セラム

セラム(ディキカ・ベビー)
SelamAustralopithecus.jpg
標本番号 DIK-1-1
通称 セラム(ディキカ・ベビー)
アウストラロピテクス・アファレンシス
年代 332万年前
発見場所 エチオピアディキカ
発見日 2000年12月10日
発見者 ゼレゼネイ・アレムゼゲド
テンプレートを表示

セラム (Selam) ないしディキカ・ベビー (Dikika Baby) は、アウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の幼女の化石人骨で、2011年時点で発見されている中ではホミニン最古の幼児化石である。

2000年12月10日エチオピアで発見された。標本番号は DIK-1-1 だが、後述するように、発表当初は「ルーシーの赤ちゃん」 (Lucy's baby) とも呼ばれていた。ホミニンの化石人骨は多く見付かっているが、全身骨格となると非常に例が少ない。まして幼体は軟骨が多いことから骨が残りにくいにもかかわらず、セラムは全身の骨格が発見された点で高く評価されている。

1974年にアファール猿人の成体女性人骨「ルーシー」を発見したドナルド・ジョハンソン (Donald Johanson) は、セラムが公表された2006年に、その時点までという条件付きながら「21世紀で最大の発見」と評した[1]

名称

発見者たちによって標本番号 DIK-1-1 に与えられた愛称「セラム」はアムハラ語で「平和」を意味する[2]。エチオピアは化石人骨が多く見付かっているが、その一方で民族対立が続いて交戦している地域もある。それらの地域に平和がもたらされるようにとの思いから、そういう愛称をつけたのだという[2]

もうひとつの名前「ディキカ・ベビー」は、アファール州ディキカ (Dikika) で発見されたことにちなんでいる[3]

発見

セラムは2000年12月10日に、ドイツのマックス・プランク進化人類学研究所に所属していたエチオピア人の古人類学者ゼレゼネイ・アレムゼゲド (Zeresenay Alemseged)[注釈 1] によって発見された[3]

発見場所は、アワッシュ川の南に位置する「ディキカ1」(Locality Dikika-1) と呼ばれる地域である。エチオピア北東部のこの一帯は、その種の人骨が多く発見されてきた場所で、セラムが見付かったのも、アファール猿人の最初の全身骨格であるルーシーが見付かった場所と 4 kmしか離れていなかった[4][3]。そのため、セラムはしばしば「ルーシーの赤ちゃん」と報道されることになった[5]。しかし、ルーシーが生きていたのは318万年前のことなので、実際には332万年前のセラムの方が、15万年近く古い時代を生きていたことになる[6]

セラムは、アレムゼゲドの調査隊の一人が、斜面から露出していた頭骨を見つけたことから発見された[3]。残りの部分は砂岩に埋もれており、注意深く砂岩を削って骨格を取り出すのには5年以上を必要とした[3][7]。また、発表がされた2006年の時点でさえ、まだ全身を取り出せていたわけではなかった[8]。全身骨格の良好な保存状態は、河川の氾濫によって時間をかけずに土砂に埋もれたことから説明される[3][9]。このことは、同じ場所で発見された他の動物の骨の状態からも裏付けられている[2]

アレムゼゲドらは死後まもなく氾濫に呑まれたと推測していた[7]。ただし、セラムの死因は不明である[3][10]

セラムの特色のひとつは、発見された骨の多さとその状態であった。頭骨、胴体、肩甲骨などはほぼ完全で、脚の大部分も保存されていた。幼児の骨には軟骨が多いなどの理由で、成人の骨に比べて残りにくい。セラムの次に古い幼児の骨格はシリアで発見されたネアンデルタール人のもの(約5万年前)で[11][2]、セラムの古さと保存状態の良さは突出している[注釈 2]

その発見はまず『サイエンティフィック・アメリカン』で2006年9月20日に発表され[12][注釈 3]、翌日には『ネイチャー』に論文が掲載された[7]

年代

セラムが発見された地層を挟んでいる火山灰層をアルゴン-アルゴン法で測定した結果などから、彼女の年代も見積もられている。セラムはおよそ331万年前から335万年前の間に生きており[7]、埋もれている位置からは332万年前とされた[13]

