バイバルス

バイバルスアラビア語 الملك الظاهر ركن الدين بيبرس بندقداري al-Malik al-Zāhir Rukn al-Dīn Baybars al-Bunduqdārī, 生没年 1223年あるいは28年? - 1277年7月1日。)は、バフリー・マムルークの武将で、マムルーク朝の第5代スルターン(在位:1260年1277年)。即位名によりザーヒル・バイバルス الملك الظاهر بيبرس al-Malik al-Zāhir Baybars とも呼ばれる。

アッバース朝カリフムスタンスィル2世)を迎え入れ、マムルーク朝の求心力を高め、また十字軍モンゴル軍を撃退し、マムルーク朝繁栄の基礎を作った業績から、実質的な創始者であると評される。

経歴

バイバルスが紋章としたライオンが刻まれた

出自

トルコ系キプチャク族の出自であるとされる。生年には1223年や28年とされているが、あまり定かではない。背丈は高く、明るい金色の髪に褐色の肌を持ち、瞳は青く、さらには隻眼であったといわれる(生まれつき片方の目が異常に小さい奇形であったとも、片方の目が白かったともされ、片目の視力はなかったとされる)。身体的特徴を気にすることから、相手の心を読む能力に長けていたと言う。

マムルーク

1242年、バイバルスはモンゴル軍の捕虜になり、奴隷商人の手に渡った。身体的特徴から買い手が付かない状態であったが、馬術に秀でていたとされ、アイユーブ朝の貴族が買い、スルタンサーリフのバフリー・マムルーク軍に編入される。その後出世を重ね、スルターン護衛隊長となる。

マムルーク軍人としての初めての活躍は1249年ルイ9世による第7回十字軍の時である。エジプトはスルタン・サーリフが病気で軍としての統制が取れていなかったが、その時バフリー・マムルーク軍団で不在の軍団長の代わりに指揮を取っていたバイバルスが奮戦し、1250年のマンスーラの戦いでルイ9世は敗北し、捕虜となった。

その時エジプトではスルターン・サーリフが死去し、エジプトの支配者はシャジャル・アッ=ドゥッル、トゥーランシャー、スルターン・アイバクと移り変わっていった。マムルークに対する反抗などを経て、スルタン・アイバクにひとまず主導権が落ち着いた1254年、アイバクはバイバルスの所属するバフリー・マムルーク軍の軍団長アクターイを殺害する。

エジプトを脱出

捕虜となっていたバイバルスは脱走し、エジプトも脱出、ダマスクスのナースィルの元へ逃げた。その後バイバルスはナースィルの元からも去り、カラク城主ムギースの元に行くが、バイバルスがエジプト軍に破れると彼との関係も悪くなった。

1260年に作成されたバイバルスの紋章ライオンを象っている。

1260年、モンゴルのフレグの軍がシリアに迫ると、かつてアクターイを殺したクトゥズはバイバルスと和解した。同7月3日クトゥズとバイバルスの連合軍はモンゴル軍の司令官キト・ブカを戦死させ、勝利した(アイン・ジャールートの戦い)。バイバルスはエジプトに凱旋する途上クトゥズを殺害した。かつて軍団長アクターイを殺されたことを許せずまたクトゥズがバイバルスを恐れたことに気づいたためである。バイバルスはそのままカイロ入りし、マムルーク朝第5代スルターンになった。マリク・アッザーヒル(勝利の王)と名乗る。

マムルーク朝

マムルーク朝第5代スルターンとなったバイバルスは、1261年、フレグによって殺害されたアッバース朝カリフムスタアスィムの叔父をカイロに保護した。名目上ではあったがムスタンスィル2世としてカリフに即位した。その後は1517年までアッバース朝第30代カリフ、ラーシドの子孫が、外来者であるマムルーク(奴隷軍人)出身のスルターンに支配の正当性を与える存在として、この位を継承した。政治的権力はなく、日本の天皇や欧州の教皇同様の名目的権威者に過ぎなかった。

この出来事はカイロの住民にとっては突如やってきて支配者となったバイバルスに政権の正当性を与え、その求心力を高めることになった(クトゥズを殺害して即位したため相当評判が良くなかった)。但し、バイバルスは実権そのものをカリフに依存するわけではなかったので、カリフは名目上の存在であった(バイバルスは熱心なイスラム教スンナ派であったとされる)。

