライン(文化庁)、2016年8月17日閲覧。
  5. ^ a b c d e 原 2016, p. 9.
  6. ^ a b 原 2016, p. 15–16.
  7. ^ a b c d e f 藤本 1984, p. 208.
  8. ^ a b c 松島 2011, p. 81.
  9. ^ 原 2016, pp. 18–19.
  10. ^ a b c d e f g h i 原 2016, p. 3.
  11. ^ a b c d 原 2016, p. 10.
  12. ^ a b c 原 2016, p. 12–13.
  13. ^ 藤本 2000, pp. 257–258.
  14. ^ 原 2016, pp. 16–17.
  15. ^ 松島 2011, p. 79.
  16. ^ a b 原 2016, p. 6.
  17. ^ 国立公文書館 2009.
  18. ^ 原 2016, pp. 6–7.
  19. ^ 原 2016, p. 7.
  20. ^ a b 原 2016, p. 18.
  21. ^ a b 原 2016, p. 8.
  22. ^ 原 2016, pp. 10–11.
  23. ^ a b c d 原 2016, p. 11.
  24. ^ 著者不明 1910, p. 311.
  25. ^ 原 2016, p. 11–12.
  26. ^ 新愛知 1936a, p. 5.
  27. ^ 原 2016, p. 13.
  28. ^ 大阪毎日新聞 1936.
  29. ^ a b 原 2016, p. 13–15.
  30. ^ a b 新愛知 1936b, p. 2.
  31. ^ a b 原 2016, p. 19–20.
  32. ^ a b c d 原 2016, p. 16.
  33. ^ 徳川美術館・徳川黎明会 1972, p. 201.
  34. ^ 徳川美術館図録刊行会 1962.
  35. ^ 原 2016, p. 17.
  36. ^ a b c d e 原 2016, p. 20.
  37. ^ a b 朝日新聞 2012.
  38. ^ 清原 1983, p. 419–420.
  39. ^ 清原 1981, p. 477.
  40. ^ a b 原 2016, p. 19.
  41. ^ 青磁香炉 銘 千鳥 - 文化遺産オンライン(文化庁)、2016年8月17日閲覧。
  42. ^ 熊毛植黒糸威具足 - 文化遺産オンライン(文化庁)、2016年8月17日閲覧。
  43. ^ 徳川美術館・徳川黎明会 1972, p. 235.
  44. ^ 東海愛知新聞 2007.
  45. ^ a b 大島 2016.
  46. ^ 静岡新聞 2015.

参考文献など

書籍
  • 『徳川美術館』徳川美術館図録刊行会、東京中日新聞出版部、1962年9月30日。
  • 『徳川美術館名品図録』徳川美術館・徳川黎明会、徳川美術館、1972年4月29日、改訂版。
  • 清原, 康正「評伝・山岡荘八1 壮年の文学『徳川家康』」『山岡荘八全集1 徳川家康1』講談社、1981年2月26日、477-480頁。
  • 清原, 康正「評伝・山岡荘八33 家康ブーム」『山岡荘八全集22 新太平記3』講談社、1983年10月26日、417-420頁。ISBN 4-06-129182-3
  • 藤本, 正行『鎧をまとう人びと 合戦・甲冑・絵画の手びき』吉川弘文館、2000年3月10日。ISBN 978-4-642-07762-0
  • 松島, 仁『徳川将軍権力と狩野派絵画 徳川王権の樹立と王朝絵画の創生』ブリュッケ、2011年2月10日。ISBN 978-4-434-15331-0
新聞記事
雑誌記事
  • 著者不明「雑録」『国華』第240号、国華社、1910年5月1日、 311-312頁。
  • 藤本, 正行「三方原敗戦の徳川家康像は家康が描かせたものではない」『歴史読本スペシャル 特集 間違いだらけの「歴史常識」』、新人物往来社、1984年2月13日、 208頁。
    『別冊歴史読本16号 間違いだらけの歴史常識』、新人物往来社、2008年8月14日、 145頁に再収録。
  • 原, 史彦「徳川家康三方ヶ原戦役画像の謎」 (pdf) 『金鯱叢書』第43輯、公益財団法人徳川黎明会、2016年3月30日、 1-21頁、 ISSN 2188-75942016年8月17日閲覧。
    原が、2015年8月18日に徳川美術館で実施した夏期講座「徳川家康」中にて「徳川家康の肖像–三方ヶ原戦役画像の謎–」として口頭発表した内容を論文化したもの。
ウェブサイト

関連項目