ウィリアム・ペティ (第2代シェルバーン伯)

初代ランズダウン侯爵
第2代シェルバーン伯爵
ウィリアム・ペティ
William Petty
1st Marquess of Lansdowne
2nd Earl of Shelburne
William Petty, 2nd Earl of Shelburne by Jean Laurent Mosnier.jpg
ジャン・ローラン・モニエフランス語版画のシェルバーン伯爵
生年月日 1737年5月2日
出生地  アイルランドダブリン
没年月日 (1805-05-07) 1805年5月7日(68歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスイングランドロンドンバークレー広場英語版
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 ホイッグ党
称号 初代ランズダウン侯爵、第2代シェルバーン伯爵ガーター勲章勲章士(KG)、枢密顧問官 (PC)
配偶者 ソフィア(1765年結婚)
ルイーザ(1771年結婚)
親族 初代シェルバーン伯爵(父)
第2代ランズダウン侯爵英語版(長男)
第3代ランズダウン侯爵(次男)
第5代ランズダウン侯爵(曾孫)

在任期間 1782年7月4日 - 1783年4月2日
国王 ジョージ3世

内閣 チャタム伯爵内閣
在任期間 1766年7月30日 - 1768年10月20日

内閣 第二次ロッキンガム侯爵内閣
在任期間 1782年3月27日 - 1782年7月10日

グレートブリテン王国の旗 庶民院議員
選挙区 ウィカム選挙区英語版
在任期間 1760年 - 1761年

グレートブリテン王国の旗 貴族院議員
在任期間 1761年 - 1805年
テンプレートを表示

初代ランズダウン侯爵、第2代シェルバーン伯爵ウイリアム・ペティ: William Petty, 1st Marquess of Lansdowne and 2nd Earl of Shelburne, KG, PC1737年5月2日 - 1805年5月7日)は、イギリスの政治家、貴族、軍人。

13世紀以来の歴史を持つアイルランド貴族フィッツモーリス家の分流の生まれ。1760年庶民院議員として政界入り。翌1761年には爵位継承で貴族院議員に転じる。ホイッグ党大ピット派の政治家として頭角を現し、大ピット内閣には南部担当国務大臣(在職:1766年-1768年)として入閣した。1778年に大ピットが死去するとその派閥を引き継ぐ。1782年に国王ジョージ3世からの要請でアメリカ独立に前向きなロッキンガム侯爵への楔として彼の内閣に内務大臣(在職1782年3月-7月)として入閣。ロッキンガムの死後には代わって首相(在職1782年-1783年)に任じられた。しかしアメリカ独立を認める仮条約締結を余儀なくされた。仮条約批准をめぐって庶民院の採決に敗れ、1783年2月に総辞職し、以降官職に就くことはなかった。

父がシェルバーン伯爵に叙された1751年から自身が爵位を継承する1761年までフィッツモーリス子爵の儀礼称号を使用した。1761年にはシェルバーン伯爵位を継承し、1784年にはランズダウン侯爵に叙せられた[1]。首相在任時の爵位はシェルバーン伯爵だった。

経歴

出自と生い立ち

1737年5月2日、後に初代シェルバーン伯爵に叙されるジョン・フィッツモーリス(後にペティと改姓)とその妻メアリーの長男としてアイルランド王国首都ダブリンに生まれる[1]

父も母も13世紀以来ケリー男爵の爵位を継承し続けるアイルランド貴族フィッツモーリス家の出身である。父ジョンは初代ケリー伯(第21代ケリー男爵)トマス・フィッツモーリスの次男である[2][3]。母メアリーは初代ケリー伯の弟ウィリアムの娘だった(従兄妹の結婚)[4]

次男であるためケリー伯爵位やケリー男爵位を継承することが予定されてなかった父は1751年に母方の姓ペティに改姓し、1753年にはペティ家に由来する爵位であるアイルランド貴族シェルバーン伯爵に叙せられた[5][3]

