ニューアーク方式

画像提供依頼
  • ニューアーク方式のブックカード、貸出券の利用者・図書館間の動きがわかる図
  • ライセンス上問題のないゲイロード貸出機の写真
画像提供をお願いします。2015年6月
ニューアーク公共図書館
本方式考案者のデイナが館長として務めたニューアーク公共図書館
ニューアーク方式の名はこの図書館による

ニューアーク方式 (「ニューアーク」はニュアーク[1]・ニュワァーク[2]・ニュワーク[3]とも、: Newark charging system) は図書館における図書の貸出方式の一つ。アメリカのニューアーク公共図書館英語版の館長であったジョン・コットン・デイナ英語版 (1856 - 1929)[4] が考案したとされており[5]、ニューアーク方式の名はニューアーク公共図書館による[6]。日本においては、第二次世界大戦後、連合国軍総司令部民間情報教育局によって開館されたCIE図書館が導入を推進したこともあり、一時は急速に普及するが、後述の欠点を抱えていたために後にブラウン方式に置き換えられた[5]

本稿ではニューアーク方式と似た貸出方式で、個人カードを併用するツーカード方式や一部業務を機械にやらせるゲイロード方式についても本項で述べる。

手続き

ブックカード
ニューアーク方式を用いる際に必要となるブックカード
左の列に氏名、右の列に日付が記されているのが確認できる
ブックポケット
ニューアーク方式を用いる際に必要となるブックポケット
デートスリップ
ニューアーク方式を用いる際に必要となるデートスリップ

貸出方式は図書館によって千差万別であり、全く同じ方式を採用している図書館は一つとして存在しないと言われている[6]が、各種文献によれば概ね次のように貸出・返却・督促・予約業務がされていたようである。

予め、1冊の貸出図書につき一枚の請求番号・書名・著者名・図書の受入番号などのうちいくらかが書き込まれたカード状のブックカード、ブックカードを本に保持させるための上部が開かれた袋状のブックポケット、貸出図書の返却期限を貸出図書と関連付けて記入するためのデートスリップ貸出券の4つを用意する[7]。ブックポケットを図書の表紙裏(または裏表紙裏)に貼り付け、ブックポケットの中にブックカードを挿入する[7]。デートスリップはブックポケットと向かい合うように見開きに貼り付け、貸出券は利用者の貸出申込に応じてあらかじめ発行する[7]

利用者は貸出を受けるときに、図書と貸出券を図書館員へ提出する[8]。図書館員は、図書のブックポケットからブックカードを抜き出し、貸出券に記載されている氏名、もしくは登録番号を記入する[8]。その後、ブックカード・デートスリップ・貸出券のすべてに返却期限日、または貸出日を押印し、ブックカードを返却日別の図書分類順、あるいは登録番号順に並べて保管する[9]。本は利用者に貸し出す[8]

利用者から図書の返却を受けたときは、図書館員はデートスリップの返却日やブックカード記載の分類番号等を頼りにブックカードを探し、探し当てたブックカードに返却日を押印[10]。ブックカードを図書のブックスリップへ戻す[11]

図書の延滞は、図書館が保管するブックカードでわかり、ブックカードの情報を元に督促はがきなどを送付する[12]

予約方法は、図書の分類番号で予約図書のブックカードを探し、クリップで挟むなどして他のブックカードと見分けが付くようにすればよい[12]。貸出者が返却に来た際に、予約者に連絡する[12]

利用者自身による貸出処理

以上が日本の文献で紹介される貸出処理だが、アメリカの文献では、図書館員が貸出手続きを行う“staff-charge”の他に、利用者自身が貸出手続きを行う“self-charge”の2種類が確認できる。staff-chargeは利用者情報の記入に人員を割かねばならないため、self-chargeよりも人件費がかかる[13]

self-chargeでの貸出手順は、利用者は図書のブックポケットからブックカードを取り出し、自身の氏名、もしくは登録番号、その他必要な情報を記入する[14]。ブックカードへの記入が済んだら、図書とブックカードを図書館員へ提出し、返却期限日を図書、ブックカードの両方に押印してもらう[14]。図書館員は必要に応じて身分証明を求め、問題なければ、ブックカードを返却期限日、もしくは利用者の電話番号順や図書の著者順に並べて保管する[14]

特徴

返却業務を後回しにできる、貸出時に行われる利用者番号の記入や日付印の押印といった作業は比較的速く行える、延滞している本のブックカードは収納容器の前 (または) 後ろに押し出されるため督促がしやすい、貸出制限を作らない等の長所を持つが、大量の貸出処理への対処が困難図書館用語辞典編集委員会 2004, pp. 449-500、図書の返却後もブックカードに貸出記録を残してしまうという問題を抱える[1][註 1][註 2]。また、貸出の度にブックカードへの記入を要し、混雑時などは誤記のおそれがある[15]

