キューバの雪解け

キューバの雪解け
Handshake between the President and Cuban President Raúl Castro.jpg
2015年4月11日にパナマで初の首脳会談に臨むバラク・オバマ(右)とラウル・カストロ
日付 2015年7月20日 (2015-07-20)
ローマ教皇フランシスコ
アメリカ合衆国大統領バラク・オバマ
キューバ国家評議会議長ラウル・カストロ
ローマ教皇フランシスコ
関係者 カナダの旗 カナダ
キューバの旗 キューバ
バチカンの旗 バチカン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
結果 アメリカ合衆国キューバ国交正常化

キューバの雪解け[1]英語: The Cuban Thaw[2][3]スペイン語: deshielo cubano[4][5])は、半世紀以上にわたり対立してきたアメリカ合衆国キューバの関係改善の動きである。

2014年12月17日アメリカ合衆国大統領バラク・オバマキューバの国家評議会議長ラウル・カストロは国交正常化交渉の開始を電撃発表した。数か月以内に大使館を開設し、銀行や通商関係の正常化を話し合うことでも合意した。両国政府は2013年からカナダ政府ローマ教皇フランシスコの仲介で、秘密裏に交渉を続けてきた[6]

2015年4月にオバマ政権はキューバの「テロ支援国家」指定を解除すると発表した。その後の45日間に連邦議会も解除に反対しなかったことから、同年5月29日にリストの除外が正式に決定した[7]

2015年7月20日にアメリカとキューバ相互に大使館が再び開設され、1961年に断交して以来54年ぶりに国交の正常化が実現した[8]

2016年3月20日にバラク・オバマは現職の合衆国大統領としては1928年カルビン・クーリッジ以来88年ぶりにキューバを訪問した[9]

キューバ革命から孤立政策へ

キューバでは、1952年フルヘンシオ・バティスタクーデターを起こして政権を掌握したが、アメリカ合衆国に従属する政策を推し進めたため、次第に反政府活動が活発化するようになった。フィデル・カストロ率いる革命軍は農民の支持を得て勢力を拡大し、1959年1月1日キューバ革命でバティスタ政権を武力で打倒することに成功する[10]

しかし、革命後に成立した政権は農地改革の過程でアメリカ企業を接収したため、これに反発したアメリカがキューバの主要産業である砂糖の輸入を停止して対抗した。この後にキューバが砂糖の買い付けなど経済協力を申し出たソビエト連邦に急接近したことを受け、アメリカは1961年にキューバとの国交断絶を通告した。キューバも「社会主義革命」を宣言した[11]1962年10月にはキューバに核弾頭搭載のミサイル基地建設を進めるソ連に対し、アメリカが戦艦戦闘機でキューバを海上封鎖して核戦争の一歩手前までいくキューバ危機に巻き込まれることになった[11]

アメリカは断交後に厳しい経済制裁を課すなど、キューバを孤立させる政策を続けてきた。1991年ソ連が崩壊した後もアメリカは制裁を緩和せず、それどころか、1990年代中盤に逆に強化した。反カストロ派のキューバ系アメリカ人英語版がこの対キューバ政策に強い影響力を与えてきたといわれる[12]

雪解けの始まり

2008年アメリカ合衆国大統領選挙アメリカ合衆国大統領に当選したバラク・オバマはキューバとの国交正常化をマニフェストに掲げた[12]。オバマは2009年4月にキューバ系アメリカ人によるキューバへの送金渡航規制を撤廃する方針を打ち出す[13]と同時に、関係閣僚通信事業会社のキューバ進出を認めるよう指示した[14]。さらに、同月にトリニダード・トバゴで開催された米州首脳会議第5回米州首脳会議英語版)の開会あいさつのなかで、「キューバとの間で新たな始まりを追求する」と表明した[15][16]。しかし、キューバへの経済制裁と干渉はその後も継続していた[17]。2012年4月にコロンビアで開催された第6回米州首脳会議英語版は会議へのキューバの参加に反対するアメリカ合衆国と賛成するラテンアメリカ諸国の意見の対立などが原因で、共同声明が採択されないまま閉幕した[18]

2012年7月にキューバの国家評議会議長ラウル・カストロアメリカ合衆国連邦政府との「あらゆることを議論する」話し合いに応じる意思があることを表明した[19]。2013年12月に南アフリカ共和国で執り行われたネルソン・マンデラの追悼式でバラク・オバマはスピーチの前にラウル・カストロに握手を求め、両首脳は双方の歩み寄りを示唆する握手を交わした[20]

実はオバマがキューバとの「ハイレベルでの接触」に着手したのはネルソン・マンデラの死より半年以上も前、2013年春のことだった[21]カナダ政府はアメリカとキューバが秘密交渉を進めるための場所を提供しただけでなく、会談を進めるためにあらゆるサポートを行った[22]カナダでの両国の高官協議は2013年6月から2014年11月までにトロントオタワで計7回程度行われた[23]ローマ教皇フランシスコも重要な役割を果たした。フランシスコはオバマとカストロに書簡を送り、捕虜の釈放など人道的な問題を解消するよう促した[24]。2014年10月に両国の代表団を集めてバチカンで行われた詰めの交渉で双方は合意に達した[23]

2014年12月17日にオバマは声明を発表し、キューバとの国交正常化交渉を始める方針を示した。キューバとの通商関係の見直しと、1961年に閉鎖された在キューバの大使館再開を目指すと発表した。キューバに対する禁輸措置は失敗したと認め、禁輸解除を検討するよう連邦議会に要請すると述べた。カストロもほぼ同時刻にハバナでスピーチを行い、かつて敵国だった両国が半世紀以上を経た後に「外交関係の再樹立に同意した」と発表した[25]。オバマとカストロはこの前日に約1時間にわたり電話で会談していた[26]

キューバ系アメリカ人の若い世代でキューバに対するアメリカの政策を改めるべきとの考えが広まりつつあり[27]、キューバには経済状況の悪化にくわえ、盟友だったベネズエラウゴ・チャベスの死後に石油輸出を減少させているという苦しい事情があった[28]

捕虜の交換

アラン・グロス英語版はアメリカ政府専用機に乗り、2014年12月17日にアメリカに帰国した。グロスは「捕虜交換」でキューバの刑務所から釈放された

2012年5月に、アメリカでスパイの罪に問われて1990年代から服役しているキューバ人諜報員「キューバン・ファイブ英語版」と、キューバで違法な通信衛星機器を設置して逮捕されたアメリカ合衆国国際開発庁(USAID)の下請け業者アラン・グロス英語版の「捕虜交換」をアメリカ側が拒否したと報じられた[29]

アメリカはその後に方針を急転換することになった。2014年12月にアメリカ合衆国大統領バラク・オバマがキューバと国交正常化を目指すと発表したが、その取り組みの一環として、「捕虜交換」が実施された[30]。グロスのほかに、アメリカの諜報機関のエージェントとして働き、20年近くキューバで服役していたローランド・サーハフ・トルヒーヨ英語版も釈放された[31][32][33]。2015年1月12日にはアメリカとの国交正常化交渉の一環として、キューバが政治犯53人の釈放を完了したことが明らかになった[34]

捕虜の交換は1962年に禁輸措置を発動して以来の、ホワイトハウスの対キューバ政策の歴史的な方針転換となった。これで両国関係の障害も取り除かれた[30]