オックスフォード大学クライスト・チャーチで学んだ[1]

陸軍軍人として

1757年イギリス陸軍に入隊。1759年には7年戦争ミンデンの戦いに従軍した。1760年に大佐に昇進[1]。1760年から1763年にかけてはイギリス国王の副官英語版を務める[1][6]。1760年にクロスター・カンペンの戦いに従軍。1765年には少将、1772年には中将、1783年には大将に昇進した[1]

政界入り

政界においては1760年ウィカム選挙区英語版から庶民院議員に当選。1761年5月にシェルバーン伯爵位をはじめとする父の爵位を継承し、貴族院へ移籍した。ホイッグ党に所属し、大ピット(チャタム伯爵)に近しい立場をとっていたため、1766年7月に大ピット内閣が成立すると南部担当国務大臣として入閣した[1][7]。大ピットやシェルバーン伯はアメリカ植民地の独立を防ぐため、植民地に対して温和な見解を有したが、対植民地強硬派の閣僚が増えてくると、大ピットとシェルバーン伯爵は孤立し、1768年10月に二人揃って辞職することになった[8]

1778年5月に大ピットが死ぬとその派閥を継承し、アメリカ独立を承認することに強硬に反対した[9]

ロッキンガム侯内閣の閣僚

1782年3月にアメリカ独立戦争の敗北の影響で議会の信任を失ったノース卿内閣が総辞職した。アメリカ独立に前向きな第2代ロッキンガム侯爵チャールズ・ワトソン=ウェントワースを後任の首相とすべき政治状況となったが、アメリカ独立承認を頑なに拒んできた国王ジョージ3世は、新内閣がアメリカ独立承認に前のめりになることを恐れ、シェルバーン伯の入閣をロッキンガム侯に認めさせた。その結果、シェルバーン伯は内務大臣として同内閣に入閣することになった[10]

国王の庇護を受けるシェルバーン伯には大きな権限が与えられていた。内閣のすべての政策立案に参加できるうえ、首相たるロッキンガム侯と対等な割合でパトロネージを行使することが認められていた。しかしこれにより内閣成立後、すぐに首相ロッキンガム侯との対立した。ロッキンガム侯はいかなる政策も首相たる自分を通して行われるべきと主張したが、シェルバーン伯は「いかなる政務もまず最初に陛下の命令に服する各省庁において決定され、ついで陛下の指示に服する内閣の検討に委ねられるべき」と抗弁し、各大臣の個別的責任制を主張した。国王はもちろんシェルバーン伯の意見に与していた[11]

閣僚の顔ぶれもシェルバーン派の議員の初代カムデン伯爵英語版チャールズ・プラット英語版と初代アシュバートン男爵ジョン・ダニングが入閣していた他、「キングスフレンド」(親国王派)の閣僚が多く、そのため首相ロッキンガム侯よりシェルバン伯を支持する者が多かった[12]

このような立場から彼は閣僚でありながらきわめて独立的であり、政府提出法案に反対することもあった[13]。旧植民地アメリカとの交渉は国王の後押しでシェルバーン伯が担当することになったが、シェルバーン伯はアメリカ独立戦争敗北が必至になった今でもアメリカの完全独立には消極的であり、アメリカ独立を無条件に支持する外務大臣チャールズ・ジェームズ・フォックスと対立を深めた[14]

首相として

1782年7月1日に首相ロッキンガム侯爵が死去すると国王の独断でシェルバーン卿に組閣の大命が下った[14]

フォックス派は議会の多数派を得ている党派から首相を出すべきと考えていたのでこれに反発して下野した(対してシェルバーン卿は首相の人選は国王の大権と考えていた)[14][15]

引き続きアメリカとの交渉にあたり、何らかの形で両国間に紐帯を残そうと尽力したが、アメリカは完全独立を要求し続けた。イギリス軍の戦況が劣勢な以上シェルバーン伯が折れるしかなく、最終的にはアメリカ完全独立を認めることとなった[14][16]

