ウルグ・ベク

ウルグ・ベク
میرزا محمد طارق بن شاہرخ الغ‌بیگ
Mīrzā Muhammad Tāraghay bin Shāhrukh Uluġ Beg
250px
ミハイル・ゲラシモフによる復顔胸像
在位 1447年 - 1449年

全名 ムハンマド・タラガイ
出生 1394年3月22日
死去 1449年10月27日
埋葬 グーリ・アミール廟
配偶者 別記
子女 別記
王家 バルラス
王朝 ティムール朝
父親 シャー・ルフ
母親 ガウハール・シャード・アーガー
テンプレートを表示

ウルグ・ベクペルシア語: میرزا محمد طارق بن شاہرخ الغ‌بیگ‎ Mīrzā Muhammad Tāraghay bin Shāhrukh Uluġ Beg、英語: Ulugh Beg漢籍:兀魯伯 1394年3月22日 - 1449年10月27日)は、ティムール朝の第4代君主。シャー・ルフの長男(在位: 1447年 - 1449年)。本名はムハンマド・タラガイMuhammad Tāraghay)であるが、祖父ティムールの称号である「大アミール」のテュルク語形「ウルグ・ベク」の名で呼ばれる[1]。16世紀初頭のホーンダミールの『伝記の伴侶』でもアミールザーダ・ウルグ・ベク اميرزاده الغ بيك Amīrzāda Uluġ Bayk、ミールザー・ウルグ・ベク ميرزا الغ بيك Mīrzā Uluġ Bayk と書かれており通常は「ウルグ・ベク」が用いられている。

生涯

1405年ホラーサーン地方の一部とマーザンダラーンの総督に任ぜられ[2]、ティムールの遠征にも従軍した。父の即位後はサマルカンドの総督としてアムダリヤ以北のトランスオクシアナシルダリヤ北部の西トルキスタンを領地とし、後見人であるシャー・マリクホラズム地方に転任した後はヘラートからの干渉をほとんど受けることなく、自由に統治を行った[3]

施政の方針として、イスラーム法(シャリーア)を遵守した父とは逆に、モンゴルの伝統を重視した統治を布いた[4]。チンギス家出身の女性と結婚していた縁戚関係から「キュレゲン(チンギス・カンの婿)」を名乗って傀儡のハンを立て、領民にモンゴル式の税を課した[5]。ただしティムールと異なり、硬貨にはハンではなくシャー・ルフの名を刻み、遠征にハンを伴わずサマルカンド内の邸宅に監禁していた[3]。当時のサマルカンドでは楽師と歌手を招いた酒宴が催され、自由な空気が流れており[6]、一方でモスク、マドラサ、モザイクで彩られた公衆浴場[2]などの公共施設を建設しており、ウラマーとも良好な関係にあった[7]。ある時、イスラームの宗教監視官(ムフタスィブ)にシャリーアに反する不道徳を改めるよう叱責されたがウルグ・ベクは意に介さず、また叱責したムフタスィブに害が与えられることもなかった[5]

外交においては、北方に興ったウズベク族、東方のモグーリスタン・ハン国に対して親征を行った[3]。しかしウズベクの討伐に失敗してアムダリヤ下流域とシルダリヤ中流域を失い、1427年にシャー・ルフの援軍と共同でスィグナク遠征を行うがバラク・ハンに敗れ、以降は、軍事遠征に消極的な方針を採るようになった[8]。明に対して外交の使節を送り、永楽13年(1415年)から永楽帝と贈答品のやり取りを行った記録が残る[9]正統4年(1439年)に明に贈った名馬は正統帝を喜ばせ、正統帝は馬に縁起のいい名前を付けて画家に姿を描かせて[9]、より良い返礼の品をウルグ・ベクに贈った[9]。ウルグ・ベク時代の建造物には中国の技術の影響が見られるものもあり[2]、その1つにチーニー・ハーネ(中国の楼閣)が挙げられる。

