アラー・ウッディーン・ハルジー

アラーウッディーン・ハルジーعلاء الدين خلجی ‘Alā’al-Dīn Khaljī, 1266年? - 1316年)は、ハルジー朝の第3代スルターン(在位:1296年 - 1316年)。

生涯

デリー・スルタン朝に加わったテュルク系部族集団ハルジーの出身で、奴隷王朝を滅ぼしてハルジー朝を開いたジャラールッディーン・ハルジーの甥にあたり、娘婿でもあった。1296年デカン高原遠征を率いて大勝を収め、ハルジー朝における自身の実力を確固たるものとした。そして同年、伯父のジャラールッディーンを軍隊の支持のもとに暗殺し、その息子をしばらく擁立した後にそれも廃して、自らスルターンとして即位した。

1297年北インドに侵攻したチャガタイ・ハン国の軍をデリー付近で撃退する。1299年から1303年ラージプート遠征ではパラマーラ朝チャンデーラ朝など北インドの有力な諸王朝を滅ぼすとともに、マリク・カーフールに軍を預けて積極的な南インド遠征を行なった。1307年ヤーダヴァ朝に壊滅的な打撃を与え、王のラーマチャンドラを捕らえてデリーへ連行し、1310年には、カーカティヤ朝の首都・ワランガルを陥落させ、はるか南方のホイサラ朝を攻略し、バッラーラ3世をデリーまで連行している。このようにインド亜大陸南端近くまで征服し、南インドのヒンドゥー系王朝を属国化した。また、現在のアフガニスタンの山岳地帯に駐留してインドへの侵入を繰り返すモンゴル軍を撃退して譲らず、事実上のインド統一を実現した。

内政面においては、スパイ網と密告制度によるテュルク系の貴族の統制、地方の農村で中間支配層となるヒンドゥー教徒の領主・地主層の抑圧を行ってスルターン権力を強化し、厳しい物価統制や検地の実施による税収の安定強化をはかり、強大な直属軍をつくって反乱を防ぐなど、強権的な政策をとった。また、南インド遠征の成功により、北インドには莫大な戦利品がもたらされたので、ハルジー朝は文化的・経済的にも大きく繁栄し、版図的にもデリー・スルタン朝の最盛期を実現した。

晩年のアラーウッディーンは奢侈に走るようになり、強権を背景に自身の姿を移した貨幣を鋳造したり、イスラムからの逸脱をあらわにするなど失政を繰り返して、貴族たちの不満を鬱積させていった。

1316年にアラーウッディーンは51歳で死去する。一説に、家臣による暗殺ともいわれる。末子のシハーブ・ウッディーン・ウマル・シャーが宦官のマリクによって後継者として擁立された。

アラーウッディーンの死後、宦官や貴族たちの間での内紛がたちまち起こり、その死からわずか4年後の1320年にハルジー朝は滅亡した。

エピソード

  • 自らを「第2のアレクサンドロス大王」と自称した。
  • イスラム教徒であったが、マリク・カーフールなどのヒンドゥー改宗者など有能な人材を多数登用した点では名君として評価が高い。ただしこれはアラーウッディーンという強力な指導者がいたからこそ彼らを抑制できたのであり、その死後はマリクが暴走するなどして王朝の滅亡を早める一因を成した。
  • 当時、多くの諸侯が乱立していた南北インドを統一し、モンゴル軍の侵攻を5度にもわたって撃退した軍事の天才であった。
  • 伯父であり養父でもあるジャラール・ウッディーン・フィールーズ・シャーを殺したり、モンゴル兵の捕虜を虐殺したり、甥に謀反の嫌疑ありとしてその両目を潰して殺すなど、強力な圧制のために数々の残虐行為を行なっている。

参考文献

  • 「アジア歴史事典」(平凡社)
  • 「中世インドの歴史」(山川出版社)
先代:
ルクン・ウッディーン・イブラーヒーム・シャー
ハルジー朝の君主
1296年 - 1316年
次代:
シハーブ・ウッディーン・ウマル・シャー