以降は各地に出兵する。1277年に没するまで30回以上の出兵を行ったとされる。

十字軍、そしてモンゴルとの戦争

1268年、フレグ死亡による混乱に乗じて北上。モンゴルに協力していたキリキアの諸都市を攻略(完全破壊)、5月18日には籠城の構えを見せていたアンティオキアを包囲。わずか4日で陥落させる(アンティオキア公国滅亡)。その際、住民のすべてを殺害、または奴隷にし、都市を完全に破壊した。これはキリスト教圏を刺激して、エドワード1世率いる十字軍派兵につながる。1271年、十字軍が来襲しこれと戦う。後にエドワード1世とは休戦を結ぶが、バイバルスはアサシンを使って彼を殺そうとしたとも言う。結局エドワードは父ヘンリー3世の死によって撤退した。

なお、マムルーク朝は彼の治世中に、アンティオキアのほかカエサリアヤッフォーハイファーアルスーフといった十字軍諸都市を陥落させている。

対モンゴルにおいては敵対するイル・ハン国に対抗するためにキプチャク・ハン国と同盟し、さらにはビザンツ、シチリアとも通商関係を開く。また、カイロ~ダマスカスへの駅伝制を確立する(ハリード網)。この駅伝は、カイロ~ダマスカスを片道4日工程で通信できたと言う。

1277年、アナトリアのモンゴル軍(実際にはモンゴルに服属するトルコ人)を打ち破りダマスカスに凱旋するがその直後に腹痛を訴え死去。死因については毒殺説もあるが、過度の深酒が原因であるとも言われ、定かではない。

死後

彼の死後、スルターンの座は息子であるバラカサラーミシュが継ぐものの、彼らに実力主義のマムルーク朝を率いるだけの才能はなかった。そのため相次いで廃されてしまい世襲はならず、マムルーク朝は自らの同僚で第一の実力者であったカラーウーンが継ぐことになる。

評価

バイバルスは国内を整備し、また国外の敵を打ち払いマムルーク朝200年の基礎を作ったほか、十字軍や常勝モンゴル軍に対する勝利を勝ち取った。軍事、政治両面おいて八面六臂の活躍をしたバイバルスは、名君として崇められアイユーブ朝サラディンと並べ称されている。彼の墓はダマスカスにおいてサラディンと隣り合って立てられている。

エジプト、シリアでは彼は英雄とされている。しかし、アンティオキアなどを完全破壊した上、住民に対する処置も過酷なものだったため、敵対していたキリスト圏ではあまり好かれていないという。ただし彼本人は東ローマ帝国との交易を開くなど、キリスト教国(正教圏)とも積極的に交流を行っている。

内政

バイバルスはハリード網と呼ばれる駅伝を整備した。これによって領内の情報を迅速に集めることに成功した。またこれは遊牧民への政策でもあった。離合集散を繰り返す遊牧民を体制内に組み込むために駅伝を維持するための駅馬を供給させた。また、アミールの位やイクターを与え、安定した関係を作り上げた。またこの時代、エジプトのナイル川の増水が問題なく起きていた事も、バイバルスにとって良いほうに作用した。

国家としては、カリフムスタンスィル2世を保護して政権を強化した。サラディン死後のアイユーブ朝のように、カリスマが率いた王朝は、カリスマの死後に急激に衰えることが多くあるため、これを起こさなかったことも評価できる。死後に息子が廃位されるなど政治的混乱が若干あったものの、その後持ち直すことができたのは彼が作った堅固な国家基盤の賜物であるともいえる。

外政

バイバルスはスルタンになったのち30回以上の出兵を行い、当時のイスラム世界にとっての敵であったモンゴルや十字軍に対して戦いを挑み勝利を重ね、マムルーク朝の基盤を築いた。特に常勝モンゴルに対する勝利は大きく、これによりモンゴルの進軍はシリアで止まることになった。十字軍に対する勝利もやはり大きく、イスラム世界への橋頭堡となっていた十字軍諸都市を陥落させたことはキリスト世界のエルサレム政策に大きく影響し、9代スルタンであるハリルの代におけるアッコン陥落による橋頭堡の完全喪失へとつながった。

政治的にはキリスト圏である東ローマ帝国やシチリアとの交易路を開いたことや、キプチャク・ハン国との同盟によるイル・ハン国挟撃など、政治的手腕も優れていた。

関連項目

参考文献

登場する作品


先代:
ムザッファル・クトゥズ
マムルーク朝
1260年 - 1277年
次代:
サイード・バラカハーン