渡航・貿易規制の緩和

オバマ政権は2015年1月16日からアメリカ人のキューバへの渡航規制や送金規制、および両国間の商取引規制の緩和を実施したが[35]、対キューバ禁輸措置を解除する権限を保持するのは連邦議会のみであるため[36]、オバマは連邦議会での2015年1月20日の一般教書演説2015年の一般教書演説英語版[37]および翌2016年1月13日の一般教書演説(2016年の一般教書演説英語版)において、禁輸措置を解除するよう議員に訴えた[38]

2015年2月にコナン・オブライエンが司会を務めるTBSのシリーズの番組がハバナで撮影された。アメリカのテレビ番組がキューバ本島で撮影されるのは対キューバ禁輸措置が発動された1962年以降では初めてのことであった[39]。続いて2015年5月にミネソタ管弦楽団が主要なオーケストラとしては16年ぶりにキューバでコンサートを開催した[40]

AP通信メジャーリーグベースボール(MLB)が2015年春にキューバでスプリングトレーニングの実施を計画していたが、準備不足のために延期されたと2015年2月28日に報じた。MLB選手会専務理事のトニー・クラークはキューバでのプレーについて「現在進行中」の議論がなされていると述べており[41]MLBコミッショナーロブ・マンフレッド英語版は3月19日付の『ウォール・ストリート・ジャーナル』へのインタビューの中で「来年のスプリングトレーニング中に(オープン戦が)行われると確信している。1試合か数試合になるかは分からない」と説明している[42]2016年3月22日にハバナのエスタディオ・ラティーノアメリカーノにおいて、タンパベイ・レイズ対キューバ代表の親善試合が開催され、カストロとキューバ訪問中のオバマも観戦した。MLB球団がキューバ国内で試合をするのは1999年ボルチモア・オリオールズ対キューバ代表の親善試合以来17年ぶりとなった[43]

2015年3月にサン・カントリー航空英語版が運航するニューヨーク市ジョン・F・ケネディ国際空港からハバナのホセ・マルティ国際空港へのチャーター便が始まった[44]。2015年5月5日にはアメリカ合衆国財務省フロリダとキューバを結ぶフェリーの就航に向け、少なくとも4社の運航会社に事業免許を交付したことを明らかにした[45]。2016年3月には、キューバ当局がカーニバルクルーズラインによるマイアミからハバナまでの航行を認可した[46]

NBCニュースは「家族の絆」を持たないにもかかわらず、2015年1月から5月にかけてキューバを訪れたアメリカ人が前年同期比で36%も増加したと報じた[47]ピュー研究所の報告によると、2015年にアメリカに移り住んだキューバ人が前年に比べて78%も増加したことがわかった[48]

国交正常化

二国間交渉

2015年6月30日付でバラク・オバマがラウル・カストロあてに送った親書。アメリカ合衆国とキューバの国交正常化および永久の在外公館設置について書かれている
2015年7月1日。バラク・オバマはキューバのアメリカ大使館が再開されると話した(クリックで動画再生)

2015年1月21日にアメリカとキューバはハバナで国交正常化に向けた二国間協議を開始した。初日の交渉では、ハバナのコンベンション・センターで移民問題に関する非公開会談を行った[49]。この会談でキューバの代表者は海上で捕捉された場合は送還されるが、アメリカ合衆国本土に上陸した場合は在留許可を与えるという「濡れた足と乾いた足英語版」政策を廃止するよう求めた[50]。これに先立ち、CNNはオバマの雪解け声明後にアメリカ政府が対キューバ難民政策を変更するとのうわさが広まり、アメリカへの「駆け込み」入国を図るキューバ人の数が急増していると報じている[51]

アメリカ側の代表を務める西半球担当国務次官補英語版ロバータ・ジェイコブソン英語版は「人権問題がアメリカの政策の中心であることは間違いない。この問題でキューバ政府に意見を表明し続ける」と述べた[52]。彼女はまた、(濡れた足と乾いた足政策を採用する)「キューバ調整法英語版」を今後も維持していくと一歩も譲らない意向を明らかにした[53]

アメリカとキューバの2回目の国交正常化交渉は2月27日からワシントンD.C.で開催された。両政府代表はともに、この交渉を「進展があった」と評価している[54]。キューバ側の代表を務める外務省アメリカ担当局長のジョセフィーナ・ヴィダルは交渉後の記者会見で、「テロ支援国家」の指定解除は国交正常化の前提条件ではないが、キューバにとって優先事項で「重要な問題だ」と強調した[55]

アメリカとキューバの3回目の国交正常化交渉は3月16日からハバナで開催された。双方の国での大使館再開などについて話し合ったが、合意には至らなかった。協議は翌17日に突然終了したが、キューバ外務省は「今後も協議を継続する」との声明を発表した[56]

カストロは4月10日からパナマで開催された第7回米州首脳会議英語版に出席した。キューバの首脳が同首脳会議に参加するのは初めてのことだった[57]。彼は直前に30か国ほどの首脳が居並ぶ前でアメリカに対する積年の恨みをぶちまける50分間のスピーチを披露したが[58][59]4月11日の両首脳による「歴史的な会談」は友好的なムードのなかで行われた。オバマは「冷戦は終わった」と述べ、カストロもオバマを「正直な人物」と評価した[60]。カストロは会談の冒頭で、キューバの人権状況や報道の自由についても議論する用意があると表明したが、「幻想を抱いてはいけない。双方には相違があり、大変な忍耐が必要だ」という発言もしている。会談の場では経済制裁の解除を求めたほか、アメリカからキューバに逃亡した犯罪者の扱いについて協議した[61]

「テロ支援国家」指定解除

キューバ側はアメリカとの国交正常化交渉を進める上で、「テロ支援国家」指定解除が重要な問題だと指摘していた。キューバのほかにはイランスーダンシリアの3か国のみが指定されている。北朝鮮は2008年に指定を解除された[62]

キューバは南アメリカアフリカ共産主義テロ勢力を支援しているとの理由から1982年にテロ支援国家に指定されたが、近年の同国のテロとのつながりについては疑問視する声が多く、アメリカ合衆国国務省もテロとの関係は希薄になっているとの見方を示した[7]。オバマは2015年4月14日にキューバのテロ支援国家指定を解除する方針を連邦議会に伝え、指定解除に必要な文書を議会に提出した[63]。オバマの対キューバ政策は与党民主党からも批判の声が上がっていたが、異議を唱えることができる45日以内に反対の動議を提出する議員はいなかった[64]。45日間が過ぎた5月29日に解除が発効した[65]

キューバ政府の銀行口座

2015年5月19日にキューバ政府がアメリカ国内で銀行口座を開設したことが明らかになった。キューバ側はアメリカとの国交正常化交渉で、銀行口座を使えるようにすることをワシントンに大使館を開設する前提条件として挙げていた[66]

大使館の開設

2015年7月20日にワシントンD.C.のキューバ大使館に掲揚されたキューバ国旗

2015年7月1日にアメリカとキューバは54年ぶりに国交を回復することで正式合意した。バラク・オバマとラウル・カストロが親書を交わし、大使館を相互に開設することで一致した[67]

7月20日にワシントンの「キューバの利益代表部英語版」とハバナの「アメリカの利益代表部英語版」が大使館に格上げされ、アメリカとキューバ両国は国交を回復した[8]。ワシントンのキューバ大使館ではキューバ国旗の掲揚が行われ、キューバの外務大臣英語版ブルーノ・ロドリゲス・パリージャ英語版が出席した[68]。ロドリゲスは同日にワシントン市内の国務省を訪れ、アメリカ合衆国国務長官ジョン・ケリーと会談した。ケリーは会談後の共同記者会見で「歴史的な日だ。しかし、完全な関係正常化への道は長く複雑かもしれない」と述べ、両国政府を隔てている課題がまだ多く残っている事実も指摘した[69]