歴史

1900年頃にアメリカのニューアーク公共図書館の館長であったデイナが考案したとされており、アメリカでは本方式を導入する図書館が急速に増え[4]、最も広く用いられた[14]

日本では、第二次世界大戦後に、CIE図書館が具体的な方法を示したことで[4]、開架式の導入に合わせて[2]、多くの図書館が採用し[4]、1960年代に最盛期を迎える[16][註 3]が、ブックカードに利用者の貸出記録が残る欠点から次第にブラウン方式へ転換した[4]

フィクションにおけるニューアーク方式

日本のアニメーション映画作品である『耳をすませば』は、図書館の蔵書に貼り付けられたブックカード書き込まれた「ある一人の名前」を主人公が気にするところから物語が展開していく作品であり、本作品中に登場する図書館は、ニューアーク方式を採用していた[17]。日本図書館協会は放映当時に使用されていない貸出方式での描写を行ったことを理由に抗議し、DVD版ではこれに関係するテロップが挿入されることとなった[18]

類似する貸出方式

ツーカード方式

ファイル:Book card and personal card on Toshokan Shōjiki.gif
1915年発行の『図書館小識』に掲載されたブックカード(左)と個人カード(右)

ブックカードと個人カード(貸出券とは別のもの)の両方を使う方式は、しばしばニューアーク方式として紹介される[註 4]が、より正確にはツーカード方式と言うべきものである。日本には1911年発行の『図書館管理法』や1915年発行の『図書館小識』で紹介される[19]

館外貸出には稍繁多なる手數を要す。是れ圖書は一時全く圖書を離れて他人の手に属するが故に、其在外を徴證し還納を期待するが爲に、適當の記録を留め置かざるべからざるを以てなり。此くの如き貸出の記録を作るに種種の方法ありて、概ね一長一短を具へ遽に優劣を判ち難し。今其主なる二三[註 5]を擧げて其異同を辨じ可否を指摘するは頗る煩琑に堪へざることなるを以て、比較的精良にして確實の稱あり、且米國最新式の圖書館の間に最も廣く行はるる一法を紹介せんとす。卽ちカード記入法なり。 — 日本圖書館協會編、圖書館小識』丸善、1915年10月23日、179-180頁。全国書誌番号:43045366NDLJP:980512

ゲイロード方式

画像外部リンク
Gaylord Charge Machine
CC BY-NC 2.0Flickrにアップロードされたゲイロード貸出機[20]投稿者のコメントによればこの貸出機は、1998年までニューヨーク州ブランズウィック英語版の図書館で利用されていたという

利用者情報の記入を人間の代わりに機械が行う、ニューアーク方式の変形方式は、利用する機械の製造者の名前をとって、ゲイロード方式(: Gaylord charging system)と呼ばれる[21]。利用者・図書館員のどちらも利用者情報の記入という時間を消費する作業から解放されることとなり[22]、記録された文字の可読性も上がる[23]。1931年のLibrary Journal英語版でゲイロード兄弟による貸出機発明が取り上げられ[24]、1950年から利用されるようになった[25]

一般に、利用者カードの登録番号が記される部分が金属板になっている貸出券が使用される[26]が、新しい機械では純プラスチック製の貸出券が使用できるようなモデルもある[22]。プラスチック製のプレートを使用する機械では氏名を印字することができるが、金属板が用いられている貸出券を使用する場合は登録番号のみしか印字することができず[22]、督促などの際に利用者名簿を参照する必要があったのが欠点となった[25]

参考文献

  • 『最新 図書館用語大辞典』図書館用語辞典編集委員会、柏書房、2004年4月。全国書誌番号:20590278ISBN 4760124896
  • 『図書館情報学用語辞典』日本図書館情報学会 用語辞典編集委員会、丸善出版、2013年12月25日、第4版。全国書誌番号:22353268ISBN 9784621087749
  • 『図書館ハンドブック』日本図書館協会 図書館ハンドブック編集委員会、日本図書館協会、1990年4月、第5版。全国書誌番号:90037460ISBN 4820490028
  • 前川恒雄、石井敦、石橋幸男『貸出しと閲覧』前川恒雄、日本図書館協会〈図書館の仕事〉、1966年8月25日、初版。全国書誌番号:66008188NDLJP:2934418
  • 図書館問題研究会東京支部 スライド「貸出方式を考える」製作委員会『みんなの図書館入門<貸出方式篇>』図書館問題研究会東京支部 スライド「貸出方式を考える」製作委員会、図書新聞、1982年11月15日、初版。全国書誌番号:83009146
  • 今沢慈海『圖書館経営の理論及実際』風間書房、1950年10月15日、改訂増補版。全国書誌番号:51001029NDLJP:2936630
  • 『別巻 図書館用語ハンドブック』図書館科学会、教育出版センター〈講座―新図書館学〉、1978年4月30日、初版。全国書誌番号:78015506
  • 『図書館用語集』日本図書館協会用語委員会、日本図書館協会、1997年1月20日、改訂版。全国書誌番号:97015108ISBN 4-8204-9606-9
  • Helen Thornton Geer (1955) (English) (PDF). Charging systems. American Library Association. LCCN 55-8712. http://tera-3.ul.cs.cmu.edu/NASD/4dcb85c3-9fee-4c83-9e6d-fe6ce5522b59/China/disk4/77/77-9/31011737/PDF/book.pdf. 
  • Bloomberg, Marty (1977) (English). Introduction to public services for library technicians. Library science text series (2nd ed.). Libraries Unlimited. ISBN 0872871266. LCCN 0872-871266. 
  • Irwin H. Pizer (1966-1). “A Mechanized Circulation System” (English) (PDF). College & research libraries (Association of College and Research Libraries. American Library Association) 27 (1). ISSN 00100870. https://www.ideals.illinois.edu/bitstream/handle/2142/38017/crl_27_01_5_opt.pdf. 
  • Kirkwood, Leila H. (1961) (English). Charging systems volume 2, part 3. Graduate School of Library Service. LCCN 60-16771. https://archive.org/details/chargingsystemsv006772mbp. 

