ドゥーン城

ドゥーン城
Doune Castle
スコットランドの旗 スコットランド
スターリングドゥーン英語版
UK grid reference NN727010
Doune Castle - front.jpg
ドゥーン城の北壁。
左側に領主塔(: Lord's tower)、右側に大広間がある
ドゥーン城の位置(スターリング (スコットランド)内)
ドゥーン城
スターリング内の城の所在地
座標 北緯56度11分07秒 西経4度03分01秒 / 北緯56.185158度 西経4.050253度 / 56.185158; -4.050253
種類 中庭付きの城砦 (Tower house
地上高 領主塔頂点まで29メートル (95 ft)
施設情報
所有者 ヒストリック・スコットランド英語版
管理者 オールバニ公爵(: Duke of Albany1420年まで)
スコットランド王(17世紀まで)
マリー伯爵
一般公開 一般公開中
現況 荒廃
歴史
建設 1400年頃
建設者 ロバート・ステュアート (オールバニ伯爵)英語版
建築資材 石造り(大部分は粗石積み、隅には飾り石)

ドゥーン城: Doune Castle)は、スコットランド中心部・スターリングの村、ドゥーン英語版にある中世の要塞である。城はアードッホ川英語版ティース川英語版へ流れ込む、樹木に覆われた曲がり角にある。スターリングから北西に8マイル (13 km)の場所では、ティース川がフォース川に流れ込む。さらに北西へ8マイル (13 km)進んだ上流地点には、トロサックス英語版の岸沿いに、ハイランド地方境界に当たる町カランダー英語版がある。

近年の調査によって、ドゥーン城は13世紀頃に建てられ、スコットランド独立戦争時に損傷を受けたこと[1]、その後14世紀終わり頃に、ロバート・ステュアート (オールバニ伯爵)英語版1340年頃 - 1420年)によって現在の形に建て直されたことが分かった。オールバニ伯爵はスコットランド王ロバート2世の息子で、1388年から死去までスコットランドの摂政を務めていた。彼の建てた要塞はほとんど改築されずに完璧なまま残され、城全体がオールバニ伯爵による建築工期のみで完成されたと考えられている[2]。城は1425年にオールバニ伯爵の息子が処刑されたのを機に王へ譲り渡され、王立の狩猟用別邸英語版寡婦用住宅英語版として使われていた。16世紀遅くには、ドゥーン城はマリー伯爵家の所有となる。城は17世紀半ばの清教徒革命 (enグレンケルンの乱英語版、17世紀後期から18世紀にかけてのジャコバイトの乱 (enなどを目の当たりにしている。1800年までには城は破壊されたが、1880年代に城の修復事業が始まった。20世紀に入ってからも修復事業は行われ、現在城はヒストリック・スコットランド英語版によって管理されている。

建築者がオールバニ伯爵だったことから、ドゥーン城は当時王家が建てていた城の建築様式を反映した造りになっている[3]。建物の各辺に合わせた長さの中庭が作られる予定だったが、北側・北西側の部分しか完成していない[4]。エントランス上には大きなタワー・ハウス英語版が作られ、領主とその家族の部屋がある他、キッチンやゲスト・ルームを含んだ別の塔も建てられている。この2つは大広間を介して繋がっている。石造りの建築はほとんどが14世紀遅くに作られたものだが、一部1580年代に軽微な修理が行われた部分がある。1880年代の修復では、板材の屋根や、室内の床面、家具類などが交換されている。

歴史

ティース川英語版上にあるドゥーン城

城が位置するアードッホ川英語版ティース川英語版の合流地点には、紀元1世紀ブリタンニアによって要塞が築かれた[3]。現在ではこの要塞の遺跡は地表に残っていない。城の南側に現存する城壁や堀は、現在のドゥーン城よりも前に建てられた要塞、ドゥーン(: Doune)のものである可能性がある[5]。このドゥーンとは、スコットランド・ゲール語で「要塞」を意味する単語 "dùn" に由来すると考えられている[5]。城内で最も初期の建築は13世紀頃のものと同定されている[1]。一方で、現在残っている城自体は、スコットランドの中世建築が最も創造的・生産的だった1375年から1425年までの間に建てられたと考えられており、同じ時代にはロージアンにあるダーレトン城英語版タンタロン城英語版ラナークシャー英語版にあるボスウェル城英語版など、多くの城が建築・改築されている[6]