ケリーは8月14日にアメリカの外交トップとしては70年ぶりにキューバを訪れ、ハバナのアメリカ大使館に星条旗を掲揚する式典に出席した。「我々はもはや敵でもライバルでもなく、隣人として手を差しのべあい、互いの幸福を祈る関係になった」と述べる一方で、キューバ政府に対し人権問題の改善に取り組むよう促した[70]

グアンタナモ米軍基地問題

ラウル・カストロはコスタリカで開かれたラテンアメリカ・カリブ諸国共同体(CELAC)の首脳会議に出席中の2015年1月28日に、経済制裁解除やグアンタナモ米軍基地の返還などの根本的な問題が解決しなければ、アメリカとの国交正常化は無理と語った[71]

アメリカ合衆国国防長官アシュトン・カーターは7月1日の記者会見で、グアンタナモ米軍基地をキューバに返還する計画はないと明言した[72]グアンタナモ湾アメリカ合衆国東部パナマ運河を結ぶ戦略上重要な地点に位置している。また、9.11テロ以降に同基地内の収容キャンプにテロ容疑者を収容しているが、その多くが釈放された後にテロ活動に復帰していることなどから、共和党では閉鎖反対論が強まっている[73]。この問題は現在も解決していない。

アメリカ政府による経済イニシアティブ

アメリカ連邦政府はキューバとの商取引をよりよくするために具体的な目標を述べている。アメリカ側交渉団の代表を務めるロバータ・ジェイコブソンはキューバのインターネット利用や携帯電話のサービスを強化することで、世界経済への統合を支援していくことを提案した[74]。これはアメリカの電気通信事業者ベライゾンスプリントなどが手掛けている[75][76]

両国の関係が改善されることで、キューバの観光収入の増加やアメリカ企業のキューバへの商取引拡大が期待される[77]アメリカ合衆国財務長官ジェイコブ・ルーは「アメリカとキューバの関係がより強く開放的になれば、両国の国民にとってより多くの経済機会が作り出される」と指摘する[78]

郵便サービスと定期航空便サービスの再開

2015年12月11日にアメリカとキューバはこれまで第三国を経由していた郵便物を今後は直接やり取りすることで合意した[79]。1週間後の2015年12月17日にアメリカとキューバは定期航空便開設のための取り決めで合意した。ただし、純粋な観光目的のアメリカからキューバへの渡航は引き続き禁止するとしている[80]。1日に計110便を就航することを可能にする覚書は2016年2月16日に署名された[81]。両国間の郵便サービスは2016年3月17日に再開された[82]

アメリカ合衆国大統領の訪問

ハバナのエスタディオ・ラティーノアメリカーノで野球親善試合を観戦するオバマとカストロ

アメリカ合衆国大統領バラク・オバマは2016年3月20日から3日間のキューバ訪問を開始した[83]。現職の合衆国大統領がキューバを訪問するのは史上2回目で、1928年のカルビン・クーリッジ以来初めてのことだった[84]。オバマは訪問最終日の22日にキューバの反体制組織メンバーとハバナのアメリカ大使館で会談して民主化を支援する意向を示す一方、その後の野球親善試合をカストロと並んで観戦した[85]

国内政治家の反応

キューバ

1950年代のキューバ革命の指導者の1人で、2008年よりキューバの国家評議会議長を務めるラウル・カストロは2013年に「新世代への革命のリーダーシップの緩やかで整然とした移行」はすでに進行中であると宣言した[86]。カストロは2013年2月24日に国家評議会議長に再任されたが、2期目の任期が終了する2018年に引退すると表明した[87]

フィデル・カストロの書簡が2015年1月26日にキューバ共産党機関紙グランマ』に掲載された。国交正常化交渉を支持すると表明したが、今でもアメリカの政策は「信用していない」としている。「我々は常に全ての人々との協力と友情を守らなければならない。その中には政敵も含まれる」と述べた[88]

2014年12月にラウル・カストロはローマ教皇フランシスコの仲介で、キューバとアメリカの関係が改善したことに感謝の意を示した。2015年1月にはサンディーノ英語版に、1959年のキューバ革命以来キューバ国内では初のカトリック教会が建設されることが明らかになった[89]。2015年9月19日にキューバを初訪問したフランシスコはハバナでミサを開き、その後にフィデル・カストロとも会談した[90]

ラウル・カストロは第7回米州首脳会議でのスピーチで、「マニフェスト・デスティニー」を掲げるアメリカがこれまでにキューバに対して行った支配および干渉を批判した。「20か国でおそるべき独裁政権が樹立された。そのうち、12か国の転覆は同時に行われた」と、アメリカがラテンアメリカの多くの独裁政権を支援してきたことも触れた[91]。続いて、キューバ革命後のキューバの苦難について話した。しかしながら、演説の締めの部分では、最近の両国関係の改善を肯定的に評価した[92]

アメリカ合衆国

アメリカ国内では、オバマの雪解け声明は著名な共和党指導者たちからいくつもの政治的な反発を招いた。その急先鋒がキューバ系アメリカ人の連邦上院議員マルコ・ルビオである[93]。ルビオはオバマの雪解け声明直後に、対キューバ禁輸措置の完全撤廃に向けた法改正を可能な限り多く阻止するために「多数を占める我々共和党が取り得るあらゆる手段を行使するつもりだ」と述べている[94]2016年アメリカ合衆国大統領選挙の候補者となった彼はその後、大統領に当選したあかつきには大使館を閉鎖して両国の外交関係を以前の状態に取り戻す考えであることを明らかにした[95]。そのほかにも、ジェブ・ブッシュは「浅はかな決定で恩恵を受けるのは極悪のカストロ兄弟だ」と批判し[96]テッド・クルーズは「悲劇的な間違い」を犯してしまったと嘆いた[97]

民主党内でも、キューバ系アメリカ人で連邦上院外交委員会委員長を務めるロバート・メネンデスがグロスとの交換条件に有罪判決を受けた3人のキューバ人スパイを釈放したことについて「キューバの政権に経済的な命綱を渡してしまった」などと述べ、不快感を示した[98]

その一方で、ランド・ポールジェフ・フレイク英語版は共和党に所属しているが、通商の拡大がアメリカとキューバ両国に利益をもたらすとの考えから雪解けを歓迎している。ポールは「ルビオ上院議員は孤立主義者のように振る舞っている」「50年にわたる禁輸措置がまったく機能していない。体制変更が狙いであるなら、確実に機能していないようだ」と指摘する[99]

民主党の最有力大統領候補と目されているヒラリー・クリントンは「キューバの孤立政策は良い方向を目指すものだったが、地域におけるカストロ政権の勢力拡大を招くのみだった」「アメリカの第一の目的は自由を熱望するキューバ国民を支援することでなければならない」との見解を示し、オバマの政策転換を強く支持している[100][101]。2015年7月31日には共和党主導の連邦議会に経済制裁の早期解除を求め、「ほとんどの共和党大統領候補は時代遅れの冷戦思考でキューバを見ている」と非難した[102]

世界各国の反応

ラジオ・ポーランド英語版ポーランド外務省がさらに踏み込んで禁輸措置を解除するようにワシントンを奨励していることを伝えた[103]

キューバに近い同盟国のロシアはさらに踏み込んで禁輸措置を解除し、そして「テロ支援国家」を指定解除するようにワシントンを奨励している[104]。同じくキューバに近い同盟国の中国もキューバとアメリカの外交関係の再開を歓迎している[105]

