上野不忍池競馬

歌川国利 東京名所之内 不忍競馬之図 1890年(明治23年)
楊洲周延 上野不忍大競馬 1884年(明治17年) 明治天皇が競馬を観覧されている。
歌川国利 上野不忍池競馬の図 騎手が着る馬主服(勝負服)は馬主ごとに色・デザインが決められ、騎手の服を見ればその馬が誰の所有かわかる。
Meiji banusifuku ichirei.png

上野不忍池競馬(うえのしのばずのいけけいば)は1884年明治17年)から1892年(明治25年)まで東京上野不忍池で行われていた競馬共同競馬会社主催で、文字通り不忍池を周回するコースで行われていた。馬券は発売されずギャンブルとしての開催ではなく、屋外の鹿鳴館ともいうべき祭典で明治天皇をはじめ華族、政府高官や財界人を含む多くの観衆を集め華やかに開催された。

共同競馬会社による不忍池競馬

1879年(明治12年)に設立された共同競馬会社は同年11月現在の東京都新宿区大久保3丁目(早稲田大学理工学部キャンパスや保善高校戸山公園西側あたり)にあった戸山学校競馬場[† 1]で第一回競馬を開催し以来春・秋に競馬を開催したが(戸山競馬)明治のこの当時の戸山は僻地で交通が不便だったため(21世紀では考えにくいが)1884年、上野不忍池の池畔を整備して馬場を設け競馬を行った[2]

共同競馬会社は幹事に松方正義蜂須賀茂韶。議員に野津道貫保科正敬鍋島直大田中光顕石井邦猷小沢武雄西寛二郎黒川通軌楠本正隆など、旧大名、明治の元勲、政治家、高級将校などが名を連ねる会社であり[3]、馬主にも旧大名たちや伊藤博文西郷従道岩崎弥之助をはじめ名士が名を連ねていた[4]。1884年当時の競走馬は大半は在来の日本馬で雑種馬も少数いたが、純粋なサラブレッドなどの西洋馬は見つけることが出来ない[5]。馬主には外国人も多く含まれ、馬の名も山王、初音などの和名、カタフェルドなどの洋風名のそれぞれがあった[4]

不忍池競馬の第一回開催は1884年(明治17年)11月1日。明治天皇をお迎えし、明治天皇は築場記念として金5,000円を賜う[6]。不忍池には舟を浮かべ満艦飾で飾り立て、花火を打ち上げ、パラシュートを付けた人形なども打ち上げた。右の浮世絵で上空に見える人形などがそれである。コースは不忍池を左回りで回り長さ880間(1,600メートル)[† 2]コース幅12間(21.8メートル)。馬見所(スタンド)が設けられ2階中央は天皇の玉座、1階や2階左右では高官たちなどが観覧し、コースの外柵際で一般人もまじかにレースを観戦することが出来た[8]。記念すべき第一回目のレースは日本馬のレースで17頭立て距離は1000メートルで賞金は総額1000円、勝ち馬はヒューゴ所有のムーン号時間は1分23秒で1着賞金700円を得る、以降のレースは日本馬のレース、雑種馬のレースが混在し距離もさまざまで800メートルから2000メートル、賞金は100円から500円。一日に8レースが行われ3日間開催された[9]

不忍池競馬は春場所・秋場所の定期開催(一場所三日間開催)のほかに1890年(明治23年)第三回内国勧業博覧会の際に臨時開催もされ、それぞれに非常な人気を集め、社交の場にもなり、当時の外相井上馨が主導する欧化政策を象徴する一大イベントでもあった。明治天皇も1884年ばかりでなくその後も御幸され計8回不忍池競馬を楽しまれた[8]

しかし共同競馬会社は馬券を売ることはできず収入は会費、入場料、天皇からの下賜金、宮内省、農商務省、陸軍省からの支援に頼っていたが赤字であり1886年(明治19年)からは一場所二日の開催になり賞金額も減っていった[9]。経営難のため1892年(明治25年)の秋場所を最後に共同競馬会社による上野不忍池競馬開催は終了する[8]

関八州競馬大会

その後、上野不忍池で競馬が開催されることはしばらくなかったが、日露戦争を機に政府方針が変更され馬券発売が許されるという噂が流れ、1906年(明治39年)4月、関八州地区主催で関八州競馬大会が開催された。三日間の興行だったが一人50銭の入場料を払った観客が押し寄せ満場の人出となり露店も店を連ね、金をかけるものも多く(この競馬開催時点では馬券は公認されていないので闇の賭事である)盛況を極めたが、不忍池で競馬が開催されたのはこの関八州競馬大会が最後で、以降再び上野で競馬が開催されることはなかった[10][11]

研究

上野不忍池競馬を含めて明治鹿鳴館時代の日本の競馬やそれに関する文化的側面については富山大学教授の立川健治が精緻に研究を行っている。立川は多くの論文のほかに鹿鳴館時代の日本の競馬について詳しい書籍『文明開化に馬券は舞う-日本競馬の誕生』を出版している[12]。また日本中央競馬会発行の『日本の競馬史』第2巻も参考になる[13]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 戸山学校競馬場は1879年7月来日したアメリカ・グラント前大統領の歓待の行事の一つである競馬観覧に供するために陸軍戸山学校敷地内に作られた競馬場である[1]
  2. ^ 必ずしも一周1600メートルの競走ではなく、第一回二日目の婦人財嚢競争では650メートルの距離で競争が行われた。[7]

出典

【目次へ移動する】

参考文献

  • 立川 健治『文明開化に馬券は舞うー日本競馬の誕生ー』 競馬の社会史叢書(1)、世織書房、2008年。
  • 立川 健治「日本の競馬観(2)鹿鳴館時代」『富山大学人文学部紀要』 24巻2号、富山大学人文学部、1991年、 69-114頁。
  • 立川 健治「日本の競馬観(3)鹿鳴館時代(続)」『富山大学人文学部紀要』 25巻1号、富山大学人文学部、1992年、 17-54頁。
  • 立川 健治「鹿鳴館時代の競馬ー明治12-25年 資料編」『富山大学人文学部紀要』 22号、富山大学人文学部、1995年、 63-105頁。
  • 日本中央競馬会『日本の競馬史』第2巻、日本中央競馬会、1967年。
  • 日高 嘉継『浮世絵 明治の競馬』、小学館、1998年。
  • 早坂 昇治『競馬異外史』、中央競馬ピーアール・センター、1987年。