名鉄850系電車

名古屋鉄道 850系「鯰(なまず)」(1988年)

名鉄850系電車(めいてつ850けいでんしゃ)は、1937年(昭和12年)に登場した名古屋鉄道(名鉄)の元特急形車両。名鉄の1500V区間用吊り掛け駆動車両のうち、自動進段制御器を搭載するAL車に属する。2両編成2本が在籍し、「鯰(なまず)」の愛称で親しまれた。

概要

誕生に至る経緯

愛知電気鉄道(愛電)と名岐鉄道(名岐)の合併により1935年に名古屋鉄道が誕生したが、合併に至る経緯等から旧愛電系社員と旧名岐系社員の関係は決して円満なものではなかった。その融和を図り、統一した事業を行うことで社員精神の垣根を払う意味合いを込めて、1937年に旧愛電区間の豊橋線(通称東部線)と旧名岐区間の名岐線(通称西部線)にそれぞれ、当時流行していた流線型の正面形状を持つ新型車両が投入された。このうち西部線向けに新製されたのが本系列(モ850形-ク2350形)であり、東部線向けに新製されたのが3400系である。

但し、完全新規設計による流麗な外観が特徴であった3400系に対し、本系列は旧名岐の主力形式であった800系の基本設計を大きく変更することなく製造され、その正面形状も当時日本車輌で製造されていた気動車に例が見られる類型的なものであった。このことや前述合併当時の確執もあってか「旧愛電の東部線向けに3400系を新製するということで、旧名岐の西部線にも流線型車両をと、既に発注済のモ800形増備車を急遽設計変更して登場したのが本系列である」という噂話が関係者間でもまことしやかに語られていたという[1]

車両概要

前述のように800系を基本として製造された本系列は、正面形状が流線型とされたことで側面窓配置が変更された[2]ことや、電動車・制御車ともに当初から片運転台車として登場したことの他は概ね800系に準じた仕様とされており、東洋電機製ES509型制御器やTDK528型主電動機、日車製D16台車といった床下機器についても同一のものを搭載している。車内は800系と同じく固定クロスシート仕様で、車端部はロングシートであった。また、製造当初は正面左右の幕板部にそれぞれ塗装による3本の飾り帯が入れられていた。本系列の「鯰(なまず)」の愛称は、これがの髭のように見えたということに由来する。しかしこの飾り帯は後年塗装工程簡略化により見られなくなった。

運用

800系とともに特急・急行運用を中心に使用された。なお、800系と同じく本系列を使用する列車も押切町発着とし、同駅から名古屋市電へ乗り入れて柳橋を発着する列車と接続させていた[3]。その後東部線と西部線を直結する連絡線建設工事が進められ、1941年には先行開業区間として東枇杷島 - 新名古屋(現名鉄名古屋)間が開通したため、本系列も晴れて都心部へ直通運転されるようになった。

連絡線は1944年に東部線のターミナル駅であった神宮前まで全通し、戦後間もない1948年には西部線の架線電圧が1500Vに昇圧され、合併以来の悲願であった東西直通運転が開始された。それに伴い本系列も旧愛電区間でも運用されるようになっている。当初は本線優等列車運用にも数多く充当されていたが、その後の相次ぐ新型車の増備に伴い、普通列車運用やローカル区間での運用に回ることが多くなっていった。

その後の経緯

各種改造等

1940年にク2350形を電装し(ク2351→モ853、ク2352→モ854)モ850形に編入した。この状態で800系ク2300形(初代)等を中間に組み込んで3 - 4連で使用されたが、1942年に2両とも電装解除され、原番に復した。ほぼ同時期には車内がロングシート化され、以後クロスシートが復活することはなかった。1948年の西部線の架線電圧1500V化に伴い本系列も昇圧改造を施工し、1952年頃には中間にモ800形(807・808)[4]を組み込んで3連化された。この3連は割合短期間で終わったが、1965年にはモ830形(831・832)[4]を中間に組み込んで再び3連化されている。但しこれも1969年に2連に戻された。その他、客用扉部のステップ撤去・客用扉交換が1961年に、ワイパーの自動化・室内灯の蛍光灯化・前照灯のシールドビーム2灯化が1974年 - 1976年にかけてそれぞれ施工されている。なお、塗装については本系列はロングシート車であったことから長らくダークグリーン一色塗りであったが、1970年代後半までに2編成ともスカーレットに塗り替えられた[5]

台車は前述のようにモ850形・ク2350形ともにD16型台車を装備していたが、ク2350形は3780系新製に伴う台車振り替えの対象となり、1966年にTR14型台車へ交換された[6]。その後モ850形はD18型に、ク2350形はD16型にそれぞれ再度台車交換が行われ、コロ軸受け化も施工されている。

晩年

他のAL車とともに各種運用に幅広く使用されていたが、6000系の増備と老朽化により1980年にモ852-ク2352が廃車となった。同編成は廃車後南知多ビーチランドで静態保存を兼ねて食堂として利用されていたが、保存場所が海に近かったため車体の傷みが進行し、いつしか撤去され現存しない。残るモ851-ク2351はその後も活躍を続けたが、1980年代後半にJR東海対策として施行されたサービス向上の一環として旧型車両の大量淘汰が実施され[7]、同編成もその例に漏れることなく1988年に運用を離脱、その後廃車解体された。なお、同編成は解体直前に末尾「1」の番号板を2両とも取り外され、それらは3400系3403編成の2両編成化・3401編成への改番に際して転用されている。

脚注

  1. ^ 鉄道ピクトリアル1984年1月号「古くて新しい名鉄流線3400系」より。
  2. ^ 800系片運転台車のd2D10D3に対し、本系列はd2D10D2と全体的に窓一つ分後位側に寄せられた設計となっている。
  3. ^ 名岐鉄道の前身となる名古屋電気鉄道のターミナル駅は柳橋であった。1922年に押切町以西の郡部線(後の犬山線津島線等の総称)を名岐に、柳橋駅を含む市内線を名古屋市交通局(名古屋市電)へそれぞれ移管した後も、同駅へは名岐からの直通列車が運行されていた。しかし当駅は併用軌道路線上に存在していたため、700形・750形といった小型車は当駅へ乗り入れていたものの、全長18mを超える800系や本系列は乗り入れが不可能であった。そのためこのような措置が取られていたのである。
  4. ^ a b 3連化時に中間に組み込まれた車両については正面に幌枠及び貫通幌を新設され、貫通編成を組んでいた。本系列の編成から外れて先頭車として復帰した後も幌枠は撤去されず、これら4両のみの特徴となっていた。
  5. ^ 戦後、クロスシート車については下半分マルーン・上半分ピンク→ライトパープル一色塗り(一部の車両のみ)→クリーム地に赤帯(後に傍系の豊橋鉄道の車両の標準塗装となった)→スカーレット一色塗りと度々塗装変更が行われていたが、本系列を含むロングシート車についてはスカーレットが名鉄車両の標準塗装と定められるまでダークグリーン一色塗りのまま変化はなかった。
  6. ^ ク2350形のD16型を3780系ク2780形に転用し、3780系新製に当たって主要機器を譲り廃車となった旧型車のTR14型をク2350形に転用した。
  7. ^ 同時期、3400系・3650系3850系3900系といった戦前 - 戦後の名鉄を代表するAL車各形式が軒並み大量廃車、もしくは形式消滅している。

関連項目