一方で、イスラエルは変化を歓迎する声明を出していない数少ない国の一つであり、政策転換で不意を突かれたときにイスラエル外務省が「むっとした」ことが報じられた[106]。2015年10月27日の国際連合総会において、アメリカによる対キューバ禁輸措置の解除を求める決議案が24年連続で採択されたが、過去最高の191か国が決議に賛成し、アメリカ以外ではイスラエルのみが反対した[107]

ラテンアメリカ諸国は雪解けを歓迎する声明を公式に発表した。反米で知られるベネズエラの大統領ニコラス・マドゥロも「価値があり、歴史上必然的なジェスチャー」「フィデル・カストロの勝利だ」と評価している[108][109]。そのほかにも、コロンビアの元大統領南米諸国連合(UNASUR)事務局長のエルネスト・サンペール英語版が「キューバのみならず、地域全体にとっても非常におめでたいニュースだった」と述べ、パナマ大統領フアン・カルロス・バレーラが「地域統合の夢」を実現する首脳会議(第7回米州首脳会議)が開催されると話した[110]アルゼンチン政府は両国の国交正常化後に、対キューバ禁輸措置の終結に期待を表明している[111]

欧州連合(EU)は「歴史的な転換点」を迎えたとして歓迎の意を表明し、「(1989年に崩壊したベルリンの壁とは別の)もう1つの壁が崩れ始めた」と評価している[112]

カナダの外務大臣英語版ジョン・ベアード英語版は『アトランティック英語版』のジェフリー・ゴールドバーグ英語版に、オバマ政権の政策転換はキューバを良い方向に導くための助けになることを示唆している[113]

メディアの受け止め方

マスメディアは両国に多種多様な社会的利益や経済的利益をもたらすだけでなく、いくつかのあまり目立たない影響を及ぼすことになると見ている。『ニューズウィーク』はキューバの雪解け機運が報じられた直後に、アメリカの証券市場が一度、急騰したことを伝えている[2]ロイターは雪解けによって、キューバ政府がアメリカ当局から要求されている逃亡者を引き渡す可能性が高まると予測している[114]ブルームバーグ・ニュース英語版は雪解けによって、球団がキューバ人選手と契約する大きな機会を新たに獲得することになり、メジャーリーグベースボールに恩恵をもたらすことになると報じている[115]。『ウォール・ストリート・ジャーナル』はキューバの一般人が大挙して自分の家を購入・販売する「不動産革命」が進行中であることや[116]、キューバ国内で英語教育が以前より重視されるようになっていることを伝えている[117]

ニュー・リパブリック英語版』はキューバの雪解けは「オバマ政権の最大の外交成果」だと位置づけている[118]インドネシアの雑誌『ストラテジック・レビュー』はビル・クリントンが20年前にベトナムとの国交正常化を実現させる過程で採用した政策が良い手本になると提案している[119]

キューバの代表的な新聞『グランマ』はキューバの雪解けに関する多くの論文を発表した。「国際世論がアメリカのテロ支援国家指定からキューバを除外することを支持している」「オバマ大統領の決定は彼が両国関係を改善することを目的に政策転換を進める上で重要なステップとして、受け止められている」と述べている[120]。さらに、「キューバ政府は絶対に含まれるべきではなかったリストからキューバを除外するためのアメリカ合衆国大統領の正しい決定と受け止めている」と述べ、「テロ行為を扇動、支援、資金の融資あるいは隠蔽することを意図したいかなる行為のみならず、あらゆる形式や兆候をひっくるめたすべてのテロ行為を拒否し、非難する」と繰り返している[121]

世論

2016年1月にピュー研究所が実施した調査によると、アメリカ人の63%がキューバとの国交正常化に向けたオバマ政権の政策転換を支持していることがわかった(不支持は28%)。共和党(40%)支持者で正常化を支持する者の割合は民主党支持者(74%)や無所属支持者(67%)と比べてかなり低い。また、アメリカ人の66%が対キューバ禁輸措置の解除を支持していることがわかった(不支持は28%)。国交正常化と貿易解禁の両方を支持する者の割合はいずれの人種民族グループ(白人の62%、黒人64%、ヒスパニックの65%)とあらゆる年齢層で高いが、高齢者層のアメリカ人よりも若年層のアメリカ人で支持する者の割合が高くなっている。大学を卒業したアメリカ人(77%)が圧倒的に関係の修復を支持する一方、大学中退者(59%)と高等学校が最終学歴となった者(53%)は支持する者の割合が低い。国交正常化と貿易解禁は幅広く支持されているが、キューバが今後数年間で「より民主的になる」と信じていたのは調査対象となったアメリカ人のわずか32%に過ぎず、キューバの政情は今後数年間では変わらないと考える者の割合は60%にのぼった[122]