摂政・オールバニ公爵

スコットランド摂政を務めたロバート・ステュアート(オールバニ公爵)の印章

1361年ロバート・ステュアート英語版1340年頃 - 1420年)は、メンティース伯爵英語版の称号と現在ドゥーン城が建っている土地を与えられた。彼はスコットランド王ロバート2世(在位1371年 - 1390年)の息子で、ロバート3世(在位1390年 - 1406年)の弟だった。城の建築はこの下賜後に始まったと考えられ、遅くとも1381年までには完成して勅許状が与えられた[3]。ロバートは1388年に兄ロバート3世の摂政となり、病弱だった兄の治世の間影響力を持ち続けた。1398年にはオールバニ公爵の地位が与えられている。1406年、ロバート3世の後継者ジェームズ1世イングランドに捕らえられ、オールバニ公爵は摂政の座に戻っている。ドゥーンで発行された数々の勅許状から、この後に城が恵まれた邸宅になったことを伺える[3]

王立保養所

ジェームズ3世とその配偶者マーガレット・オブ・デンマーク。マーガレットはドゥーンでやもめ暮らしをした

オールバニ公は1420年に亡くなり、オールバニ公の公爵領だったドゥーンと摂政職は息子のマードック英語版1362年 - 1425年)が引き継いだ。ジェームズ1世の身代金は結局イングランドへ支払われ、王は1424年に帰国した。彼は帰国後すぐさま王国の主導権を握ろうと画策した。マードックと彼の息子2人は反逆罪を理由に投獄され、1425年5月に処刑された。ドゥーン城は任命を受けた長官や番人が管理する王家の保有物となり、スコットランド王国の保養所・狩猟用別邸英語版として使われた。また、メアリー・オブ・グエルダース1434年頃 - 1463年)、マーガレット・オブ・デンマーク1456年 - 1486年)、マーガレット・テューダー1489年 - 1541年)の寡婦用住宅英語版としても用いられた[2]。それぞれジェームズ2世ジェームズ3世ジェームズ4世の未亡人となった王妃である。

1528年、幼い息子ジェームズ4世の摂政となったマーガレット・テューダーは、オールバニ公の子孫であるヘンリー・ステュアート (初代メスヴェン卿)英語版と結婚した。彼の兄弟であるサー・ジェームズ・ステュアート(1513年頃 - 1554年)はドゥーン城の長官(: Captain of Doune Castle)となり、息子で同名のジェームズ(1529年頃 - 1590年)は、1570年にドゥーン卿(英: Lord Doune)の称号を与えられている[2]。ドゥーン卿の息子で同名のジェームズ英語版1565年頃 - 1592年)は、1580年頃にエリザベス・ステュアート (第2代マリー女伯爵)英語版と結婚し、マリー伯爵の称号を継いでいる[7]。城は管理を行っていたマリー伯爵家のものとなり、20世紀に至るまでマリー伯爵家に所有されていた[2]

スコットランド女王メアリー(在位1542年 - 1567年)は数度ドゥーン城に訪れ、台所上にある一続きの部屋に滞在した[8]。メアリー女王廃位後に起きた短い内乱では、彼女の忠臣たちがドゥーン城を占領したが、3日間の封鎖の後、1570年に摂政マシュー・ステュアート (第4代レノックス伯)へ城が引き渡された[2]1570年10月4日には、ジョージ・ブキャナン英語版と、スターリングの保安官代理であるダンカン・ネアン(英: Duncan Nairn)が、メッセンジャーのジョン・ムーンをドゥーン城で拷問・尋問した。ムーンはメアリー女王やメアリー・シートン英語版に手紙を届けた人物である[9]

ジェームズ6世[注 1]もドゥーン城を度々訪れ、1581年には城の修繕や改築用に300ポンドを与えている[2]。この事業は熟練石工マイケル・エウィング(英: Michael Ewing)の手で行われ[5]、"Master of Work to the Crown of Scotland"[訳語疑問点] であるロバート・ドラモンド・オブ・カーノック英語版の監修を受けた[10]1593年にはジェームズ6世を倒そうとする陰謀が明るみに出たが、この際ジェームズ6世は、共謀者の中にモントローズ伯爵英語版ガウリー伯爵英語版などが含まれ、彼らがドゥーン城で会談していたことに驚いたという[2]