1447年に父シャー・ルフが死去すると跡を継ぐが、国内にはシャー・ルフの後継者を称する王族は彼以外にもいた。翌1448年に母ガウハル・シャードが擁するアラー・ウッダウラを破り、長子のアブドゥッラティーフにヘラートを占領させた。ヘラートからシャー・ルフの遺体をサマルカンドに持ち帰ってグーリ・アミール廟に埋葬し、行政の中心をサマルカンドに移行する意思を表明した[10]。しかし、サマルカンドへの帰還を不服とした[10]アブドゥッラティーフがバルフで反乱を起こし、1449年の秋にアブドゥッラティーフの軍はサマルカンドに迫った。次男のアブドゥル・アズィーズと共に戦うが敗れ、退却しようとするがサマルカンドの城門は閉ざされ、やむなく降伏した[2]メッカ巡礼を条件に助命を願うが、サマルカンドを発った後に追手に捕らえられ、近くの村落で斬首された。

ウズベキスタンが独立した後、生誕600周年を迎えた1994年はウルグ・ベクの年に指定され、国家行事が多く行われた。

学者として

サマルカンドのウルグ・ベク天文台内部

一般にウルグ・ベクは軍事と政治よりも学芸、特に天文学で実績を残した人物として考えられており[11]ソビエト連邦時代においても大学者としてウズベキスタン国民の尊敬を集めていた[1]。今日でも、ウズベキスタン大学uz:Oʻzbekiston_Milliy_Universitetien:National University of Uzbekistan)には彼の名が冠されている。

1417年サマルカンドの現在レギスタン広場がある場所でウルグ・ベク・マドラサの建設を開始し、1420年に2階建て[12]のマドラサを完成させた。マドラサは星をモチーフとした[12]タイルで飾られ、講堂ではウルグ・ベク自身も学生たちにクルアーンの講義をしていた[13]。講堂のほかに研究用の小部屋が50あり、小部屋は2人の学生に割り当てられた[12]。このマドラサの出身者として、円周率の計算で知られるジャムシード・ギヤースッディーン・アル・カーシー鷹匠から取り立てられ後にオスマン帝国の天文台長となったアリー・クシュチらがおり、彼らはウルグ・ベクの共同研究者として天体の観測に従事した。それ以外にも、ブハラギジュドゥボンに神学校を建設、1418年に建てられたブハラのマドラサは中央アジア最古のマドラサとして知られる[14]

1420年にはサマルカンド郊外に六分儀が設置されたウルグ・ベク天文台を建設した。1437年に完成させた[3]『ウルグ・ベク天文表』(『スルターンの新天文表』『キュレゲンの新天文表』の原題でも知られる)には、天文台で観測された1018の星の軌跡が記録されている[15]。そのうち約900は独自の観測に基づき、サマルカンドでの観測が困難である残りの星については、プトレマイオスの『アルマゲスト』の記録に修正を加えて記載した[16]。ウルグ・ベクは太陽の観測記録から1年を365日6時間10分8秒と割り出したが、この結果は現在のコンピューターで計算された恒星年(365日6時間9分9.6秒)と比べて1分程度しか異ならない[12]正確なものだった。『ウルグ・ベク天文表』はアラビア語トルコ語[17]に訳され、1655年にはロンドンラテン語の抄訳が出版され[18]、『スルタンのジージュ』と呼ばれてヨーロッパの天文学者にも使用された[2]。この一連の天文学上の成果をウルグ・ベク1人の功績とするのは語弊があり、アリー・クシュチ、カーディーザーデ・ルーミー、アル・カーシーら6-70人[1]の天文学者との共同作業の賜物とするのが適切である[3]。しかし、この天文台はアブドゥッラティーフによって破壊され[2]、現在はサマルカンドの郊外に遺構が残る。

詩文にも造詣が深く、ペルシア語チャガタイ・トルコ語で作詩を行った[1]。弟バイスングルと作詩の技法についてやり取りを交わした記録が残る[2]。現在は散佚して一部が残る歴史書『4ウルス史』の編纂者とも言われているが、この意見に対しては異論が多い[1]

記憶力

幼時からクルアーンをすべて暗誦でき、7通りの読誦法にも精通していた[2]。狩猟を好むウルグ・ベクは猟の旅に日時や場所を細かく記録させており、ティムール朝の歴史家ダウラト・シャーは、その記録に関する逸話を伝える[2]。狩猟の記録がたまって厚くなった頃に保管係が誤って帳簿を紛失してしまったが、ウルグ・ベクは怒ることなく書記を呼ばせた。彼は狩猟の記録をすべて口述して書き取らせ、新たな帳簿を作らせた。後に元の帳簿が見つかり、新しい帳簿と照らし合わせてみたところ、違いは数点だけであったという[2]