脚注

  1. ^ イゴール・ボビッチ (2015年4月12日). “キューバとアメリカ、「雪解け」へ オバマ大統領とラウル・カストロ議長が首脳会談”. ハフィントン・ポスト. http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/11/barack-obama-raul-castro-meeting_n_7047652.html 2015年12月24日閲覧。 
  2. ^ a b “Betting on a Cuban Thaw: Stocks Soar on Rumors of U.S. Relations With Cuba” (英語). Reuters. Newsweek. (2014年12月17日). http://www.newsweek.com/betting-cuban-thaw-stocks-soar-rumors-us-relations-cuba-292840 2015年12月24日閲覧。 
  3. ^ K. Quincy Parker (2015年1月6日). “CARICOM Launches Five-Year Plan” (英語). The Nassau Guardian. http://www.thenassauguardian.com/bahamas-business/40-bahamas-business/52862-caricom-launches-five-year-plan 2015年12月24日閲覧。 
  4. ^ “Se inicia la Cumbre con la mira puesta en el "deshielo" cubano-estadounidense” (スペイン語). Télam. (2015年4月10日). http://www.telam.com.ar/notas/201504/100923-cumbre-de-las-americas-panama.html 2015年12月24日閲覧。 
  5. ^ Carla Reyes Uschinsky (2015年1月28日). “Dos mujeres diplomáticas dirigen las negociaciones en el deshielo cubano” (スペイン語). Mundario. http://www.mundiario.com/articulo/sociedad/mujeres-diplomaticas-dirigen-negociaciones-deshielo-cubano/20150128151341026511.html 2015年12月24日閲覧。 
  6. ^ “【米・キューバ正常化交渉】大使館開設へ オバマ、カストロ両氏、声明発表…半世紀の政策転換”. 産経新聞. (2014年12月18日). http://www.sankei.com/world/print/141218/wor1412180012-c.html 2015年12月28日閲覧。 
  7. ^ a b “米、キューバのテロ支援国家指定を解除”. CNN. (2015年5月30日). p. 1. http://www.cnn.co.jp/usa/35065221.html 2015年12月24日閲覧。 
  8. ^ a b “米キューバ国交回復、54年ぶり 大使館再開”. 共同通信. (2015年7月20日). http://this.kiji.is/42126367560761344 2015年12月24日閲覧。 
  9. ^ “オバマ米大統領、歴史的なキューバ訪問開始”. 英国放送協会. (2016年3月21日). http://www.bbc.com/japanese/35859854 2016年4月8日閲覧。 
  10. ^ わかる!国際情勢 Vol.45 キューバの選択~カストロと社会主義”. 日本外務省 (2009年10月8日). 2015年12月28日閲覧。
  11. ^ a b 和田千才 (2014年12月18日). “キューバとの国交正常化に向け、アメリカが交渉開始へ 背景に何があったのか”. ハフィントン・ポスト. http://www.huffingtonpost.jp/2014/12/17/breakthrough-us-cuba-relations_n_6343680.html 2015年12月28日閲覧。 
  12. ^ a b 今村卓 (2015年7月). “ポトマック河畔より 13 米国とキューバ、54年ぶりの国交正常化”. 丸紅. 2015年12月28日閲覧。
  13. ^ “キューバへの送金と渡航制限を撤廃、米国”. AFP通信. (2009年4月14日). http://www.afpbb.com/articles/-/2592387?pid=4029870 2015年12月28日閲覧。 
  14. ^ “キューバ狙う通信事業大手 巨大市場 米政府に規制緩和促す”. イノベーションズアイ. (2010年9月15日). http://www.innovations-i.com/news/2763.html 2015年12月28日閲覧。 
  15. ^ “主張 米州首脳会議 新たな「地域秩序」の幕開けに”. しんぶん赤旗. (2009年4月21日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-04-21/2009042102_01_1.html 2015年12月28日閲覧。 
  16. ^ “きょうの潮流”. しんぶん赤旗. (2014年12月21日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-12-21/2014122101_05_0.html 2015年12月28日閲覧。 
  17. ^ “主張 米州首脳会議 域内協力は対等の原則でこそ”. しんぶん赤旗. (2012年4月19日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-04-19/2012041901_05_1.html 2015年12月28日閲覧。 
  18. ^ “第6回米州首脳会議が閉幕=共同宣言は採択できず=キューバの参加が争点に=亜国の主張巡っても対立”. ニッケイ新聞. (2012年4月17日). http://www.nikkeyshimbun.jp/2012/120417-21brasil.html 2015年12月28日閲覧。 
  19. ^ Peter Orsi (2012年7月26日). “Raul Castro: Cuba willing to sit down with US” (英語). Associated Press. http://news.yahoo.com/raul-castro-cuba-willing-sit-down-us-132320715.html 2015年12月28日閲覧。 
  20. ^ “オバマ米大統領、キューバのカストロ議長と握手 マンデラ氏追悼式”. AFP通信. (2013年12月10日). http://www.afpbb.com/articles/-/3004835 2015年12月28日閲覧。 
  21. ^ “秘密交渉1年半 法王も仲介 米、キューバと53年ぶり正常化交渉へ”. サンケイビズ. (2014年12月19日). p. 3. http://www.sankeibiz.jp/express/news/141219/exd1412190630002-n3.htm 2015年12月28日閲覧。 
  22. ^ “国交正常化に向かうアメリカとキューバ、電撃発表の舞台裏”. ハフィントン・ポスト. (2014年12月18日). http://www.huffingtonpost.jp/2014/12/17/obama-cuba_n_6345614.html 2015年12月28日閲覧。 
  23. ^ a b “米・キューバ:国交交渉へ 冷戦の名残、雪解け”. 毎日新聞. (2015年1月1日). http://mainichi.jp/articles/20150101/ddm/010/030/034000c 2015年12月28日閲覧。 
  24. ^ “ローマ法王、米国とキューバを祝福 仲介の役割を明かす”. 日本経済新聞. (2014年12月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK18H1B_Y4A211C1I00000/ 2015年12月28日閲覧。 
  25. ^ “米とキューバ、国交正常化へ始動 歴史的政策転換”. AFP通信. (2014年12月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3034590 2015年12月28日閲覧。 
  26. ^ “再送-UPDATE 1-米大統領、キューバとの国交正常化交渉開始を発表”. ロイター. (2014年12月18日). http://jp.reuters.com/article/idJPL3N0U14T220141217 2015年12月28日閲覧。 
  27. ^ ピーター・エニス (2009年5月7日). “対キューバ政策にも変化、オバマ政権の目指す外交戦略”. 東洋経済オンライン. p. 2. 2015年12月28日閲覧。
  28. ^ “【米キューバ国交交渉】キューバが米接近の理由…経済疲弊、“盟友”ベネズエラの「石油」出し惜しみ”. 産経新聞: p. 1. (2015年4月12日). http://www.sankei.com/economy/news/150412/ecn1504120008-n1.html 2015年12月24日閲覧。 
  29. ^ Circles Robinson (2012年5月11日). “US Says NO to Alan Gross-Cuban 5 Swap” (英語). Havana Times. http://www.havanatimes.org/?p=69843 2015年12月24日閲覧。 
  30. ^ a b “Cuba libera a Alan Gross y EE UU a los 3 espías” (スペイン語). CubaNet. (2014年12月17日). https://www.cubanet.org/destacados/cuba-libera-a-alan-gross-y-ee-uu-a-los-3-espias/ 2015年12月24日閲覧。 
  31. ^ Mark Mazzetti,Michael S. Schmidt,Frances Robles (2014年12月18日). “Crucial Spy in Cuba Paid a Heavy Cold War Price” (英語). The New York Times. http://www.nytimes.com/2014/12/19/world/americas/cia-mole-now-out-of-prison-helped-us-identify-cuban-spies.html?emc=edit_th_20141219&nl=todaysheadlines&nlid=8280832&_r=0 2015年12月24日閲覧。 
  32. ^ Adam Goldman (2014年12月18日). “U.S. spy freed by Cuba was longtime asset” (英語). The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/world/national-security/us-spy-freed-by-cuba-was-longtime-asset/2014/12/17/a3b374c4-8612-11e4-a702-fa31ff4ae98e_story.html 2015年12月24日閲覧。 
  33. ^ Glenn Garvin,Juan O. Tamayo,Patricia Mazzei (2015年1月1日). “Spy wars: a wilderness of mirrors in U.S.-Cuba swap” (英語). The Miami Herald. http://www.miamiherald.com/news/nation-world/world/americas/cuba/article5311092.html 2015年12月24日閲覧。 