独立承認が不可避となるとシェルバーン伯は自由貿易主義者として英米の通商貿易強化を志向した。この通商関係の中心をロンドンに置くことでアメリカを実質的にイギリス国王の支配下に置こうという目論みもあった[17]。アメリカの領土要求も呑み、ミシシッピー川以東の領土をアメリカに割譲することを認めた[14]。アメリカの領土要求を満たすことが両国のパートナーシップの確立につながり、またアメリカが領土拡大すれば英米通商でのイギリス工業家の利益は増すという考えからだった[14][17]。1782年11月にそれらを主旨とする仮条約が英米間で締結された[14]

しかしいまだ自由貿易は議会から広く支持される思想ではなかった[18]1783年2月中旬には野党のフォックス派とノース卿派が連合を組み、シェルバーン卿が締結した仮条約について「アメリカに譲歩し過ぎている」という批判を展開するようになった。そして1783年2月17日と21日の庶民院の採決において講和条約非難決議が207対190で可決され、政府は敗れた。これを受けてシェルバーン伯は2月24日に総辞職を余儀なくされた[19][18]

シェルバーン伯辞職後も国王はしばらくフォックスら政党政治論者を拒否しつづけたが、結局1か月後の4月2日にはフォックスが主導する第3代ポートランド公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク内閣を成立させることを余儀なくされた[20]

首相退任後

1784年12月にランズダウン侯爵位を与えられたが、官職に付くことはもはやなかった[19]

1805年5月7日ロンドンバークレー広場英語版で死去した[1]

人物

ジョシュア・レノルズ画のシェルバーン卿

政党政治から超然としており、また誤解されやすい性格だったため、政治家としては不人気だった[21]

しかし思想家ジェレミ・ベンサムや科学者ジョゼフ・プリーストリーらの庇護者であったため[22]、概して啓発的な意見の持ち主だった[19]。例えば、カトリックの解放、議会改革や経済改革を提唱している。とくに小ピットの財政政策には、シェルバーン伯の影響が見られる。アダム・スミスジョサイア・タッカー英語版の門弟を自負する自由貿易主義者であった[16]

文学や絵画・彫刻などに理解があり、晩年には芸術の保護に力を入れた。

栄典

爵位

1761年5月14日の父の死により以下の爵位を継承[1][6]

1753年6月6日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • 第2代フィッツモーリス子爵 (2nd Viscount FitzMaurice)
1751年10月7日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • 第2代ダンケロン男爵 (2nd Baron Dunkerron)
(1751年10月7日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • バッキンガム州におけるチッピング・ウィコムの第2代ウィコム男爵 (2nd Baron Wycombe, of Chipping Wycombe in the County of Buckingham)
1760年5月20日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)

1784年12月6日に以下の爵位に新規に叙された[1][6]

(勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • バッキンガム州におけるチッピング・ウィコムの初代ウィコム伯爵 (1st Earl Wycombe, of Chipping Wycombe)
(勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 初代キャルネ=キャルストン子爵 (1st Viscount Calne and Calston)
(勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)

勲章

その他名誉職

家族

1765年ソフィア・カートレット(第2代グランヴィル伯爵ジョン・カートレットの娘)と結婚し、彼女との間に以下の1子を儲けた[1]

1771年に先妻ソフィアと死別し、1779年ルイーザ・フィッツパトリック(初代アッパー・オッソーリ伯爵英語版ジョン・フィッツパトリックの娘)と再婚した。彼女との間に以下の2子がある[1]

  • 第2子(次男)ヘンリー・ペティ=フィッツモーリス(1780年 - 1863年) - 政治家。第3代ランズダウン侯爵位を継承。本家から第4代ケリー伯爵・第24代ケリー男爵位も継承。
  • 第3子(長女)ルイーザ・フィッツモーリス(? - 1789年)


脚注

[ヘルプ]

