スペンサー・コンプトン (初代ウィルミントン伯爵)

ウィルミントン伯スペンサー・コンプトン

初代ウィルミントン伯スペンサー・コンプトンSpencer Compton, 1st Earl of Wilmington1674年 - 1743年7月2日)は、イギリスホイッグ党の政治家。議員としては1698年から1743年まで在職。1730年よりウィルミントン伯爵、王璽尚書1742年から第一大蔵卿となったが、これは名目上のことであり、北部担当国務大臣(Secretary of State for the Northern Department)のジョン・カートレットが実権を握っていた。

ノーサンプトン伯爵ジェームズ・スペンサー・コンプトンの第3子として生まれ、セント・ポールズ・パブリックスクールからオクスフォード大学トリニティ・カレッジに進んだ。名誉革命の招聘者の1人でロンドン主教ヘンリー・コンプトンは叔父に当たる。

家は代々トーリー党であったが、兄ジョージとの個人的確執もあってホイッグ党に転じた。1698年に下院に初当選してから40年以上にわたりロバート・ウォルポールと基本的に協調路線を歩んだ。また、ジョージ1世在位の頃から皇太子(後のジョージ2世)と親睦が篤く、彼が即位するとすぐに政権を任せられた。

1727年、当時下院議長(Speaker of the House of Commons) であったコンプトンは、ジョージ2世即位に伴い一旦政権を担ったものの、議会への影響力はウォルポールに及ぶべくもなく、王室経費を議会に認めさせることができなかった。代わりにこれをやってのけたウォルポールが第一大蔵卿に返り咲き、以後しばらくウォルポール政権がつづくこととなった。

ウォルポール退陣に伴い第一大蔵卿となった1742年には既に健康を害しており、当時名望のあったカートレットが実質的指導者であった。翌1743年に世を去り、ヘンリー・ペラムが次の首相となった。ウィルミントン伯位は1代で消滅したが、ウィルミントンの名誉を称えてアメリカ植民地のノースカロライナ州デラウェア州の都市にウィルミントンの名がつけられた。

関連項目