年齢と性別

「ディキカ・ベビー」や「ルーシーの赤ちゃん」という愛称にも表れているように、この化石人骨は幼女のものであった。死亡時の年齢は3歳と見積もられている。この推測は、セラムの乳歯が全て生え揃っている上、生えていない永久歯も顎の中で形成過程にあることなどから導かれたものである[7][14]

性別の判定は、形成されていた永久歯の歯冠部を成体人骨から得られていた計測値と照合し、統計的処理を行うことで導かれた[7]第二次性徴を迎えていない3歳児の性別は、こうした手法以外では導けなかったという[14]

身体的特徴

セラムの全身骨格は、上半身が類人猿に近く、下半身がヒトに近い[15]。彼女の発見は、アファール猿人の歩行に関して既に得られていた知見を裏付けるものであった。彼らは直立二足歩行をしてはいたが、体を揺すりながらであり、ずっと直立したまま歩き続けることはできなかった。まだ、彼らは樹上での生活に適応しており、普段はそちらでも暮らしていたと分析された[16][3]。現在でこそディキカ周辺は荒涼としているが、沼地、草原、森林が入り混じっていた当時の環境にはよく適合していた[17]。ただし、この分析については、後述するように異論もある。

セラムの脳の容量は約330ccである。これは同い年のチンパンジーとあまり変わらないが、成長遅滞が見られる点で重要である。セラムの脳は成体のものと比べて65%から88%の大きさで、チンパンジーの脳の成長速度に比べて発達がやや遅い[7][18]

これは、直立二足歩行をするようになったことで母体の産道がせまくなり、脳の大きな個体を生むことが難しくなっていることに対応したものと考えられている[18]。アファール猿人の成体の脳は大きいものでも530ccほどで、まだ脳が大型化しているとはいえないが、セラムによって、その時点ですでに脳の成長遅滞が認められることが明らかになったのである[18]

成長が遅い分、赤子は長い期間にわたって母親に掴まっていなければならないが、自分で母体にしがみつけるチンパンジーと異なり、アファール猿人は母親に抱えてもらっていたと推測されている[3][18]。直立二足歩行で両手を使えるようになった母親は、子供を抱えることができるようになった代わりに自分で餌をとることができず、それが社会性を育んだ可能性も指摘されている[3]。また、地面に置いた子供をあやす必要から、言語が発達したという仮説もある[3]

顔面

アジスアベバにあるセラムの復元模型

セラムには顔の骨も残されており、顔が前に突き出していることや鼻が低いことなど、原始的な要素を備えている[3]。他方で、眉の部分が比較的隆起していないことや犬歯が小さめであることなどから、サルの骨と区別することができる。セラムの発見も、地表に露出していた頭骨からそれらの特色が読み取れたことによって導かれたものである[3]

また、アウストラロピテクス・アフリカヌスと比べた場合の鼻骨の小ささと狭さから、この人骨がアウストラロピテクス・アファレンシスであることが確かとされる[19]

内耳

CTスキャンによってセラムの内耳三半規管も分析され、それは現代人よりも類人猿のものに近いとされた。三半規管は平衡感覚に影響するため、アファール猿人は現代人のように機敏な歩行は難しかったと推測された[4][20]

舌骨

セラムには現代のゴリラなどに似た舌骨も残っていた[21][7]。舌骨は頭蓋骨に固着していないことから、古い化石人骨で残っていることはほとんどない。全身骨格の40%が残っているといわれたルーシーや、66%が残っているトゥルカナ・ボーイにも舌骨は残っておらず[21]、ネアンデルタール人よりも古いホミニンでの構造は不明だった[7]

舌骨はかつてその個体の言語能力を推測する要素とされていたが、それについては否定的な見解も出されている[21]。ただ、いずれにしても、舌骨が残っていることは、セラムの保存状態の良さを示す傍証といえる[21]