注釈

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Lundy, Darryl. “General William Petty, 1st Marquess of Lansdowne” (英語). thepeerage.com. 2016年1月23日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Thomas FitzMaurice, 1st Earl of Kerry” (英語). thepeerage.com. 2016年1月23日閲覧。
  3. ^ a b Heraldic Media Limited. “Shelburne, Earl of (I, 1753)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月21日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “Mary FitzMaurice” (英語). thepeerage.com. 2016年1月23日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “John Petty, 1st Earl of Shelburne” (英語). thepeerage.com. 2016年1月23日閲覧。
  6. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Lansdowne, Marquess of (GB, 1784)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月23日閲覧。
  7. ^ 今井宏 1990, p. 332.
  8. ^ 今井宏(編) 1990, p. 335.
  9. ^ 今井宏(編) 1990, p. 348.
  10. ^ 今井宏(編) 1990, p. 354.
  11. ^ 小松春雄 1983, p. 287.
  12. ^ 小松春雄 1983, p. 283-284.
  13. ^ 小松春雄 1983, p. 288.
  14. ^ a b c d e f g 今井宏(編) 1990, p. 356.
  15. ^ 小松春雄 1983, p. 291-292.
  16. ^ a b 小松春雄 1983, p. 304.
  17. ^ a b 小松春雄 1983, p. 304-305.
  18. ^ a b 小松春雄 1983, p. 305.
  19. ^ a b c 今井宏(編) 1990, p. 357.
  20. ^ 小松春雄 1983, p. 306.
  21. ^ 今井宏(編) 1990, p. 356-357.
  22. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 682.

参考文献

  • 今井宏(編)『イギリス史〈2〉近世』山川出版社〈世界歴史大系〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4634460201
  • 小松春雄『イギリス政党史研究 エドマンド・バークの政党論を中心に』中央大学出版部、1983年(昭和58年)。ASIN B000J7DG3M
  • 松村赳富田虎男『英米史辞典』研究社、2000年(平成12年)。ISBN 978-4767430478

外部リンク

グレートブリテン議会英語版グレートブリテン王国
先代:
初代シェルバーン伯爵
エドムンド・ウォラー英語版
ウィカム選挙区英語版選出庶民院議員
1760年 - 1761年
同一選挙区同時当選者
エドムンド・ウォラー英語版(1760–1761)
ロバート・ウォラー英語版(1761)
次代:
ロバート・ウォラー英語版
イザック・バレー英語版
アイルランド議会アイルランド王国
先代:
ジョン・ブレナーハセット英語版
ランスロット・クロスビー英語版
ケリー選挙区英語版選出庶民院議員
1761年 - 1762年
同一選挙区同時当選者
ジョン・ブレナーハセット英語版
次代:
ジョン・ブレナーハセット英語版
ジョン・ブレナーハセット英語版
公職
先代:
チャールズ・タウンゼンド
グレートブリテン王国の旗 第一商務卿
1763年
次代:
初代ヒルズバラ伯爵
先代:
第3代リッチモンド公爵
グレートブリテン王国の旗 南部担当国務大臣
1766年 - 1768年
次代:
第3代ウェーマス子爵英語版
先代:
初代ヒルズバラ伯爵
(前身の南部担当大臣
グレートブリテン王国の旗 内務大臣
1782年
次代:
トマス・タウンゼンド英語版
先代:
第2代ロッキンガム侯爵
グレートブリテン王国の旗 首相
1782年7月4日 - 1783年4月2日
次代:
第3代ポートランド公爵
グレートブリテン王国の旗 貴族院院内総務
1782年 - 1783年
グレートブリテンの爵位
先代:
新設
Marquess of Lansdowne.svg 初代ランズダウン侯爵
1784年 - 1805年
次代:
ジョン・ペティ英語版
アイルランドの爵位
先代:
ジョン・ペティ
Marquess of Lansdowne.svg 第2代シェルバーン伯爵
1761年 - 1805年
次代:
ジョン・ペティ英語版