  34. ^ “キューバが政治犯53人を釈放、米との国交正常化交渉の一環”. CNN. (2015年1月13日). http://www.cnn.co.jp/world/35058889.html 2015年12月24日閲覧。 
  35. ^ “米国が対キューバ制裁緩和措置発表、16日から渡航や送金など”. ロイター. (2015年1月16日). http://jp.reuters.com/article/us-cuba-idJPKBN0KP0B920150116 2015年12月24日閲覧。 
  36. ^ David Adams (2015年1月19日). “Obama must work with Congress to reform Cuba embargo: policy experts” (英語). Reuters. http://www.reuters.com/article/us-cuba-usa-letter-idUSKBN0KS1IU20150119 2015年12月24日閲覧。 
  37. ^ “米大統領が一般教書演説、中間層支援重視で富裕層増税打ち出す”. ロイター. (2015年1月21日). http://jp.reuters.com/article/state-of-union-address-idJPKBN0KU05M20150121?pageNumber=2&sp=true 2015年12月24日閲覧。 
  38. ^ “オバマ米大統領 一般教書演説「国民守る」 テロの脅威、対応強調”. 毎日新聞(東京夕刊). (2016年1月13日). http://mainichi.jp/articles/20160113/dde/007/030/022000c 2016年4月7日閲覧。 
  39. ^ “国交回復したキューバで米人気司会者が番組撮影”. ビルボード. (2015年2月17日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/25948/2 2015年12月24日閲覧。 
  40. ^ Euan Kerr (2015年5月17日). “After Thaw, Minnesota Orchestra Returns To Cuba” (英語). National Public Radio. http://www.npr.org/sections/deceptivecadence/2015/05/17/406993869/after-thaw-minnesota-orchestra-returns-to-cuba 2015年12月24日閲覧。 
  41. ^ “MLB considering games in Cuba” (英語). Associated Press. ESPN. (2015年2月28日). http://espn.go.com/mlb/story/_/id/12398715/mlb-considering-playing-future-spring-training-games-cuba 2015年12月24日閲覧。 
  42. ^ “来春キューバでMLBオープン戦も!マンフレッド氏が明かす”. サンケイスポーツ. (2015年3月21日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20150321/mlb15032105010004-n1.html 2015年12月24日閲覧。 
  43. ^ “米大リーグとキューバ代表が親善試合 オバマ氏が観戦”. 日本経済新聞. (2016年3月23日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK22H75_S6A320C1000000/ 2016年4月7日閲覧。 
  44. ^ “Direct Flights Between Cuba and New York Have Started” (英語). Skift. Associated Press. (2015年3月18日). http://skift.com/2015/03/18/direct-flights-between-cuba-and-new-york-have-started/ 2015年12月24日閲覧。 
  45. ^ Doreen Hemlock,Arlene Satchell (2015年5月5日). “At least four Florida companies approved for ferry service to Cuba” (英語). The Sun-Sentinel. http://www.sun-sentinel.com/business/tourism/fl-havana-ferry-approval-20150505-story.html 2015年12月24日閲覧。 
  46. ^ Chabeli Herrera (2016年3月21日). “Carnival gets approval to start cruising from Miami to Cuba in May” (英語). Miami Herald. http://www.miamiherald.com/news/business/tourism-cruises/article67400067.html 2016年4月7日閲覧。 
  47. ^ “Dramatic Increase In U.S. To Cuba Travel, Up 36 Percent From Last Year” (英語). NBC News. (2015年5月26日). http://www.nbcnews.com/news/latino/dramatic-increase-u-s-cuba-travel-36-percent-last-year-n364591 2015年12月24日閲覧。 
  48. ^ Jens Manuel Krogstad (2015年12月10日). “Cuban immigration to U.S. surges as relations warm” (英語). Pew Research Center. http://www.pewresearch.org/fact-tank/2015/12/10/cuban-immigration-to-u-s-surges-as-relations-warm/ 2015年12月24日閲覧。 
  49. ^ “米・キューバ、国交正常化交渉を開始”. AFP通信. (2015年1月22日). http://www.afpbb.com/articles/-/3037308 2015年12月24日閲覧。 
  50. ^ Bradley Klapper,Michael Weissenstein (2015年1月21日). “US, Cuba spar over migration policy at historic Havana talks” (英語). Yahoo!. http://news.yahoo.com/havana-talks-start-promises-obama-cuban-caution-083806934--politics.html 2015年12月24日閲覧。 
  51. ^ “米国への駆け込み図るキューバ人が急増 政策変更のうわさで”. CNN. (2015年1月6日). http://www.cnn.co.jp/world/35058675.html 2015年12月24日閲覧。 
  52. ^ “国交正常化交渉 米国 人権と自由を提起 キューバ 内政不干渉を要求”. しんぶん赤旗. (2015年1月25日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-01-25/2015012506_01_1.html 2015年12月24日閲覧。 
  53. ^ Daniel Trotta,Lesley Wroughton (2015年1月22日). “U.S. presses Cuba on human rights in talks on restoring ties” (英語). Reuters. http://www.reuters.com/article/us-cuba-usa-idUSKBN0KV0E720150123#CHQjKHiEsqbzDshy.97 2015年12月24日閲覧。 
  54. ^ “米キューバ国交交渉「前進」 大使館再開日程は決まらず”. 共同通信. (2015年2月28日). http://this.kiji.is/39610004258684929 2015年12月24日閲覧。 
  55. ^ “米・キューバ第2回交渉 テロ国家指定解除で相違 大使館設置は次回以降に”. しんぶん赤旗. (2015年3月1日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-01/2015030106_01_1.html 2015年12月24日閲覧。 
  56. ^ “米・キューバ、3回目の正常化交渉終了”. 日本経済新聞. (2015年3月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM17H9X_X10C15A3FF2000/ 2015年12月24日閲覧。 
  57. ^ “米・キューバ首脳、米州首脳会議で握手”. AFP通信. (2015年4月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3045127 2015年12月29日閲覧。 
  58. ^ “米州首脳会議 米に積年の恨み、演説50分 カストロ議長”. 毎日新聞. (2015年4月13日). http://mainichi.jp/articles/20150413/ddm/007/030/114000c 2015年12月24日閲覧。 
  59. ^ “米・キューバ首脳が歴史的会談、冗談も飛び出す”. AFP通信. (2015年4月12日). p. 1. http://www.afpbb.com/articles/-/3045164?pid=0 2015年12月24日閲覧。 
  60. ^ “アングル:歴史的会談も隔たり、米キューバ待ち受ける険しい道”. ロイター. (2015年4月13日). http://jp.reuters.com/article/us-p-idJPKBN0N40RQ20150413?pageNumber=2&sp=true 2015年12月24日閲覧。 
  61. ^ “【米キューバ国交交渉】59年ぶり首脳会談、オバマ氏「キューバは脅威ではない」 カストロ氏「幻想抱くな」”. 産経新聞: p. 2. (2015年4月12日). http://www.sankei.com/world/news/150412/wor1504120037-n2.html 2015年12月24日閲覧。 
  62. ^ “米、キューバのテロ支援国家指定を解除へ”. CNN. (2015年4月8日). http://www.cnn.co.jp/usa/35062865.html 2015年12月24日閲覧。 
  63. ^ “キューバのテロ支援国家指定を解除へ オバマ大統領がアメリカ議会に通告”. ハフィントン・ポスト. (2015年4月15日). http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/14/cuba-state-sponsored-terrorism_n_7066256.html 2015年12月24日閲覧。 
  64. ^ “米、キューバのテロ支援国家指定を正式に解除”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2015年5月30日). http://jp.wsj.com/articles/SB11729237550577364065404581015863446160764 2015年12月24日閲覧。 
  65. ^ “アメリカ、キューバのテロ支援国家指定を解除 国交回復に向けた重要な一歩”. ハフィントン・ポスト. (2015年5月30日). http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/29/cuba-officially-off-us-terror-blacklist_n_7471424.html 2015年12月24日閲覧。 
