吉野鉄道

吉野鉄道(よしのてつどう)とは、現在の近鉄吉野線の前身となった鉄道である。軽便鉄道法制定に伴い軽便鉄道鉄道事業者として吉野軽便鉄道株式会社(よしのけいべんてつどう-)が設立され、1912年大正元年)に国鉄吉野口駅から吉野駅(現・近鉄六田駅)間で開業、1913年(大正2年)に社名変更し吉野鉄道株式会社となった。それ以前にも1899年明治32年)に設立され同地に鉄道施設計画を進めたが止むなく解散に至った同名の「吉野鉄道株式会社」があった。

開業までの経緯

明治後期、日本各地で鉄道が敷設され奈良県でも南和鉄道(現・JR和歌山線)や大阪鉄道(現・JR桜井線)が開業した。吉野郡北部の人々は、山を越えて最寄りの駅まで歩き、それらの鉄道を利用して各地に出かけられるようになったが、その駅まではあまりにも遠かった。そのような背景もあって鉄道を吉野郡内まで敷く計画が立てられることになる。

1899年(明治32年)には、土倉庄三郎ほか19名によって「吉野鉄道株式会社」(本社は御所町、現・御所市。当初の資本金は50万円)が設立され[1]、南和鉄道の葛駅(現・吉野口駅)から北六田(現・六田駅)とを結ぶ鉄道敷設の免許を受け取る[2]。測量、用地買収、資材の注文など鉄道建設の準備は進められていたが、翌年に発生した義和団の乱や、それにともなう経済不況により、資本金の株式払い込みが進まず資金難に陥る。1901年(明治34年)には一部の株主が会社解散を訴えて、株主総会を開くよう要求。この時は、吉野郡長[注釈 1]の長本田登太が郡長名で大阪地方の株主らに解散要求に惑わされないよう、また鉄道建設の速成を要望するビラを送り鉄道完成を申し合わせるように求めた。結果、開かれた株主総会では、会社解散は否定されたが、その後も鉄道建設は遅々として進まず翌1902年(明治35年)11月の株主総会において会社解散が決議され[3]免許は返戻されてしまう[2]

一方で、大淀村(現・大淀町)では森栄蔵を中心として馬車鉄道の計画が進められていた。1910年(明治43年)に軽便鉄道法が公布されると、馬車鉄道から軽便鉄道に変更し会社設立を許可される[4]。これが吉野軽便鉄道の源流となる(発起人は森ら12名。資本金は20万円)。だが、前例の吉野鉄道のこともあって株式の払い込みは進まなかった。これを危惧した吉野郡長、谷原岸松が、材木業組合役員や沿線の首長を説得し、発起人も入れかえ阪本仙次[5](この時は、吉野材木銀行の頭取)を発起人総代に迎えた。また株式の払い込みも郡長以下、郡役所職員の努力もあって増配した資本金30万円の予定を超える。1911年(明治44年)、発起人一同は自信を深め、改めて会社を設立、同年末時点の資本金は52万円にも達した。12年前の土倉らによる吉野鉄道の計画買収用地を利用して鉄道建設が進められた。

当時の列車ダイヤ
吉野口発 吉野着
7:27 8:00
9:43 10:16
10:55 11:28
12:00 12:33
13:56 14:23
15:34 16:08
17:51 18:24
20:13 20:46
吉野発 吉野口着
5:45 6:17
7:40 8:12
9:55 10:27
11:10 11:48
12:40 13:13
14:05 14:36
15:45 16:18
18:03 18:35

吉野軽便鉄道は標高200m前後の地域を走る山岳路線で屈曲する路線やトンネルなど難所が多いものの工事は順調に進み、翌1912年(大正元年)10月15日に完成、国鉄吉野口駅を起点として薬水トンネルを抜け下渕の下市口駅に達し、そこから吉野川北岸を東進して北六田の吉野駅を終着点とする3駅11.6kmの路線が開通した[6][7]

吉野駅は軽便鉄道の駅としては奈良県内第一の規模をもっていた。広い構内、機関車庫、多くの側線、長いプラットホームなど終着駅にふさわしい駅で、現在でも近鉄六田駅構内の車庫などにその名残を認めることができる。国鉄と同じ1,067mmのゲージ狭軌)は木材を積んだ貨車がそのまま国鉄路線に乗り入れできる利点があり、また旅客輸送の面でも吉野山の時期には関西線湊町駅(現・JR難波駅)から「吉野行観桜列車」を仕立てて、湊町 - 王寺 - 高田 - 吉野口 - 吉野という経路で花見客の便を図ることもできた[8]

右表は開通から1915年(大正4年)頃までの列車ダイヤ(8往復)である。本店は最初は大淀村下渕、ついで北六田、その後に上市町(現・吉野町)に移した[8]1913年(大正2年)当時の運賃は吉野 - 下市口間が3等7、2等11銭。吉野 - 吉野口間が3等19銭、2等29銭であった[9]

