京極派

京極派(きょうごくは)は、中世における和歌の流派の一つ。

藤原北家に属し、歌人として有名な藤原定家の孫京極為教とその子為兼に始まる。為教の兄二条為氏に始まる二条派、弟冷泉為相に始まる冷泉派と対立。大覚寺統(のちの南朝)に拠った伝統的な二条派に対し、持明院統(のちの北朝)側に立つ為兼は斬新な歌風であり、勅撰和歌集の撰者の地位などを互いに激しく争った。実感を尊び繊細な感覚的表現による歌は鎌倉時代末期の沈滞していた当時の歌壇に新鮮味を与えた。為兼以後有力な後継者がなく衰退した。