上半身

上半身の骨格は比較的良好に保存されており、肋骨脊柱に沿っており、生前のままのようだった[3]。それらは全体的に類人猿との共通性が認められる。完全な肩甲骨が見付かったのはアウストラロピテクス属としては初めてだったが、それはゴリラのものに似ており[3][4]、指の長さはチンパンジーに似ていた。これらの特色からは、まだ樹上で枝をつかむことに適していたと判断された[3]

ただし、この事実をどう評価するかについては、二通りに分かれる。一つは、発見者やジョハンソンの立場で、それらの骨格的特長を樹上での生活も行なっていたことの証拠と見るものである。もうひとつはオーウェン・ラヴジョイ (Owen Lovejoy) らのように、直立二足歩行と関係のない原始的特質が残り続けていただけで、それをもって樹上で生活していたとはいえないとするものである[22]

後者の論者の中には、肩甲骨がゴリラに似ているとする解釈自体に異論を唱えるものもいる。それによれば、肩甲棘(肩甲骨の突起部分)の両側にある筋肉がつく窪み部分の面積比は、ゴリラよりもヒトに近いのだという[19]

なお、この点について2011年には、土踏まずの発見を基にアファール猿人は地上生活に完全に移行していたとする研究も発表された[23]

下半身

骨盤股関節のあたりは残っていない。ただし、大腿骨脛骨などは大部分保存されており、エンドウ豆マカデミアナッツに喩えられるような小さなものではあるが膝蓋骨も見られる[24]。それらは、類人猿に近い上半身と対照的に、現代人のものに近い特徴を示している[3][25]。また、の部分の幅広さもヒトに近いとされる[19]。そのため、直立二足歩行が可能だった。

脚注

注釈

  1. ^ 「アレムゼゲド」は河合 (2010) での表記。ウォン (2007) では「アレムサゲド」となっている。
  2. ^ 頭骨だけならば、いわゆるタウング・チャイルド (Taung Child) も3歳くらいと推測されている(河合 (2010) p.98)。また、少年の骨格ならばトゥルカナ・ボーイ(9歳くらい、153万年前)など、複数の例がある。
  3. ^ この記事は翌年2月にフランスの科学誌『プール・ラ・シヤンス』 (Pour la Science) に、また日本の『日経サイエンス』2007年3月号に、それぞれ訳出された。

出典

  1. ^ 猿人ルーシーの子ども | 日経サイエンス(2011年8月25日閲覧)
  2. ^ a b c d ウォン (2007) p.54
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 特集 : 初期人類の少女の化石発見(ナショナルジオグラフィック日本版)(2011年8月25日閲覧)
  4. ^ a b c Wong (2006). この記事で使ったのはウェブ上で公開されているもの。
  5. ^ ex. BBC NEWS | Science/Nature | 'Lucy's baby' found in Ethiopia (20 September 2006), 猿人ルーシーの子ども | 日経サイエンス(ともに2011年8月25日閲覧)
  6. ^ 河合 (2010) p.58
  7. ^ a b c d e f g h i Alemseged et als. (2006)
  8. ^ ウォン (2007) p.54
  9. ^ 河合 (2010) p.54
  10. ^ 河合 (2010) p.54
  11. ^ 河合 (2010) p.53
  12. ^ Lucy's Baby - An extraordinary new human fossil comes to light.
  13. ^ 河合 (2010) p.58
  14. ^ a b 河合 (2010) pp.58-60
  15. ^ 河合 (2010) pp.39, 54
  16. ^ 河合 (2010) p.54
  17. ^ ウォン (2007) pp.56, 59
  18. ^ a b c d 河合 (2010) pp.54-56
  19. ^ a b c ウォン (2007) p.58
  20. ^ ウォン (2007) p.56
  21. ^ a b c d 河合 (2010) pp.56-57
  22. ^ ウォン (2007) pp.56, 59-60
  23. ^ “ルーシー”の足には土踏まずがあった (National Geographic News, February 14, 2011)
  24. ^ 特集 : 初期人類の少女の化石発見では「えんどう豆大」、ウォン (2007) では「マカデミアナッツほどの大きさ」(p.54) とされている。
  25. ^ 河合 (2010) p.54

参考文献

関連項目

外部リンク