吉川弘文館

吉川弘文館(よしかわこうぶんかん)は日本史関連を主軸とした老舗の出版社である。1857年(安政4年)に吉川半七により設立、1949年(昭和24年)に株式会社に改めた。現在の社長前田求恭で6代目である。

明治時代に日本最初の日本史辞典とされている『国史大辞典(明治版)』を刊行したのをはじめとして、『国史大系』、『現代語訳 吾妻鏡』全16巻、『日本随筆大系』、『古事類苑』等々、多数の史料集の新版や復刻版を刊行している。

古代史から近現代史までに加え、人物伝記研究、文化史美術史考古学民俗学宗教史、国語・国文学等の著作研究を多数刊行している。「日本歴史叢書」や、選書版の「歴史文化ライブラリー」、再刊版の「歴史文化セレクション」、学術伝記シリーズの「人物叢書」などがあり、大半の日本史(国史)関連の学者はここで著書・編著を刊行している。

国史大辞典(昭和版)』等の辞典事典、年表資料類や、久米邦武坂本太郎大久保利謙桜井徳太郎等の「著作集」を刊行している。世界史関連も少数だが、数十冊出している。

所在地

外部リンク