刑務所そして要塞として

1844年に撮られたドゥーン城の写真。撮影者はヘンリー・フォックス・タルボット

1607年教役者でジェームズ4世の宗教政策に反対したジョン・マンロー・オブ・テイン英語版は、同僚の教役者と共にドゥーン城に投獄された。マンローはその後当時の城主の計略で城を脱出し、この城主はマンローらを逃がしたことで投獄されている。王党派だった初代モントローズ侯爵ジェームズ・グレアムは、清教徒革命の最中である1645年にこの城を占領した。1654年オリバー・クロムウェルによるスコットランド侵攻に反対するグレンケルンの乱英語版中には、サー・マンゴ・マリー[注 2]率いる王党派と、トバイアス・ブリッジ英語版少佐率いるクロムウェル支持派との間で、ドゥーン城を舞台とした小競り合いが起きている[2]1689年に起きた「麗しのダンディー」[注 3]こと初代ダンディー子爵によるジャコバイトの乱の際には、国軍によって城が要塞化され修理も行われた(1715年に起きたジャコバイトの乱 (enの際にも同じ事が行われている)[8]1745年のジャコバイトの乱 (enの際には、ドゥーン城は「麗しのチャーリー王子」[注 4]ことチャールズ・エドワード・ステュアートや、彼を支持するジャコバイト軍勢[注 5]によって占拠された。1746年のフォールカークの戦い (Battle of Falkirk Muir[注 6]で捕らえられた国軍兵用の監獄としても使われた。台所上の部屋に投獄された囚人たちの中には、共同でベッドシーツを結び、窓からよじ登って脱獄した[2]。逃亡者の中には作家のジョン・ホーム英語版や牧師のジョン・ウィザースプーンが含まれ、後者は後にアメリカ植民地へ渡ってアメリカ独立宣言に署名した[13]

荒廃と修復作業

ドゥーン城の北東角

城は18世紀の間どんどんと荒廃していき、1800年までには屋根のない廃墟になってしまった。この状態は、1880年代に第14代マリー伯爵、ジョージ・ステュアート(英: George Stuart, 14th Earl of Moray1816年 - 1895年)が修理を開始するまで続いた[2]。板張りの屋根は葺き替えられ、領主館(英: Lord's Hall)の羽目板など、家具調度品も据え付けられた[5]1984年ダグラス・ステュアート (第20代マリー伯爵)英語版によって寄付されたことから、現在城は寄付を受けたヒストリック・スコットランド英語版によって管理されており、一般公開も行われている。城は英国の "Scheduled monument" (en[注 7]かつカテゴリAの指定文化財(英: Category A listed building (Listed buildingに指定されている[14][15]。このカテゴリAとはスコットランドの重要建築物に対する最高の保護レベルである。

城内の詳細

1階 (Ground floor) と2階 (first floor) 部分の図面

ドゥーン城はスコットランドの地理的中心部に近く、「スコットランドの中心地」[注 8]スターリング城からわずか5マイル (8.0 km)の、戦略上の要衝に建っている[5]。この場所は、三方を急勾配に囲まれ、東西に2つの川が走り、自然の要塞となっている。城は不規則な五角形で、北側・北西側には、建物に沿って中庭が作られている。入り口は北側にあり、廊下を通って、領主館がある塔の下から中に入ることになる。中庭には、後から付け加えられたと考えられている[16]3段の石段があり、これは塔の領主館、それに面する大広間、西側の第2塔にある台所へと通じている。

北側からのメイン・アプローチは3つの堀を含む土塁と、土塗りの城壁の両方で守られている。城壁の外側には、古くから城へ繋がるものと考えられていたアーチ型の通路もあるが、これは実際には18世紀に作られた氷室へ通じるものである[16]。上層の階には比較的大きな窓があるものの、城壁下部にはエントランスや西側の裏門を除いて開口部は存在しない。南側の窓からは、中庭部分を含め、別の建物を建てる計画があったことが伺えるが、これらはいずれも建設されなかった。石造りの建物は砂岩を礎石積みしたもので、明るいBallengeich石が使われている[5][注 9]

