バヤズィト2世

バヤズィト2世
ファイル:II Bayezid.jpg
バヤズィト2世
バヤズィト2世

バヤズィト2世1447年1512年5月26日)は、オスマン帝国の第8代皇帝。第7代皇帝・メフメト2世の子(在位:1481年-1512年)。

略歴

1447年誕生。皇帝即位前は、アマスィヤの太守を務めていた。1481年、父メフメト2世イタリア遠征途上で陣没すると、弟のジェムと帝位をめぐって争い、これに勝利。正式に、父の後を継いで皇帝として即位した。

即位後は父のように西洋のような異教徒の文明を導入することを嫌って、これを取りやめ、ペルシャ風の洗練された独自の文化によるイスラム系の大学の創設や寺院の建立を進めた。父の代まではビザンチン文化の影響を残していたイスタンブルの宮殿内や官僚たちの間に、バヤズィト2世の治政下でイスラム文化、ペルシャ文化の影響が強くなっていった。

聖ヨハネ騎士団の手引きで生き延びたジェムが、ロードス島を始めとしてヨーロッパに13年間にわたって留まり人質として利用されたこと、および父の代の精力的な領土拡大による国家財政の疲弊から、バヤズィト2世の治世では戦争は先代に比べると大幅に減り、父の時代に拡大した領土の基盤固めが主な施策となった。その間に海軍力の増強を進め、当時勢力を伸ばしていたヴェネツィアに対抗する戦力を蓄え、大航海時代に入っていたヨーロッパ各国との対抗、協同の基盤を備えた。また積極的に諸国の人材を迎え入れ、レコンキスタ後の混乱で国を追われたユダヤ教徒の一部もイスタンブルに逃れ、技術者として受け入れられた。陸上の戦力においても近代化が進められ、後の時代にシリア、エジプトまでを征服する基礎となった。

バヤズィト2世は「聖者(ヴェリー)」と呼ばれるほど信心深い敬虔なムスリムであり、福祉事業にも熱心で、他宗教にも寛容であった。しかし、優柔不断な性格から政治家としては三流で、臣下からの人望も乏しかった。このため、「イランサファヴィー朝から干渉を受けて、国内に混乱が広がった」と言われている。そして、このような父の統治に不満を持った息子・セリム1世(冷酷王)により、1512年に帝位を廃されて幽閉されてしまった。そして、同年のうちに死去している。

死因は「失意からの病死」と言われているが、セリム1世がバヤズィト2世廃位と同時に多くの反抗的な親族を殺害していることから、「セリム1世に毒殺されたのではないか」と言う説もある。

年表

関連項目

先代:
メフメト2世
オスマン帝国の皇帝
第8代: 1481 - 1512
次代:
セリム1世