名鉄3500系電車 (初代)

旧塗装時代の2500形(太田川駅、1977年)

名鉄3500系電車(めいてつ3500けいでんしゃ)は、1942年から1981年まで名古屋鉄道に在籍した電車

概要

車体長18m級2扉の車体を持つ釣り掛け駆動のAL車(間接自動制御車)である。基本形式としては制御電動車であるモ3500形と制御車であるク2500形が存在した。

車体

車体はウィンドウシル・ヘッダー付、1段上昇窓である。3600系に扉を増設した形の3扉車体で登場した。間取りの関係で、のち2扉化の際に中央扉を埋めた部分の窓は幅がやや狭い。また客扉はすべて前位運転台側へ向かって開く。扉・窓配置はモ3500形の場合登場時がd2D4D4D2d、2扉片運転台化後がd2D10D2oとなる(o = 運転台撤去跡。戸袋窓は区別せず表記)。

ク2500形は、3両のみの存在で最後まで3扉ロングシートだったが、後位連結面にトイレ(実際は使用されないまま撤去)があったことがク2550形との相違点である。

内装

製造当初はロングシートで、後年モ3500形とその電装解除車ク2650形が2扉セミクロスシート化された。上記窓寸法の関係で、窓とクロスシートのピッチが微妙にずれていたほか、座席配置自体も前後非対称であった。

台車

標準的なイコライザー式D-16で、晩年にはD-18に変わった。

編成

ク2650形はモ3500形の電装解除車のため形態が揃っていてこれが3本、ほかに3550系のク2550形との組成が1本だけあった。一方で、本来ペアであるはずのモ3500とク2500は、両数や扉数・座席が異なることもあり、在籍当時はほとんど離れ離れであった。

  • モ3500(Mc)-[ク2650(Tc)]
  • モ3500(Mc)-[ク2550(Tc)]
  • [モ800(Mc)]-ク2500(Tc)
  • [モ830(Mc)]-ク2500(Tc)

沿革

モ800形へ編入されたモ3502→モ812(ナゴヤ球場前駅、1988年)

当初は3350系(後の3600系)の西部線用改良型2扉クロスシート車として、10両の製造が1938年の時点で計画されていたが、戦時情勢により1942年に両運転台の3扉ロングシート制御車として3501 - 3507と2501 - 2503が登場した。1949年には同型車だった知多鉄道のクハ950形(木南車輌製)を3両編入の上、全車電装されてモ3500形(元950形は3508 - 3510)となるが、ほどなく3506 - 3510の5両を電装解除の上、本来ならク2500形の追番となるところをク2650形2651 - 2655(3508 - 3510 → 2651 - 2653、3506・3507 → 2654・2655)とし、同時に全車両の片運転台化が行なわれた。この間、1951年にはモ3501が直角カルダン駆動の試験に供されている。モ3500形とク2650形はさらに2扉化、1960年代にセミクロス化され、当初の計画に近い姿となった。また制御器は当初3600系と同じく東芝製の油圧カム軸であったが、のち標準の東洋製電動カム軸に統一された。

1960年にモ3504が踏切事故により全焼、復旧時に3700系と同様の全金属車体に載せ換え、モ3561となった。

1981年にモ3500のうちの3両が再度両運転台化の上モ800形に編入され(3502・3503・3505 → 812 - 814)、それ以外の車両は廃車となった。モ3501とク2501が当初850系と一緒に南知多ビーチランドで保存されていたが、やはりその後撤去され現存しない。登場時の時代背景、後年の諸々の改造など、名鉄AL車の中でもかなり波乱に富んだ車歴をもつ系列であった。