アルブレヒト・フォン・ローン

ローン伯アルブレヒト

アルブレヒト・テオドール・エミール・フォン・ローン伯爵(Albrecht Theodor Emil Graf von Roon、1803年4月30日 - 1879年2月23日)は、プロイセン王国将軍

経歴

ポンメルンの都市コルベルク(Kolberg)(現在のポーランド領コウォブジェク(Kołobrzeg))近郊のプロイスハーゲン(Pleushagen)生まれ。 1821年、軍籍に身を投じ、1859~73年プロイセンの陸相となり、61~71年には海相を兼ねた。国民の反対を押し切って、モルトケらと共に軍制改革を行い、これが普墺戦争1866年)、普仏戦争1870年 - 1871年)における勝利の主因となった。1871年伯爵1873年元帥となり、さらに一時プロイセン首相となった。保守的な国家主義者であったが、ビスマルクモルトケとともにドイツ帝国建設の三傑といわれる。

関連項目