  66. ^ “キューバ政府、米で銀行口座”. ベトナムの声. (2015年5月21日). http://vovworld.vn/ja-JP/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90%E6%94%BF%E5%BA%9C%E7%B1%B3%E3%81%A7%E9%8A%80%E8%A1%8C%E5%8F%A3%E5%BA%A7/336638.vov 2015年12月24日閲覧。 
  67. ^ “米・キューバ、54年ぶりに国交回復 相互に大使館設置”. ロイター. (2015年7月2日). http://jp.reuters.com/article/us-cuba-idJPKCN0PB5GR20150701 2015年12月24日閲覧。 
  68. ^ “米・キューバが54年ぶり国交回復、相互に大使館再開”. ロイター. (2015年7月21日). http://jp.reuters.com/article/cuba-usa-july-idJPKCN0PU0TD20150721 2015年12月24日閲覧。 
  69. ^ “関係正常化「長く複雑」=国交回復は「歴史的」-米キューバ外相会談”. 時事通信. (2015年7月21日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201507/2015072100129 2015年12月24日閲覧。 
  70. ^ “キューバ米大使館に星条旗…もはや敵でない”. 日本テレビ. (2015年8月15日). http://www.news24.jp/articles/2015/08/15/10306963.html 2015年12月24日閲覧。 
  71. ^ “グアンタナモ返還など条件 キューバ、米との国交正常化”. 朝日新聞. (2015年1月30日). http://digital.asahi.com/articles/DA3S11576767.html?_requesturl=articles/DA3S11576767.html 2015年12月24日閲覧。 
  72. ^ “キューバのグアンタナモ基地返還「ない」 米国防長官”. 日本経済新聞. (2015年7月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H2O_S5A700C1EAF000/ 2015年12月24日閲覧。 
  73. ^ “【米・キューバ国交交渉】グアンタナモ返還、改めて焦点に”. 産経新聞: p. 2. (2015年7月2日). http://www.sankei.com/world/news/150702/wor1507020030-n2.html 2015年12月24日閲覧。 
  74. ^ Kejal Vyas (2015年6月20日). “U.S. Sets a Goal in Cuba: Open Internet” (英語). The Wall Street Journal. http://www.wsj.com/articles/u-s-sets-a-priority-in-cuba-open-internet-1421792275 2015年12月24日閲覧。 
  75. ^ “ベライゾン、キューバで携帯ローミングサービス開始へ 米企業初”. ロイター. (2015年9月18日). http://jp.reuters.com/article/cuba-verizon-idJPL4N11N5QL20150917 2015年12月24日閲覧。 
  76. ^ “スプリント、キューバと国際ローミング契約”. US FrontLine. (2015年11月5日). http://usfl.com/news/91375 2015年12月24日閲覧。 
  77. ^ “Abbott’s trip to Cuba shows it’s time for U.S. to lift trade embargo” (英語). MyStatesman.com. (2015年11月30日). http://www.mystatesman.com/news/news/opinion/abbott-seeks-economic-advantage-for-texas-of-obama/npYdf/ 2015年12月24日閲覧。 
  78. ^ “キューバ制裁一部緩和、投資や渡航の自由拡大=米国”. ロイター. (2015年9月19日). http://jp.reuters.com/article/cuba-us-partially-easing-sanction-idJPKCN0RI28520150918 2015年12月24日閲覧。 
  79. ^ “米とキューバ 郵便物を直接やり取りへ”. ベトナムの声. (2015年12月12日). http://vovworld.vn/ja-JP/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E7%B1%B3%E3%81%A8%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90-%E9%83%B5%E4%BE%BF%E7%89%A9%E3%82%92%E7%9B%B4%E6%8E%A5%E3%82%84%E3%82%8A%E5%8F%96%E3%82%8A%E3%81%B8/392753.vov 2016年4月7日閲覧。 
  80. ^ “米キューバ 定期航空便開設で合意 観光旅行は禁止継続”. 毎日新聞. (2015年12月18日). http://mainichi.jp/articles/20151218/k00/00m/030/144000c 2016年4月7日閲覧。 
  81. ^ “米キューバ、定期便就航へ覚書署名 年内にも開始”. 日本経済新聞. (2016年2月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM17H14_X10C16A2EAF000/ 2016年4月7日閲覧。 
  82. ^ Matt Hunter (2016年3月18日). “Cuban woman who invited Obama for coffee is thrilled to get a reply from the President on first mail flight from US since 1959” (英語). Dailymail.co.uk. http://www.dailymail.co.uk/news/article-3497479/Cuban-wrote-Obama-says-shes-thrilled-response.html 2016年4月7日閲覧。 
  83. ^ “オバマ氏、キューバ訪問開始 現職米大統領では88年ぶり”. AFP通信. (2016年3月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/3081066?pid=17633604 2016年4月7日閲覧。 
  84. ^ “オバマ米大統領 キューバ訪問へ”. BBCニュース. (2016年2月18日). http://www.bbc.com/japanese/35602149 2016年4月7日閲覧。 
  85. ^ “オバマ米大統領 キューバ反体制派と会談 民主化支援伝える”. 毎日新聞(東京夕刊). (2016年3月23日). http://mainichi.jp/articles/20160323/dde/007/030/036000c 2016年4月7日閲覧。 
  86. ^ Marc Frank (2013年7月26日). “Cuba's Raul Castro promises succession has started” (英語). Reuters. http://www.reuters.com/article/us-cuba-castro-anniversary-idUSBRE96P0UD20130726 2015年12月28日閲覧。 
  87. ^ “キューバのカストロ議長「5年後に引退」、ナンバー2に若手抜擢”. ロイター. (2013年2月25日). http://jp.reuters.com/article/tk0620721-cuba-castro-idJPTYE91O02220130225 2015年12月24日閲覧。 
  88. ^ “カストロ前議長、国交正常化を支持 米政府にはいまだ不信感”. CNN. (2015年1月28日). http://www.cnn.co.jp/world/35059620.html 2015年12月24日閲覧。 
  89. ^ “キューバで革命以来初のカトリック教会建設へ”. CNN. (2015年1月31日). http://www.cnn.co.jp/world/35059773.html 2015年12月24日閲覧。 
  90. ^ “ローマ法王キューバ初訪問=首都ハバナでミサを行う=F・カストロ元議長とも会談”. ニッケイ新聞. (2015年9月22日). http://www.nikkeyshimbun.jp/2015/150922-22brasil.html 2015年12月24日閲覧。 
  91. ^ “米州首脳会議 米の中南米支配を糾弾 ラウル・カストロの演説(上)”. 人民の星. (2015年4月18日). http://ww5.tiki.ne.jp/~people-hs/data/5982-2.html 2015年12月24日閲覧。 
  92. ^ “米州首脳会議 米の中南米支配を糾弾 ラウル・カストロの演説(下)”. 人民の星. (2015年4月22日). http://ww5.tiki.ne.jp/~people-hs/data/5983-2.html 2015年12月24日閲覧。 
  93. ^ “アメリカとキューバが国交正常化交渉へ 米共和党の反発に懸念”. ライブドアニュース. (2014年12月19日). http://news.livedoor.com/article/detail/9595831/ 2015年12月24日閲覧。 
  94. ^ “米キューバ、国交正常化交渉開始-米大統領が抜本的転換表明”. ブルームバーグ. (2014年12月18日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGQIRT6VDKHU01.html 2015年12月24日閲覧。 
  95. ^ “米国とキューバ、関係改善は遠い道のり”. 中国網. (2015年7月22日). http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2015-07/22/content_36121423.htm 2015年12月24日閲覧。 
  96. ^ “米大統領選、指名争い本格化=ブッシュ、クリントン両氏軸に”. MSN.com. (2015年1月2日). http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E7%B1%B3%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%81%B8%E3%80%81%E6%8C%87%E5%90%8D%E4%BA%89%E3%81%84%E6%9C%AC%E6%A0%BC%E5%8C%96%EF%BC%9D%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%80%81%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E4%B8%A1%E6%B0%8F%E8%BB%B8%E3%81%AB/ar-BBhraO0 2015年12月24日閲覧。 
  97. ^ Rebecca Nelson (2014年12月18日). “Ted Cruz: Obama’s New Cuba Policy ‘Will Be Remembered as a Tragic Mistake’” (英語). NationalJournal.com. http://www.nationaljournal.com/politics/2014/12/17/Ted-Cruz-Obamas-New-Cuba-Policy-Will-Be-Remembered-Tragic-Mistake 2015年12月24日閲覧。 
