たんぽぽ (小説)

[『たんぽぽ』は、川端康成が自殺の直前に途中まで書いた未完作品。1972年新潮社から出版された。