ハーゲン・ポアズイユ流れ

ポアズイユの法則 またはハーゲン=ポアズイユの法則 は粘性流体の層流流れを求める式である。フランスの学者ジャン・ポアズイユ(とドイツのゴットヒルフ・ハーゲン)によって導かれた。

円筒管を通過する粘性流体の層流ながれの流量

ここで

V  は単位時間に通過する流体の体積
vs は半径方向の平均流速
r  は管の内径(半径)
Δp* は圧力降下
η は流体の粘度
l は流れ方向の長さである。