領主塔

この城で1番の塔であるゲートハウスは領主塔(: The Lord's tower)として使われており、建物は13メートル (43 ft) 四方(元々の計画では18メートル (59 ft) 四方)、およそ29メートル (95 ft) の高さがある[2]。また北東の角には、エントランスに隣接してラウンドタワーが張り出している。この塔には領主館(英: The Lord's Hall)と3階分の部屋があり、これらはエントランスの通路の上に位置している。丸石で飾られたヴォールト[注 10]の通路は14メートル (46 ft)の長さで、以前は2組の木製扉で守られていたほか、現在でもイェット英語版(蝶番式になった鉄格子の扉)が残されている[5]。パッセージの両側に据えられた衛兵所では、銃眼を通して通路を見渡すことができ、領主塔の基底部である1階部分もよく見える。

修復された領主館(英: The Lord's Hall

1階部分と、その上層にあって2階部分全てを占めている領主館の間には直接の連絡がない。領主館には、中庭から繋がる石垣で囲まれた階段から出入りすることができ、階段の先には門がある[注 11]。広間はヴォールトになっており、珍しいことに暖炉が2基据えられている。床面のタイルや木製の羽目板、ミンストレルズ・ギャラリー英語版は、1880年代になって導入されたものである。以前は大広間に繋がる扉も1880年代のものと考えられていたが、現在では建築当時のものと考えられている[5]。広間と同じ階にはいくつかの脇部屋があるが、ラウンドタワーの部屋には上方にくぐり戸があるほか、南壁の中にある小部屋からは広間と中庭の両方を見渡せる。広間の北窓下にある、「殺人穴」(英: "murder hole)とも呼ばれる出し狭間からは、パッセージにやってきた襲撃者に対して、物を投げつけることができる[5]

大広間の上層には第2広間があり、公爵夫人の続き部屋の一部を成している。南壁にある小礼拝堂 (Oratoryからは中庭を見渡すことができ、中には聖水盤英語版祭器卓英語版[注 12]を収める壁龕へきがんがある。小礼拝堂の壁面にある通路は、城のカーテンウォールに沿った通路に繋がっている。公爵夫人の広間(英: The Duchess' hall)にある木製の天井や、木製の床・屋根は、いずれも1880年代のものである。上層部の石造り部分は、1580年代の修繕で据え付けられたものである[5]

大広間・台所塔

中庭から見た台所塔。大広間に繋がる階段は写真右手に見える

領主塔の西側には大広間があり、大きさは20メートル (66 ft)×8メートル (26 ft) で、木製の屋根まで12メートル (39 ft) の高さがある[2]。この屋根は19世紀の修繕で葺き替えられたものである[5]。大広間には暖炉が無いが、セントラル・ファイアで部屋を暖め、ルーバーを用いて換気をしていたと考えられている。創建当時の屋根がどのような構造だったか詳細は不明だが、推測を元に屋根が修復されている[3]。広間には複数の大きな窓から光が差し込み、また1階部分にある3つの貯蔵庫に繋がる階段もある。

広間には、中庭から繋がる階段を上ってアクセスでき、階段の先には三角形のロビーがある。ロビーからは、この時代にしては珍しい、楕円形のアーチが付いた2つの大きな配膳窓を通じて、広間と台所の両方に行くことができる[18]。台所塔は、実質的にはタワー・ハウス英語版になっており、大きさは17メートル (56 ft)×8メートル (26 ft)である。台所もまたヴォールトになっており、広間と同じ階で貯蔵庫の真上に位置している。この城の台所は、創建当時のスコットランドでは最も充実した設備のあるものの1つで[3]、オーブンや5.5メートル (18 ft) 幅の暖炉も据えられている。1581年に増築され、木製の階段が交換されたと考えられている[5]階段のタレットは、ロビーから客間のある2フロアへ通じている。客間の中には「ロイヤル・アパートメント」(英: "Royal Apartments")と呼ばれる部屋が含まれ、これは2つのベッドルームと謁見室が付いた続き部屋で、王室からの訪問者にふさわしい間取りとなっている[2]

中庭とカーテンウォール

台所棟の南壁にある「タスキング」(英: tuskings[注 13]として知られる突き出た石や、南のカーテンウォールにある4つの尖頭アーチ窓は、建物を更に拡張する計画があったことを示唆している。建物の東端にある大きな窓はチャペル用に作られた可能性がある。8世紀の修道士聖フィラン英語版に捧げられた礼拝堂がドゥーン城にあったことは記録されているが、その基礎部分が発掘されていないことから、城内に大きな建物があった訳ではないと推測されている[5]。2002年9月には現存する基礎部分が発掘され、南壁に向かって陶器窯・オーブンと考えられる構造が見つかった[16]。また中央の井戸はおよそ18メートル (59 ft) の深さがある[2]