開通式の椿事

1912年(大正元年)10月25日の開通式の日に事件があった。工事を担当していた労働者のうちの数十人が賃金支払いに関して会社側に不手際があったとして午前6時発の開通列車の前に立ちふさがった。中には線路の前に横臥する者もあり列車が出発できなくなった。下市、上市の両警察署から動員された警官により首謀者3名を検束、午前10時にようやく4時間遅れで開通列車が出発した。翌日の『奈良朝報』には「吉野軽鉄の椿事 数十の工夫開通を妨害す」との見出しが見える。事件は労働者の要求を会社側が受け入れたことにより解決した[10]

スタートで思わぬトラブルがあったが営業はまずまず順調であった。下表は奈良県統計表に見る1918年(大正7年)から1920年(大正9年)の吉野駅の乗客数、収入金額であるが着実に伸びている[11]

吉野駅の乗客数・収入金額
乗降客人数 運賃収入 貨物収入
1918年(大正7年) 288,995人 23,127円 13,094円
1919年(大正8年) 321,336人 26,876円 12,491円
1920年(大正9年) 361,370人 40,592円 18,362円

発展

1913年(大正2年)5月には吉野軽便鉄道から吉野鉄道と名称を改め、次の目標である線路の延長と電化へと進んでいく。

まず取り組んだのは、吉野口駅から高市郡方面に延伸し国鉄桜井線畝傍駅へ直結すること。それと同時に輸送能力を高めるための電化が必要条件として運動し1920年(大正9年)5月20日に免許を取得すると、1923年(大正12年)12月5日に吉野口 - 橿原神宮前[注釈 2][12]1924年(大正13年)11月1日には橿原神宮前 - 畝傍間、あわせて12.8kmが開通した。駅は畝傍駅から小房 - 畝火山 - 橿原神宮前 - 岡寺 - 壺阪山 - 市尾 - - 吉野口 - 薬水 - 福神 - 下市口 - 吉野の順である。岡寺駅に32両収容できる車両基地を設け、貨物輸送のために奈良県下で最初の電気機関車も導入した[13]

電化以前に比べ列車運行は激増、1926年(大正15年)8月の時刻表では1日29往復、吉野 - 畝傍間を1時間足らずで結び運賃は65銭であった[13]

吉野鉄道の次の課題は桜の吉野山までの延伸である。吉野登山電気軌道という会社が1921年(大正10年)に吉野駅のある北六田対岸の六田から吉野山への軌道施設を計画し認可を受けていた[14][15]ものを1924年(大正13年)7月5日に譲り受け[16]、吉野鉄道が1922年(大正11年)4月20日に上市までの敷設免許[17]を受けたのと合わせて、北六田から上市へ延伸し吉野川を渡り吉野山下千本を終点とする4.4kmの路線を敷設することになった。工事が完成し営業を開始したのは1928年昭和3年)3月25日である[18]。これにより吉野鉄道は開業から17年目に終着駅である吉野駅までの全線が開通し28.6kmの鉄道となった。同時に旧・吉野駅は六田駅と改称し大和上市駅吉野神宮駅が設置された。なお1927年(昭和2年)には越部駅1929年(昭和4年)には橘寺駅(現・飛鳥駅)大阿太駅が新設されている[19]

大軌との合併へ

国鉄吉野口駅への接続からスタートした吉野鉄道であったが、橿原方面へ延伸したことにより新たな局面を迎えることとなる。橿原 - 吉野間を直結する吉野鉄道は大阪 - 橿原間の路線を持つ大阪電気軌道大軌)とそのライバル関係にある大阪鉄道大鉄)にとって魅力的な路線であったのだ。

大阪阿部野橋を起点とする大鉄は阿部野橋 - 吉野間の直通列車を走らせることを計画し吉野鉄道と交流を始めた。ゲージが同じ1,067mm(狭軌)の大鉄は吉野鉄道に電車を乗り入れることができる。一方ゲージが1,435mm(標準軌)の大軌は橿原神宮前駅で吉野鉄道と接続するものの相互乗り入れは不可能で直通列車を走らせることはできない。そこで大軌は1928年(昭和3年)10月に橿原 - 吉野間の新線敷設の免許を取得する[20]。大手の大軌が競合線を運行するとなれば吉野鉄道は存続の危機である。吉野鉄道は大軌の傘下に入ることを決定し1929年(昭和4年)8月1日に合併[21]大軌吉野線となった[22]

しかし大軌も大鉄の吉野鉄道への乗り入れは認めたため、大鉄は吉野鉄道と接続し合併直前の1929年(昭和4年)4月に接続地点(現在の近鉄橿原神宮前駅の地点)に共同使用駅として久米寺駅が設置された。合併した大軌も自社の橿原神宮前駅から久米寺駅まで路線延長したため橿原神宮前 - 久米寺間は狭軌と標準軌の両方が走行できる珍しい三線軌条となった[23]