  98. ^ Robert Menendez (2014年12月17日). “Sen. Menendez: One-sided deal rewards Cuba regime” (英語). USA Today. http://www.usatoday.com/story/opinion/2014/12/17/cuba-repressive-regime-editorials-debates/20561245/ 2015年12月24日閲覧。 
  99. ^ David Weigel (2014年12月20日). “Rand Paul Battles Marco Rubio Over Cuba Policy” (英語). Bloomberg Politics. http://www.bloomberg.com/politics/articles/2014-12-19/rand-paul-battles-marco-rubio-over-cuba-policy 2015年12月24日閲覧。 
  100. ^ “ヒラリー氏、米大統領のキューバ国交正常化交渉を支持”. ロイター. (2014年12月18日). http://jp.reuters.com/article/idJPL3N0U21T620141218 2015年12月24日閲覧。 
  101. ^ “Hillary Clinton Backs Shift in US Policy Toward Cuba” (英語). Firstpost. Indo-Asian News Service/Agencia EFE. (2014年12月18日). http://www.firstpost.com/fwire/hillary-clinton-backs-shift-in-us-policy-toward-cuba-1856475.html 2015年12月24日閲覧。 
  102. ^ Sabrina Siddiqui (2015年7月31日). “Hillary Clinton calls for end to Cuba embargo in attack on 'outdated' policy” (英語). The Guardian. http://www.theguardian.com/us-news/2015/jul/31/hillary-clinton-cuba-embargo-outdated-policy 2015年12月24日閲覧。 
  103. ^ “Poland urges US to go further with Cuban thaw” (英語). Radio Poland. (2014年12月19日). http://www.thenews.pl/1/10/Artykul/191212,Poland-urges-US-to-go-further-with-Cuban-thaw 2015年12月24日閲覧。 
  104. ^ Comment by the Information and Press Department of the Ministry of Foreign Affairs on the easing in US-Cuba relations” (英語). Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation (2014年12月17日). 2015年12月24日閲覧。
  105. ^ “China Welcomes Move to Restore U.S.-Cuba Diplomatic Relations” (英語). China-US Focus. (2015年1月15日). http://www.chinausfocus.com/foreign-policy/china-welcomes-move-to-restore-u-s-cuba-diplomatic-relations/ 2015年12月24日閲覧。 
  106. ^ Zalman Ahnsaf (2014年12月25日). “Foreign Ministry Miffed Over U.S-Cuban Thaw” (英語). Hamodia. http://hamodia.com/2014/12/25/foreign-ministry-miffed-u-s-cuban-thaw/ 2015年12月24日閲覧。 
  107. ^ “米は経済封鎖解除を 対キューバ国連総会決議 賛成国 過去最高の191 米・イスラエルだけ反対”. しんぶん赤旗. (2015年10月29日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-29/2015102903_01_1.html 2015年12月24日閲覧。 
  108. ^ John Otis (2014年12月18日). “In Latin America, Not Everyone Is Thrilled With The U.S.-Cuba Thaw” (英語). National Public Radio. http://www.npr.org/sections/parallels/2014/12/18/371658842/in-latin-america-not-everyone-is-thrilled-with-the-u-s-cuba-thaw 2015年12月24日閲覧。 
  109. ^ “米国=キューバと国交回復へ=国交断絶から53年ぶり=南米諸国にも影響した対立=ジウマ大統領も喜びを表明”. ニッケイ新聞. (2014年12月19日). http://www.nikkeyshimbun.jp/2014/141219-21brasil.html 2015年12月31日閲覧。 
  110. ^ “Reacciones en el mundo por normalización de relaciones entre Cuba y EEUU” (スペイン語). Instituto Cubano por la Libertad de Expresión y Prensa. (2014年12月18日). http://iclep.org/reacciones-en-el-mundo-por-normalizacion-de-relaciones-entre-cuba-y-eeuu/ 2015年12月24日閲覧。 
  111. ^ “【米・キューバ国交回復】中南米諸国が歓迎 経済制裁解除も要求”. 産経新聞. (2015年7月21日). http://www.sankei.com/world/news/150721/wor1507210015-n1.html 2015年12月24日閲覧。 
  112. ^ “「もう1つの壁崩れる」、米・キューバ国交交渉をEUが歓迎”. ロイター. (2014年12月18日). http://jp.reuters.com/article/idJPL3N0U233P20141218 2015年12月24日閲覧。 
  113. ^ Jeffrey Goldberg (2014年12月21日). “Canada's Foreign Minister: U.S. Influence Will Make Cuba Better” (英語). The Atlantic. http://www.theatlantic.com/international/archive/2014/12/canadian-foreign-minister-american-influence-will-make-cuba-a-better-place/383969/ 2015年12月24日閲覧。 
  114. ^ Karey van Hall,Susan Heavey (2014年12月22日). “U.S. sees Cuban thaw boosting odds of returned fugitives” (英語). Reuters. http://www.reuters.com/article/us-cuba-usa-fugitives-idUSKBN0K01IK20141222 2015年12月24日閲覧。 
  115. ^ Mason Levinson,Eben Novy-Williams (2014年12月18日). “Cuban Thaw Seen Creating ‘Open Season’ on Signings for MLB Teams” (英語). Bloomberg L.P.. http://www.bloomberg.com/news/articles/2014-12-17/cuban-thaw-seen-creating-open-season-for-mlb-signing-players 2015年12月24日閲覧。 
  116. ^ Michael Allen,Kejal Vyas (2015年4月3日). “Real-Estate Revolution Hits Cuba” (英語). The Wall Street Journal. http://www.wsj.com/articles/real-estate-revolution-hits-cuba-1428055201 2015年12月24日閲覧。 
  117. ^ Kejal Vyas (2015年11月22日). “Cubans Say ‘Nyet’ to Russian, Hoping to Learn English” (英語). The Wall Street Journal. http://www.wsj.com/articles/cubans-say-nyet-to-russian-hoping-to-learn-english-1448044268 2015年12月24日閲覧。 
  118. ^ Joel Gillin (2015年4月14日). “The Cuban Thaw Is Obama's Finest Foreign Policy Achievement to Date” (英語). The New Republic. https://newrepublic.com/article/121522/cuba-obamas-biggest-foreign-policy-success 2015年12月24日閲覧。 
  119. ^ Thomas Pepinsky (2015年7月-9月). “The US-Cuban thaw: Lessons from Southeast Asia” (英語). Strategic Review. http://www.sr-indonesia.com/in_the_journal/view/the-us-cuban-thaw-lessons-from-southeast-asia?pg=all 2015年12月24日閲覧。 
  120. ^ “Broad recognition that Cuba should never have been listed as a state sponsor of terrorism” (英語). Granma. (2015年4月16日). http://en.granma.cu/mundo/2015-04-16/broad-recognition-that-cuba-should-never-have-been-listed-as-a-state-sponsor-of-terrorism 2015年12月24日閲覧。 
  121. ^ “Statement by the Ministry of Foreign Relations General Director for the United States, Josefina Vidal Ferreiro” (英語). Granma. (2015年4月14日). http://en.granma.cu/cuba/2015-04-15/statement-by-the-ministry-of-foreign-relations-general-director-for-the-united-states-josefina-vidal-ferreiro 2015年12月24日閲覧。 
  122. ^ “Most Support Stronger U.S. Ties With Cuba” (英語). Pew Research Center for the People and the Press. (2015年1月16日). p. 1. http://www.people-press.org/2015/01/16/most-support-stronger-u-s-ties-with-cuba/ 2016年4月8日閲覧。 

関連項目