カーテンウォールは厚さ2メートル (6.6 ft) 、高さ12メートル (39 ft) である[2]。壁の上に沿った通路は両側から欄干で防御されており、急な階段で広間・ゲートハウス部分の傾斜のきつい屋根に繋がっている。覆いのない円形のタレットが角ごとにあり、壁の中間には半円形の突出部がある。出し狭間付きの四角いタレットは、西壁の裏門上に1つだけ設置されている[5]

間取りの解釈

川の土手を上った先にあるドゥーン城の南壁

領主塔の部屋は堅固で私的な雰囲気のあつらえで、領主とその家族のためだけに、自衛を目的として作られたと考えられている。建築歴史学家W・ダグラス・シンプソン英語版は、この配置は14世紀の疑似封建制(英: Bastard feudalism)の産物だとしている[20]。この時代の領主は、自分の城を前時代の封建制のような封臣ではなく、傭兵を用いて守るよう求められており、このことからシンプソンは、ドゥーン城の主が謀反を起こしかねない自分の傭兵から領主塔だけは守れるように設計したと示唆した。この解釈は現在歴史学者の間では全く受け入れられておらず、代わりにドゥーン城は、15世紀から16世紀初頭にかけて建てられたリンリスゴー・パレス英語版など、より統一されたデザインの中庭を持つ建物への、発展途上にあるものと見なされている[5]。ドゥーン城のレイアウトは、タンタロン城英語版ボスウェル城英語版などの同年代の城と似通っており、この時代の多くの建物では、多かれ少なかれこの城と似たような構造を見ることができる[1][3]

フィクションやドラマでの使用

ドゥーン城を描いた1804年の版画。スコットの著書『ウェイヴァリー英語版』に先立って発行された本 "Scotia Depicta" 所収

ドゥーン城は、17世紀のバラッド "The Bonnie Earl O' Moray" (enなど、複数の文学作品に登場する。このバラッドは、ハントリー伯爵英語版による、1592年ジェイムズ・ステュアート (第2代マリー伯爵)英語版殺人を描くものである[注 14][21]ウォルター・スコットの処女作『ウェイヴァリー英語版』(1814年)では、主役のエドワード・ウェイヴァリーがジャコバイトたちによってドゥーン城へ連れて行かれる。スコットのロマンチックな書き口で、ドゥーン城は「半分壊れたタレット(小塔)」(英: "half-ruined turrets")付きの、「陰鬱だが絵のように美しい構造」(英: "gloomy yet picturesque structure")の城として描かれている[22]

この城は、MGM1952年に制作した歴史映画『黒騎士』のロケ地として使われた[23]。この作品にはロバート・テイラーエリザベス・テイラーが出演している。BBCによる1996年の『アイヴァンホー』映像化作品でもこの城がロケ地に使われている。

ジョージ・R・R・マーティンの『氷と炎の歌』を原作としたTVシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011年 – 現在)では、ウィンターフェルのセットとして用いられた[24]

ダイアナ・ガバルドンによる小説「アウトランダー」シリーズ (enを映像化したテレビシリーズでは、架空の城リアフ城(英: "Castle Leoch")として登場している[25][26]

『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』

ドゥーン城の東壁。『ホーリー・グレイル』のオープニング・シーンはここで撮影された

アーサー王伝説を元にした、モンティ・パイソンによる英国のコメディ・映画『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』は、スコットランド1974年に撮影された。映画のプロデューサーたちは、マリー卿からドゥーン城での撮影許可を取ったほか、ナショナル・トラスト・フォー・スコットランド英語版から、映画をスコットランドの複数の城で撮影する許可を得ていた。ところが撮影の直前になって、ナショナル・トラストからの撮影許可が取り消されてしまう[27]。プロデューサーたちには新しいロケ地を探す時間が無く、代わりに細いアングルでドゥーン城を撮影し錯覚を起こして、複数の架空の城を撮り分けることを考えた。このため多くのシーンがドゥーン城で撮影されており、ディスクに収録されたロケ地案内では、テリー・ジョーンズマイケル・ペイリンが当時の苦労を語っている[27]

ドゥーン城で撮影されたシーンには次が含まれる[27][28]

