徳一

徳一(とくいつ、天平宝字4年(760年)? - 承和2年(835年)?)は、奈良時代から平安時代前期にかけての法相宗。父は藤原仲麻呂で、徳一はその十一男と伝えられている。徳溢、得一ともかく。生没年には諸説あり、「南都高僧伝」では天平勝宝元年(749年)出生、天長元年7月21日824年8月23日)没とされている。

初め東大寺修円らに法相を学んだとされ、20歳頃に東国へ下った。815年弘仁5年)空海から密教経典などの書写・布教を依頼されるが、これに対して真言密教への疑義を記した「真言宗未決文」を空海に送っている。また、天台教学に対しては「仏性抄」を皮切りに批判を加え、817年ごろから最澄との間に三一権実諍論(さんいちごんじつそうろん)を展開した。この間、陸奥国会津恵日寺常陸国筑波山中禅寺など東国に多くの寺院を建立したという。