ピュー

ピュー(中国語表記:)とは、ビルマ(現ミャンマー)の王国。1世紀頃から9世紀まで、エーヤワディー川中流域に栄えた。 ピューはピュー人(自称:トゥリチュル)の建てた国で、雑穀や綿の栽培を行い、中国など周辺諸国と交易した。 やがて、9世紀には雲南地方にあった南詔に滅ぼされた。[1] プローム地方のシュリークシェートラ遺跡が著名である。

関連項目

  • ^ 山川世界史用語集