名鉄モ3350形電車 (初代)

名鉄モ3350形電車(めいてつモ3350がたでんしゃ)は、1941年昭和16年)に名古屋鉄道(名鉄)が新製した特急型車両。当初はモ3350形・ク2050形の形式称号が付与されていたが、戦後モ3600形ク2600形と改称された。

本項ではモ3350形を片運転台構造としたモ3650形についても記述する。

概要

18m2扉の車体を持つ吊り掛け駆動・AL車(間接自動制御車)である。新製当初は3350形で戦後に旧愛電3600形(初代3300形の片運転台車)と形式番号を交換したため、在籍期間の大半において次に登場する3500系(初代)より番号の大きい3600系と称されることになった。また設計の段階に遡ると3400系に続く3450系という形番であった。なおク2650形は後述の通り、厳密には3500系(初代)に属する車両である。

車体

車体のみの長さはモ800形より10cm長い17.6m。ウインドシル付、1段上昇窓である。ウインドヘッダーは省略され、新製当初は全車窓上部隅に丸みがついて、優雅なスタイルとなっていた。

3600形は両運転台、3650形は片運転台であったが、後年3600形も片運転台化されている。

国鉄クモハ52形に対するクモハ43形(のち一部クモハ53形)と同様、この3600系は流線型3400系の「合いの子」版であった。ただし扉は幅1100mmで同系列とは逆に2枚とも車端側へ開き、扉間の窓も1つ多い10枚である。

内装

扉間転換クロスシートである。3400系と同様、新製当初のものを最後まで装備していた。扉付近のクロスシートは、車体中央に向けられた固定クロスシートである。ク2650形のみは後年のクロス化なので、座席の形状が異なる(5500系と同型)。

台車

イコライザー式D-16だが、3400系のコロ軸受と異なり一般的な平軸受であった。1978年以降D-18に交換、コロ軸受化された。

編成

3600系は同型のTcと組む4編成、3650系は3500系(初代)由来のク2650形と組成した2編成が在籍していた。なおク2650形の残り3両はモ3500形と組んでいた。

  • モ3600(Mc)-ク2600(Tc)
  • モ3650(Mc)-ク2650(Tc)
  • [モ3500(Mc)]-ク2650(Tc)

沿革

1941年、東西直通運転に備えて登場。端整な外観に加えて当初は油圧カム軸式多段制御器を備え、3400系と並び名鉄の戦前型最高傑作として評価が高い。当時は東部線用ということで旧愛電3300系(初代)に続くモ3350・ク2050という形式であったが、戦後にモ3600・ク2600に改番された。

モ3650形は片運転台であるにもかかわらず、決まった連結相手はなかったが、戦後になってモ3500形(もと知多鉄道クハ950形の電装車3両を含む)の電装解除車が計5両編入され、ク2650形となった。このため、ク2650はウインドシル・ヘッダー付となっており、編成の中で統一されていなかった。

3600系は1955年にモ3601-ク2601~モ3603-ク2603の3編成が複電圧車に改造されて、600V区間であった西尾線蒲郡線との直通列車に使用されたが、1965年に区間の1500V昇圧がなされたのに伴い、複電圧対応の装置類は外された。 また、1963年以降にモ3603-ク2603を除いて高運転台化改造され、窓上隅の丸みも撤去されたためスタイルが乱れてしまったが、モ3650形については最後まで前面窓も木製窓枠のまま残り、ほぼ原型のスタイルを維持していた。

1987年までに全車廃車となった。モ3602-ク2602が愛知こどもの国で休憩所として保存されていたが、状態は良くなく既に撤去され現存しない。

関連項目