桜の時期ともなると両社は宣伝合戦を繰り広げたという。1930年(昭和5年)の時刻表で見ると大軌は上本町 - 久米寺間56分、久米寺 - 吉野間54分で計110分。大鉄は阿部野橋 - 吉野間117分、こちらは乗り換えなしなのでほぼ互角である。この合戦は1943年(昭和18年)に両社が合併するまで続いた[23]

輸送・収支実績

年度 輸送人員(人) 貨物量(トン) 営業収入(円) 営業費(円) 営業益金(円) その他益金(円) その他損金(円) 支払利子(円) 政府補助金(円)
1912 196,272 16,119 37,915 20,489 17,426 7,190
1913 345,626 31,937 70,057 36,004 34,053 16,006
1914 262,679 33,047 60,000 42,549 17,451 19,664 19,518
1915 281,679 32,159 62,049 37,043 25,006 21,388 10,363
1916 351,164 52,762 80,659 33,381 47,278 13,713 526
1917 414,008 63,471 97,404 47,523 49,881 11,054
1918 485,450 72,166 132,783 67,737 65,046 雑損金824 11,102
1919 550,881 70,476 151,067 97,618 53,449 11,001
1920 642,857 72,178 214,463 134,935 79,528 雑損金958運送部損金1,164 11,021
1921 694,949 70,795 250,512 123,611 126,901
1922 762,075 85,026 289,001 146,641 142,360
1923 741,983 76,432 294,242 184,231 110,011 準備金繰入85,500 2,516 9,770
1924 1,477,633 66,268 434,079 248,401 185,678 940 59,629
1925 1,693,067 62,854 465,548 208,077 257,471 103,208
1926 1,803,432 73,382 485,942 206,005 279,937 108,811
1927 1,881,058 80,105 513,367 195,698 317,669 額面超過金25,355 兼業5,753 97,246
1928 2,121,382 88,435 610,346 236,963 373,383 運送業2,102雑損6,713 123,826
1929 1,888,691 94,590 569,812 271,777 298,035 土地自動車業40,804 131,483
  • 鉄道院年報、鉄道院鉄道統計資料、鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料、鉄道統計各年度版

車両

車両数の変遷

年度 機関車 電車 客車 貨車
蒸気 電気 有蓋 無蓋
1912 3 12 10 24
1913 3 12 10 44
1914-1917 6 17 10 32
1918-1919 6 19 10 42
1920-1923 6 22 10 52
1924 3 1 8 8 10 52
1925-1928 3 3 8 8 10 52
  • 鉄道院年報、鉄道院鉄道統計資料、鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料各年度版

注釈

  1. ^ 1878年から1926年まで郡には郡役所があった。詳しくは「郡#日本の郡」を参照。
  2. ^ この当時の橿原神宮前駅は現在の橿原神宮前駅より北西方向にあった。「橿原神宮前駅#歴史」も参照。

参照元

  1. ^ 『日本全国諸会社役員録. 明治34年』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  2. ^ a b 『鉄道局年報. 明治35年度』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  3. ^ 「会社解散」『官報』1902年11月22日(国立国会図書館デジタル化資料)
  4. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1910年9月14日(国立国会図書館デジタル化資料)
  5. ^ 『人事興信録. 3版(明44.4刊)』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  6. ^ 松藤2004年 p.64
  7. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1912年11月1日(国立国会図書館デジタル化資料)
  8. ^ a b 松藤2004年 p.66
  9. ^ 松藤2004年 p.68
  10. ^ 松藤2004年 pp.68 f
  11. ^ 松藤2004年 p.69
  12. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1923年12月14日(国立国会図書館デジタル化資料)
  13. ^ a b 松藤2004年 p.72
  14. ^ 松藤2004年 pp.77-80
  15. ^ 「軌道特許状下付」『官報』1921年7月26日(国立国会図書館デジタル化資料)
  16. ^ 「軌道敷設権移転」『官報』1924年7月10日(国立国会図書館デジタル化資料)
  17. ^ 「地方鉄道免許状下付」『官報』1922年4月21日(国立国会図書館デジタル化資料)
  18. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年3月30日(国立国会図書館デジタル化資料)
  19. ^ 松藤2004年 pp.73 f
  20. ^ 10月31日免許「鉄道免許状下付」『官報』1928年11月2日(国立国会図書館デジタル化資料)
  21. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  22. ^ 松藤2004年 pp.74 f
  23. ^ a b 松藤2004年 p.75

参考文献

  • 『吉野町史』上下巻(昭和47年刊)
  • 松藤貞人『奈良県の軽便鉄道 - 走りつづけた小さな主役たち(増補版)』やまと崑崙企画(発売・星雲社) 2003年10月12日初版(2004年10月12日増補版) ISBN 4-434-05028-1

関連項目

外部リンク