脚注

  1. ^ 図書館の自由に関する宣言第3項を「図書館は利用者の秘密を守る」の観点から大きな問題とされている。
  2. ^ 古い文献では、利用者統計を取りやすいとの解釈をした上で、利用者記録が残ることを利点としたものも存在する。
  3. ^ 1966年発行の前川恒雄、石井敦、石橋幸男 1966, p. 88にも「現在,日本で最も広く行われている方式は,ニュアーク式及びその変形であろう。」と記されている。
  4. ^ 例えば、図書館用語辞典編集委員会 2004, pp. 449-500では「ニューアーク式 (Newark charging system)(中略)日本では1915(大正4)年『図書館小識』で紹介されたのが最初。」、前川恒雄、石井敦、石橋幸男 1966, p. 88では「現在,日本で最も広く行われている方式は,ニュアーク式及びその変形であろう。すでに1915年(大正4)年『図書館小識』で「米国最新式の図書館に最も広く行はるる一式」と紹介されてから……」としているが、後述の通り『図書館小識』で紹介された方式はツーカード方式である。
  5. ^ 和田万吉 『圖書館小識』、1922年、増訂版、全国書誌番号:43045365NDLJP:980511では「二三」の代わりに「もの」が使用されている

出典

  1. ^ a b 日本図書館協会 図書館ハンドブック編集委員会 1990, p. 70-71. 引用エラー: 無効な <ref> タグ; name "FOOTNOTE日本図書館協会_図書館ハンドブック編集委員会199070-71"が異なる内容で複数回定義されています
  2. ^ a b 図書館科学会 1978, p. ???.
  3. ^ 日本図書館協会用語委員会 1997, pp. 559-600.
  4. ^ a b c d e 図書館用語辞典編集委員会 2004, pp. 449-500.
  5. ^ a b 日本図書館情報学会 用語辞典編集委員会 2013, p. 191.
  6. ^ a b 日本図書館協会 図書館ハンドブック編集委員会 1990, p. 70.
  7. ^ a b c 前川恒雄、石井敦、石橋幸男 1966, pp. 88-89の4-10図.
  8. ^ a b c 図問研東京支部 スライド製作委員会 1982, p. 58.
  9. ^ 前川恒雄、石井敦、石橋幸男 1966, p. 88.
  10. ^ 図問研東京支部 スライド製作委員会 1982, pp. 59-60.
  11. ^ 図問研東京支部 スライド製作委員会 1982, p. 60.
  12. ^ a b c Helen Thornton Geer 1955, p. 7.
  13. ^ Bloomberg, Marty 1977, p. 45.
  14. ^ a b c d Bloomberg, Marty 1977, p. 44.
  15. ^ Helen Thornton Geer 1955, p. 9.
  16. ^ 図問研東京支部 スライド製作委員会 1982, p. 57.
  17. ^ 三苫正勝「「耳をすませば」は「図書館の自由」の教材にならなかった」『図書館雑誌』第102巻第10号、日本図書館協会、2008年10月、2015年6月21日閲覧。
  18. ^ 大平睦美「学校図書館の現状: 私立K中学高等学校における図書館の変遷から」『大阪大学教育学年報』第14号、2009年3月、2015年6月21日閲覧。
  19. ^ 図問研東京支部 スライド製作委員会 1982, p. 53.
  20. ^ K.G. Schneider (2005年7月31日). “Gaylord Charge Machine”. Yahoo!. 1015年6月18日閲覧。
  21. ^ Bloomberg, Marty 1977, p. 46.
  22. ^ a b c Bloomberg, Marty 1977, p. 47.
  23. ^ Kirkwood, Leila H. 1961, p. 108.
  24. ^ Kirkwood, Leila H. 1961, p. 61.
  25. ^ a b Irwin H. Pizer 1966, p. 5.
  26. ^ Kirkwood, Leila H. 1961, p. 109.

関連項目