ギャラリー

宗室

ソビエト連邦時代に発行された切手

后妃

  • アカ・ビキ
  • スルタン・バディ・アル・ムルク
  • アキ・スルタン・ハニカ
  • フサン・ニガル・ハニカ
  • シュクル・ビィ・ハニカ
  • ミヒル・スルタン
  • ダウラト・バヒト・ハトゥン
  • ダウラト・スルタン・ハトゥン
  • バヒティ・ビィ・ハトゥン
  • サアダト・バヒト・ハトゥン
  • ウルタン・マリク
  • サルタヌム
  • ハタン・ハトゥン
  • ルカイヤ・ハトゥン・アルラト
  • 他に名前不詳の后妃が2名いた。

子女

息子
  • アブドゥッラティーフ
  • アブドゥル・アズィーズ
  • アブドゥル・サマド
  • アブドゥル・ジャッバール
  • アブドゥッラーフ
  • アブド・アッラフマーン
  • アブドゥル・マリク
  • アブドゥル・ザーク
  • ハビベ・スルタン・ハンザダ・ベギム
  • スルタン・バヒト
  • アク・バシュ
  • クトゥルグ・タルカン・アーガー
  • スルタン・バディ・アル・ムルク
  • タガイ・タルカン
  • ハンザダ・アーガー
  • アカ・ベギム
  • タガイ・シャー
  • ラビア・スルタン・ベギム…アブール=ハイル・ハーンの妻

脚注

  1. ^ a b c d e 堀川「ウルグ・ベク」『中央ユーラシアを知る事典』
  2. ^ a b c d e f g h i j 前嶋「ウルグ・ベグ」『世界伝記大事典 世界編』2巻
  3. ^ a b c d e 堀川「モンゴル帝国とティムール帝国」『中央ユーラシア史』、142頁
  4. ^ 堀川「モンゴル帝国とティムール帝国」『中央ユーラシア史』、142頁 F.ロビンソン『ムガル帝国歴代誌』、89頁
  5. ^ a b F.ロビンソン『ムガル帝国歴代誌』、89頁
  6. ^ 堀川「モンゴル帝国とティムール帝国」『中央ユーラシア史』、143頁 F.ロビンソン『ムガル帝国歴代誌』、89頁
  7. ^ 堀川「ウルグ・ベク」『中央ユーラシアを知る事典』 堀川「モンゴル帝国とティムール帝国」『中央ユーラシア史』、143頁
  8. ^ 堀川「モンゴル帝国とティムール帝国」『中央ユーラシア史』、142頁 S.G.クシャルトゥルヌイ、T.I.スミルノフ「カザフスタン中世史」『アイハヌム2003』、82頁
  9. ^ a b c 『明史』巻332、列伝220、西域4、撒馬児罕
  10. ^ a b F.ロビンソン『ムガル帝国歴代誌』、87頁
  11. ^ 前嶋「ウルグ・ベグ」『世界伝記大事典 世界編』2巻 堀川「モンゴル帝国とティムール帝国」『中央ユーラシア史』、142頁 F.ロビンソン『ムガル帝国歴代誌』、87-89頁
  12. ^ a b c d 関『ウズベキスタン シルクロードのオアシス』、112頁
  13. ^ 矢島『アラビア科学史序説』、89頁
  14. ^ 関治晃『ウズベキスタン シルクロードのオアシス』、73頁
  15. ^ 矢島『アラビア科学史序説』、93頁 関『ウズベキスタン シルクロードのオアシス』、112頁
  16. ^ 矢島『アラビア科学史序説』、93頁
  17. ^ 堀川徹「モンゴル帝国とティムール帝国」『中央ユーラシア史』、240頁
  18. ^ 堀川「モンゴル帝国とティムール帝国」『中央ユーラシア史』、142頁 F.ロビンソン『ムガル帝国歴代誌』、88頁

参考文献

関連項目

Template:Link FA