子育て

母と子

子育て(こそだて)とは、を育てることである[1]。幅広い分類群の動物が行うが、人間の場合、子育ては親や教師や地域社会などが行っている。以下特に断りが無ければ人間の子育てについて解説する。

概説

類義語

「子育て」が様々な年齢の子供の養育全般を指すのに対して、「育児」という場合、出生直後から幼児期まで(乳幼児)の養育を指す[2]。(育児については「育児」の項を参照のこと)。

人間以外

動物にも子育てを行うものがあり、生物学ではそれを扱っている。進化生物学における子育ては親の投資を、ヒト以外の動物の子育てについては動物の子育てを参照のこと。

子育てのタイプ

日本の高度成長期においてはスパルタ教育が良いとする本が何冊も出版されていた[3] 。近年では美しい言葉を使った「誉め育て」など、子供の自信や自主性を重視した子育てを推す書籍が数的に多い。

高度成長期に日本の男性の大半が企業や各種組織にほとんどの時間拘束されてしまい育児にほとんど参加しなかったことの影響への反省から、近年では父親参加型の子育てが各家庭・地域単位で進められている。また、子供の全人格的な成長には両親(や祖父母)だけの関与では不十分であることも多いとの認識も広がり「地域ぐるみの子育て」が行われるようになってきており、地域の祭りスポーツイベント、あるいはバーベキューなどのアウトドア活動等の場を活用し、成果を上げている。[要出典]

異文化間での子育て

近年、国際結婚が増加する中、異文化環境の下での子育ても目立っている。それらの子供達は、多言語習得の機会がある他に、成長過程に於いて異文化教育が家庭内で自然に行われる。しかし、子供に多言語習得をさせるためには環境が重要であり、親子双方の強い意思とエネルギーが必要となる。

子育てと喜び

一般に、子育ては大きな喜びである。また、子育ての成果である子供の成長ぶりを見る充実感は何にもかえがたいと感じている人も多く、中には子育てこそが自分の最大の生きがい、この世に生まれてきた意味なのだ、とまで感じている人もいる[要出典]

子育てをめぐる問題

戦後の日本の核家族化が原因で、しつけ家庭教育に問題が生じていることがよく論議にあげられる。 2世代、3世代が大家族で暮らしていたころは、育児のノウハウもごく自然に同じ屋根の下で引き継がれていたが、近年の核家族化により家族は分断され、子育てのスキルを容易に獲得できず不安になる親の姿が見られ、それに応える形で、子供の養育・しつけ・家族学校の関係、受験などのテーマを親子の関係に焦点をあてながら論じるマニュアル本や雑誌が、数多く出版されている。

子育てのストレス等から、親が子供を虐待してしまうケースもある。また、"しつけ"の行き過ぎから同様のケースになる場合もある。

日本では、戦後あるいは高度成長期に経済優先の風潮になるとともに学歴社会化した中で、子供の教育については、全人格的な教育や子供本人の希望や生きる喜びという観点が脱落しがちになり、物質主義的な視点から、収入に直結したり大組織に採用されやすい学歴をつけさせることにばかり関心を持つ人が増えるという事態も起きた。「子育て」というテーマについて反射的に「子育てにかけるコスト」「投資」「回収」などといったビジネスライクな言葉を結びつける人が増大し、そのような表現を自分の親から面と向かって聞かされる子供らの中には、親の愛情に対する根本的な不信感が芽生え、陰に陽に悪影響が出ている事例も多い[要出典]

子育てと親の成長

人は青年期になるころには、自身がかつて乳幼児であったというということを次第に忘れてゆく。あるいは心理的にはそれを認めるのを避けるようになる。だが、子育てをする中で、自分の子供のお乳、の世話などをすることで、自分のかつての姿を素直に理解できるようになる。

子供が幼稚園児・小・中学生へと成長する過程で粗相や失敗をする毎に、親として関係者や先生に対して謝罪する場面も多い。人は、自分自身の失敗だけでなく、自分以外の存在の分まで自分のこととして引き受けて謝罪することにより、幼い思考形態から大人の思考形態へと変わるきっかけをつかむことも多々あり、意識が小さな自我から、大きな社会的なものへと広がってゆく例は多い。

子供を育てることによって初めて自分の親のかつての気持ちが理解できるようになることは多い。また、子育てをすることによって、自分が、自分の親を、親としての役割からしか見ようとせず、人間的な様々な面を受容しようとしていなかったことに気づく人も多い。つまり、親も、親ではあっても、それ以前にひとりの人間だったのだ、ということに気づき、それによって自身の成長へとつなげる人もいる。

子育てをめぐる蔵言・慣用句等

  • 「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」(バーナード・ショーの言葉)
  • 「親は無くとも子は育つ」

出典

  1. ^ 広辞苑「【子育て】子を育てること。育児
  2. ^ 広辞苑「【育児】乳幼児を育てること」
  3. ^ 石原慎太郎『スパルタ教育』光文社カッパブックス 1969年など)


関連項目

関連書籍

  • 明橋大二著『子育てハッピーアドバイス』1万年堂出版 2005年12月 ISBN 4925253212
  • 明橋大二著『子育てハッピーアドバイス2』1万年堂出版 2006年4月 ISBN 4925253220
  • 小出まみ著『地域から生まれる支えあいの子育て―ふらっと子連れでDrop‐in!』ひとなる書房 1999年12月 ISBN 4894640376
  • 石井憲雄著『新米パパは育休さん ~仕事と育児の両立をめざして~』産経新聞出版 2006年4月 ISBN 4902970295
  • 香山リカ著『<雅子さま>はあなたと一緒に泣いている』筑摩書房 2005年7月 ISBN 4480816445
  • イリサ・P・ベイネイデック『離婚しても子どもを幸せにする方法』日本評論社 1999年11月 ISBN 4535561443