ほとんどの撮影はドゥーン城で行われたが、映画終わりに登場する「ア゙ア゙ーの城」(英: "Castle Aaaaarrrrrrggghhh")のシーンはアーガイル英語版にある個人所有の城・ストーカー城で行われた。また、ウェールズにあるキドウェリー城英語版も一瞬登場している。映画のディスク特典映像には、先述の通りペイリンとジョーンズによる「ロケ地案内」(原題:"In Search of the Holy Grail Filming Locations")が含まれ、2人がドゥーン城やその他の撮影地を巡るドキュメンタリーが収録されている。ドゥーン城はパイソニアンや映画のファンにとって聖地になっており、2004年からは、毎年「モンティ・パイソン・デイ」と称した祭りが城で開かれている[29]

関連項目

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ スコットランド王としてはジェームズ6世、イングランド王としてはジェームズ1世。先述のメアリー女王の息子で、スコットランド・イングランド双方の王位を継いだ。ここでは城がスコットランドに位置することから、ジェームズ6世の呼称を用いる。
  2. ^ 英: Sir Mungo Murray
  3. ^ 英: "Bonnie Dundee"
  4. ^ 英: "Bonnie Prince Charlie"
  5. ^ 原文は "Jacobite Highlanders." ジャコバイトのスコットランド高地人、の意味。ハイランド地方はスコットランドの地方名でもある。
  6. ^ "Battle of Falkirk Muir." フォールカーク (Falkirk) は1298年エドワード1世ウィリアム・ウォレスを破ったフォルカークの戦いが起きた場所である [11]。今回の戦いはまた別のもので、先述のチャールズ・エドワード・ステュアートがグレートブリテン王国に勝利したものである[11]。また "Muir" とは、スコットランドの方言で「荒野・荒れ地」を指す(英語の "moor" と同義)[12]。戦いの名前を訳すとすれば「フォールカーク荒野の戦い」となる。
  7. ^ 記念保存物リストに追加されている建物との意味。日本における指定文化財などのような制度。
  8. ^ 英: The "crossroads of Scotland."
  9. ^ "Ballengeich"とはスコットランドの地名。ドゥーン城に程近いスターリング城の近くにも同名の通りがある。
  10. ^ 「ヴォールト」とはアーチ形状を水兵に押しだし、かまぼこ状の空間を作った構造のこと。File:Doune Castle (8038782196).jpgでは入り口部分がかまぼこ状の形になっていることが分かる。
  11. ^ 『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』では、ランスロット卿(ジョン・クリーズ)による結婚式乱入シーンで、クリーズがこの階段を駆け上るシーンを見ることができる。
  12. ^ キリスト教でミサ聖祭に用いるパンやぶどう酒を載せるもの[17]
  13. ^ "Tusk"には「ゾウやイノシシのきば、人の出っ歯」との意味があるほか、動詞としては「〜をきばで突く」との意味がある[19]
  14. ^ 彼はこの城を建てたオールバニ公爵の息子である。

出典

  1. ^ a b c Oram (2011, pp. 54-55)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Salter (1994, pp. 82-84)
  3. ^ a b c d e f g Fawcett (1994, pp. 7-11)
  4. ^ Tabraham (1997, pp. 144-145)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Gifford and Walker (2002, pp. 378-382)
  6. ^ Fawcett (1994, p. 3)
  7. ^  Henderson, Thomas Finlayson (1898). "Stewart, James (d.1592)". In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (英語). 54. London: Smith, Elder & Co. |access-date=を指定する場合、|url=も指定してください。 (説明)
  8. ^ a b Coventry, pp.253-254
  9. ^ Calendar State Papers Scotland, vol.3 (1903), pp.384-5: A Diurnal of Remarkable Occurents in Scotland, Bannatyne Club (1833), pp.185-6
  10. ^ Pringle, p.8: Fraser, William, The Red Book of Menteith, vol. 2 (1880), 419-421, no. 125.
  11. ^ a b 小西友七; 南出康世 (2001-04-25). “Falkirk”. ジーニアス英和大辞典. ジーニアス. 東京都文京区: 大修館書店 (2011発行). ISBN 978-4469041316. OCLC 47909428. NCID BA51576491. ASIN 4469041319. 全国書誌番号:20398458. 
  12. ^ 小西友七; 南出康世 (2001-04-25). “muir”. ジーニアス英和大辞典. ジーニアス. 東京都文京区: 大修館書店 (2011発行). ISBN 978-4469041316. OCLC 47909428. NCID BA51576491. ASIN 4469041319. 全国書誌番号:20398458. 
  13. ^ John Witherspoon”. The History of the Presbyterian Church. 2008年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月30日閲覧。
  14. ^ Doune Castle, Scheduling Notice”. 建設省 (イギリス)英語版. 2008年10月16日閲覧。
  15. ^ Doune Castle, Listed Building Report”. Historic Scotland. 2008年10月16日閲覧。
  16. ^ a b c Doune Castle, NMRS Number: NN70SW 1”. CANMORE. Royal Commission on the Ancient and Historical Monuments of Scotland(英語). 2008年10月17日閲覧。
  17. ^ 小西友七; 南出康世 (2011). “credence table”. ジーニアス英和大辞典. 大修館書店. 
  18. ^ MacGibbon & Ross (1887, pp. 418-429)
  19. ^ 小西友七; 南出康世 (2001-04-25). “tusk”. ジーニアス英和大辞典. ジーニアス. 大修館書店 (2011発行). ISBN 978-4469041316. OCLC 47909428. NCID BA51576491. ASIN 4469041319. 全国書誌番号:20398458. 
  20. ^ Simpson (1938, pp. 73-83)
  21. ^ The Bonny Earl o' Moray”. 2008年10月14日閲覧。
  22. ^ Scott, Walter (1814年). “Chapter IX: A Nocturnal Adventure”. Waverley. 2008年10月14日閲覧。
  23. ^ Visit Scotland: Stage and Screen”. 2009年1月10日閲覧。
  24. ^ Medieval keep becomes film set”. BBC News (2009年10月23日). 2009年10月25日閲覧。
  25. ^ BRIAN FERGUSON (2014年8月20日). “Outlander ‘star’ castle omitted by tourist map”. The Scotsman. 2016年7月1日閲覧。
  26. ^ 胸キュンドラマ『アウトランダー』効果でスコットランド・ドゥーン城の観光客が急増”. TVLIFE (2015年12月9日). 2016年7月1日閲覧。
  27. ^ a b c d e f g h テリー・ジョーンズマイケル・ペイリン (英語). ロケ地案内 - モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル (Blu-ray Disc). ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント.. http://www.imdb.com/title/tt0071853/ 
  28. ^ Monty Python and the Holy Grail - Doune Castle”. Scotland: the Movie Location Guide. 2008年10月24日閲覧。
  29. ^ Python fans in castle pilgrimage”. BBC News (2005年9月4日). 2008年10月14日閲覧。

参考文献

  • Fawcett, Richard (1994). Scottish Architecture from the accession of the Stewarts to the Reformation, 1371–1560. Architectural History of Scotland. Edinburgh University Press. ISBN 978-0-7486-0465-4. 
  • Fraser, William (1880). The Red Book of Menteith. Edinburgh. 
  • Gifford, John; Walker, Frank Arneil (2002). Stirling and Central Scotland. Buildings of Scotland. Yale University Press. ISBN 0-300-09594-5. 
  • MacGibbon, David; Ross, Thomas (1887). The Domestic and Castellated Architecture of Scotland. Vol.I. David Douglas. ISBN 0-901824-18-6. 
  • Oram, Richard (2011), "The Great House in Late Medieval Scotland: Courtyards and Towers c. 1300-'c. 1400", in The Medieval Great House, ed. M. Airs and P.S. Barnwell: 43-60. Rewley House Studies in the Historic Environment, 1. Shaun Tyas. ISBN 9781907730078
  • Pringle, R. Denys (1987). Doune Castle. HMSO. 
  • Salter, Mike (1994). The Castles of the Heartland of Scotland. Folly Publications. ISBN 1-871731-18-6. 
  • Simpson, W. Douglas (1938). “Doune Castle”. Proceedings of the Society of Antiquaries of Scotland 72: 73–83. http://archaeologydataservice.ac.uk/catalogue/adsdata/PSAS_2002/pdf/vol_072/72_073_083.pdf. 
  • Tabraham, Chris (1997). Scotland's Castles. B. T. Batsford/Historic Scotland. ISBN 0-7134-8147-1. 
  • Our Royal, Titled, Noble, and Commoner Ancestors & Cousins (over 174,000 names).”. 2016年6月30日閲覧。

外部リンク

座標: 北緯56度11分07秒 西経4度03分01秒 / 北緯56.185158度 西経4.050253度 / 56.185158; -4.050253